« ランキングサイトに参加。その作戦って? | トップページ | 大爆笑?!のツボ? »

怒濤の3月、そしてとんでいった保育料〜かーちゃん的保育園の探し方:10

前回までのいきさつ→

…とにかく、落ち込んでいても仕方がない。
4月から子供の行き先がない。
双方のおばあちゃん達が「預かってあげるわよ」といってくれたが、同い年の周りの子供はみな幼稚園へ行くんです。
「子供の居場所」をつくってあげなければ。

まず、今通っている保育室が運営している幼稚園に、公立の保育園の入所が決まるまで預かってもらえないだろうかと相談しました。
しかし、そういう例外を作るのは他の園児やお母さん達に迷惑がかかるので…という理由で断られました。(預かるならば、1年間は面倒を見させてほしい、といわれました)
これには納得。そうよね。
今までさんざんいろいろ都合を聞いて頂いていたけど、他のお母さん達の立場から考えると、そうも都合良くは行かないでしょう。

公立の保育園にはすぐに入れる!と確信していた私は、そこをきっぱりあきらめ、3度目のタウンページを開くことになりました。

会社の近くに家の近く。
本当に片っ端から家庭保育室をリストアップ、片っ端から電話をかけて、場所・保育料・昼食・電話の応対などなどをチェック。もうこのへんは慣れたもんです。

まず驚いたのは、1歳の頃に問い合わせた保育室の大半がなくなっていたこと。預けたい人はたくさんいても、経営は大変、ということでしょうか。

行政よ、どうなっているんだ?この矛盾は。

条件の折り合うところを2、3つに絞り込んで、携帯で連絡をとっては、仕事帰りに見学に。
もちろん子供の様子や、保育者の様子もみて、こんな自分の事情を理解して下さるところを、ほんとに、ぎりぎり3月の終わりに決めました。
確か私はその時、喉は腫れ、熱を出しながらの見学でしたよっ(怒)

入園料に、保育料、さらに次月の保育料は前払い。
なんだかんだで10万近くは出て行ったでしょうか…(涙)


------------------------------------------

ジャンバラヤさんの02:保育園・幼稚園と、育児中・・・(仮)さんの幼稚園・保育園・学校選びにトラックバックをしています。

------------------------------------------

(KHS)


|

« ランキングサイトに参加。その作戦って? | トップページ | 大爆笑?!のツボ? »

「かーちゃん的保育園の探し方」カテゴリの記事

コメント

ふむふむ~。
またもうなづきつつ、読んでいます。

>預けたい人はたくさんいても、経営は大変、ということでしょうか

なるほどね。
子どもの数自体は、減ってきているわけですものね。
そうしてますます少子化の悪循環・・・。
なんとかしてー!って叫びたくなりますわ。

投稿: まだむ | 2004/10/01 12:09

こんなに待機児童がいることと、
少子化の波。

なんだか矛盾してますよねー。

認可に全員が入れるか、それが無理なら
無認可の充実&柔軟性を望む。まる。

投稿: でりさ | 2004/10/01 15:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39554/1560757

この記事へのトラックバック一覧です: 怒濤の3月、そしてとんでいった保育料〜かーちゃん的保育園の探し方:10:

« ランキングサイトに参加。その作戦って? | トップページ | 大爆笑?!のツボ? »