« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

ブログパワーおそるべし。「中越元気村」

それは今朝の事。
いつもよりのんびり起きて、ぼーっとなんとなくいつものようにアクセス解析を覗く。

おおおっ! なんだこれは…!!!

7:00〜8:00のアクセス数が60を超えている。

びっくりして目が覚めた(@o@ /

だって、このブログ、キョービの一日の平均アクセスがそんなもんだしい。
最近、まったり更新で、すっかりアクセス数減ってるしい(悲)

何ごとかっ

…と思って解析解析。ふむふむ。

「中越元気村」

このキーワードで検索してみなさんいらっしゃっている。
きっとマスコミにでも取り上げられたんだな。
(やはりNHKの朝のテレビで取り上げられたようですね。)

試しにやふーで検索してみる。となんと。
ページ検索でココがヒットするではないか!!

エントリしたのが5日前。ブログの世界だとかなり遅い。このタイムラグは大きい。しかし、「血液型別ダイエット」のキーワードに比べても、検索エンジンのロボットがクロールするのが確実に早くなっている。
本来なら普通に検索エンジンにサイトを登録すると最低1ヶ月はかかるのに。

サイト運営する者なら憧れ、常に頭を悩ます「検索エンジン上位表示」!!
「SEO」といいますね。キーワードをMETAタグに組み込んだり、タグにH1を有効に使ったり、文章やタイトルに工夫したり、それはそれは涙ぐましい努力を沢山して、上位表示を目指す。
それが、ブログだとこんなに簡単に意図せずして実現してしまうなんて…!
すごい。

「中越元気村」の情報を多くの人が今、求めている。
検索してもそれに応えられるサイトがなかなかヒットしない。
(うちあたりが上位でヒットする位ですから)
速報性、即時性と言う点ではポータルサイトとよばれるYahoo!やGoogleでもカバーしきれない。

その点、ブログはというとすぐに更新情報を通知、興味のある人ならほぼタイムラグなしに情報を得る事ができる。そしてトラバなどのネットワークの強力さもはかり知れない。

デザインこそ不自由な点はあるものの、今後、普通のホームページをブログが駆逐していくのではないだろうか、とあらためて思った。

だって、作ってらんないよ。普通のサイト。サイト構成考えるのだってすんごい時間かかるんだよ。それをブログは勝手にカテゴリわけとか年月別とかにわけてくれるし…。
  
***

「中越元気村」関連のキーワードでいらっしゃった方へ

・サイトがオープンしたようです。
→中越元気村

・こちらを御覧になった方が有用かもしれません。
→新潟震災ボランティア日記*あなたにもできるネット支援

・また、最初の転載をしたメルマガの発行人のサイトは
→OPEN JAPAN - オープンジャパン
です。他にも国際的に平和活動を行なっているようです。メールマガジンの登録とそのバックナンバーを見る事ができます。

***

今わたしに出来る事はこんな事しかありませんが、もしどなたかのお役に立てれば幸いです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

働きたいなーと思っているお母さん達へ〜かーちゃん的仕事の探し方!

序〜はじめに

「かーちゃん的保育園の探し方」もそろそろ終わりに近付いているので、仕事の探し方の話を徐々にして行こうと思います。

→こちらで一気に!「かーちゃん的保育園の探し方」

子育てをしているけれど、そろそろ仕事をしたい…
仕事が先なのか?預け先が先なのか??
なんて、子育てまっしぐらだったところからスタートすると、わかんないことだらけ…

どうやって仕事を探したらいいの?
どんな仕事を探せばいいの??
ここでは、仕事について、私の主観と経験を書いてみたいと思います。

注:あくまでも私個人の主観と経験したことのみです。これが「正しい」わけでもなんでもありませんので、ご参考までに軽く読み流して下さい。
これを読んで仕事が見つからなかった場合でも当方は一切責任を負いません。あしからず。m(_ _)m

********

1.どんな仕事をしたいのか見つめ直す

上記にも書いた通り、預け先と働き先、非常に密接に関連しています。
どっちかがはっきりきまらないと、もう一方も決まらず、おろおろするばかりです。この時期(10月末)ですと、もう保育園か幼稚園かはおおよそ決断されているのではないでしょうか。

仕事はこれから探す、という方は下記のような自分の条件をはっきりさせましょう。そして優先順位を決めましょう。これ、じっくり考えるべし。
自分はどうして働くことを選ぶのか、も、もう一度思い出してみるといいですよ。

●勤務時間/日数---どれくらい働ける?働きたい?月幾ら稼ぎたい?
  預け先のお迎え時間や家族の協力等もよーくよーく考慮して!

●勤務場所---自宅〜徒歩/自転車/車/電車で○分以内
→お迎え時間が決まっているので、通勤時間が長いと当然その分勤務時間が減ります。

●職種や業種--事務系/販売系/テレアポ・不動産/保険/飲食/ファッションなど

●時給・日給・月給---せ、せめて●●●円は…欲しい!

●自分のスキルを生かせる仕事は?---パソコンOK/資格あり/笑顔が自慢/体力自信ありなど

私の場合の優先順位&条件は、

1.勤務時間---保育園のお迎えが可能な勤務時間と通勤時間
▲これ必須。おばあちゃんがお迎えに協力してくれるとはいうけれど、頼りにしていては…

2.日数---土日祝休み
(販売やサービス職は土日祝休みだと選択肢が減ります)で、
週3、4、(5)日程度
(ちなみに週3ではうちの自治体の場合認可保育園には入れません。)

3.時給---あんまり安いのは、嫌なんだけど…(本音)

4.職種---できればインターネットに関わる仕事-入力-事務系-販売系 の順で所望ス。

5.自分のスキル---ちょっとホームページ作れる、経理、販売(店長)経験あり
ブラインドタッチは、一応。Mac使いなのでExcelは表計算程度のスキルのみ。

んな感じ。

それ以外の大前提として

「子供がいる事を了承の上、採用してくれる所」

デシタっ!!

リクナビ派遣

| | コメント (2) | トラックバック (0)

できることから

と、いうことで、
今日は仕事が早めにおわったので、
郵便局に行ってきました。

「義援金送りたいのですが」

局員の方が送り先のリストを見せて下さいました。

…20以上もあるじゃあないか。

何処へ送ったらいいのだろう。
しばし悩んでしまいました。

大きい団体のがいいんだろうか?
こん中でも一番困ってるのはどこ?
一番有効に使ってくれるのはどこ?…なんて。

後で考えると、えらそーでした、私。反省。
(でも悪用する人もでてるみたいだし…慎重になっているのも事実です。郵便局のリストの中にはそんなのはないでしょうけど)

→義援金詐欺メールにご注意を!

わからないなりに一つを選ぶと、局員の方が番号を記入して下さいました。手数料はゼロ。簡単でした。

それから、子供との地震の話題のきっかけにも、と
ドラえもん募金に電話をしてみました。

テレビ朝日ドラえもん募金 「新潟県中越地震被災者支援」
募金電話番号: 0990-53-5000
携帯電話では繋がらないそうです。

たくさんの方や団体がブログやネットで関連の情報を発信しています。
わたしなぞはみなさんのブログを渡り歩いて情報を頂いている、という現状です。
すごいパワーだと思いました。

被災地::音楽でエコノミー症候群をヤッツケル-新潟復興ボランティアを支援するBLOG

ブログパワーで出来る事って沢山ありますね!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

踏んばりの4月、まだまだドタバタは続く…〜かーちゃん的保育園の探し方:11(こうさぎ)

nikonikoがここへnikkoriとここへ解散したかったの♪
きょうは、閉しないです。


*このエントリは、こうさぎの「nikoniko」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

転載:Help people in Niigata!

※追記2004.10.31〜キーワード検索で来られた方へ〜

中越元気村のサイトができたそうです。

→中越元気村

詳細はこちらでご確認下さい。


Yokoさんのblogに掲載されておりました。
転載大歓迎ということなので、トラバではなく、転載という形で掲載させて頂きました。
改行等、見苦しい点、お許しください。

また、地震関連のエントリをされている方にトラバをさせて頂きました。
どうぞよろしくお願い致します。

追記:フッタ部分等に記載されていたURLなどが“<>”で囲まれていたため表示できていないようでしたので、表示するようにしました。

ここから*****

新潟の大地震で被災されたみなさんへ支援の手を差し伸べる活動が始まりました。
以下は、阪神淡路大震災で大活躍した「神戸元気村」に端を発するグループのメールマガジンの転載です。ご協力をよろしくお願いいたします。
***********************************************************************
★グローバル・ピース・キャンペーン★
OPEN-J BOOMERANG 468【テントが宝ものなんだ】
***********************************************************************
■転送・転載・大歓迎■
■山田和尚■
今回の新潟中越地震の件について、【楽市楽座】をやってくれた加藤くんと連絡がつき、全国各地からテントを送ってもらおうと言うことになりました。神戸の震災の時もそうだったのですが、被災地ではいくら寒くっても余震の怯えから建物の中で寝るということがなかなか出来ない現状にあります。そこで友人、知人と相談して出来るだけ多くのキャンプ用テントを送っていただけないでしょうか。
今日現在で不足している物に関しては、ご安心ください。一両日中に各方面から支援が届きはじめることになるでしょう。その時点でも不足するのがテントです。テントを送っていただく時に、一度組み立ててみるようにしてください。不足しているポールがあるかもしれないからです。それとご自分で応援の手紙も添えて頂くようにお願いします。この手紙こそ心の支えとなり、冷え切った心の湯たんぽになるからです。そうそう、手紙の中に「身近にあるペットボトルにお湯を入れて、衣類を巻いて湯たんぽ代わりにしてください」という一文も忘れずに。
今夜、日テレ系で放送する『たったひとつのたからもの』を是非観てください。秋雪くん役の翼くんもがんばってくれています。みんなで励ましあって『生きる』という宝ものを大切にしていきましょう。
 ・・・雪の旭川から(北海道の残りの上映会があと6回)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
◆加藤寛明◆
全国の皆様、7月の三条市の豪雨災害の時の楽市楽座へのご協力、大変ありがとうございました。皆様からいただいた気持ちを、被災した方々に届けることができたと思っています。しかし、まだ豪雨災害の後片付けも終わっていないところもまだあり、余韻が消えないうちに今回のように新潟県中越地震がおきてしまいました。
私は、地震発生当時、大和町という一番被害の大きかった小千谷市から車で南へ1時間、十日町市から山を挟んだ東側にいました。上越新幹線では、「浦佐」という駅のあるところです。そこには国際大学という、世界中からの学生の集まっている大学院があり、私は寮に住んでいる友達を訪ねていました。
6時少し前に、出かけるために鉄筋5階立ての寮の1階に下りてきたところで、激しい揺れを感じ、走って外の駐車場へでました。停電で真っ暗になり、揺れは長い間続きました。40〜50秒だったということです。
月と星が明るい夜で、すぐに寮や学校の校舎から、学生たちが走ってでてくるのがわかりました。その後、立て続けに2〜3回の激しい揺れがあり、寮も停電していたため、中に入ることは非常に危険だったため、学生たちはテニスコートの脇の芝生に自然と集まりました。
私の住んでいる三条と違い、新潟県の南側は非常に寒く、今にでも雪が降りそうな寒さで、凍えるほどでした。学生たちは木を集めて火を燃やし、歌を歌って寒さをしのぎ、電話や車のラジオで安否の確認や情報収集をしました。そして、震源がとても近く、まだまだ大きな余震が続くことがわかりました。
週末だったので、学校の職員はいなかったのですが、4時間後の夜10時過ぎに、体育館に発電機が持ち込まれ、ランプをつけ、そこを避難所としました。懐中電灯を持っている者を中心に、寮のフロアごとにグループをつくり、毛布や上着などをとりにいきました。そのときには月も沈んでいて、寮の非常用のライトも消えて完全な暗闇で、激しい余震も断続的に襲っていたため、5階建ての鉄筋の建物に入るのはとても怖いものでした。体育館では柔道用の畳や体操用のマットを敷き、みんなで身を寄せ合って寝まし
たが、寒さと頻繁に襲ってくる余震のため、みんなほとんど眠れないようでした。
翌日も、トンネルの陥落や土砂崩れ、道路の陥没のため、私は三条に帰ることができずに、大学に滞在していました。電気は回復して、寮の部屋にも戻りましたが、余震が続いているため、いつでも出れる準備をし、食事をしていても、話をしていても扉を開ける音や、足音、イスを引く音などが聞こえるだけで、ハッとするほどおびえていました。その日も体育館で寝て、朝に震度5くらいの大きな余震があったときは、寝ていたにも関わらず、ほとんどの人が飛び起きて外に逃げました。
私は今日、新潟の南側を経由して三条にかえってきましたが、学生たちは、食べ物もコンビニにほとんど何も売っていないため、学校から支給されるパンやインスタントラーメンを食べ、体育館に布団や教科書、パソコンを持ち込み、勉強しています。
大和町にいたときは、情報がなかったため、自分の周りのことしかわかりませんでしたが、三条へ帰ってきてテレビを見ると、小千谷などの震源地付近や山村では、かなりの家が崩壊し、入りきらないくらいの人たちが避難所で生活をしていることがわかりました。
そして、避難所に入りきらない人、入りたくない人、余震の恐怖で建物に入れない人など多くが車の中などの外で生活していることがわかりました。家にいる人も、大学の寮でそうだったように、いつ激しい余震がくるか、おびえながら生活をしています。そして、とても寒いです。
そこで、みなさんに、三条の豪雨災害のときのように、お願いしたいのですが、自宅に眠っているテントを送っていただけないでしょうか。明日にでも雪が降る寒さですので、外で生活している人たちには、寒さしのぎになります。避難所で生活している人たちにとっても、避難所は混雑して、着替えなどでも仕切りのまったくない体育館のため、プライベートが保てません。テントをどこかに張ることができれば、そこで生活をしたり、着替えなどのプライベートを確保することができると思います。そして、避難所に来ていない人でも、余震の恐怖で家の中に入れない人たちにとっても、庭などの広いスペースのあるところにテントを張ることができれば、少しは安心できると思うのです。すでに家の中に入っている人にとっても、また何かあったときのために、持っているだけで安心することができると思うのです。どうか、送ってもいいというテントを持っている方はご協力お願いします。
送っていただいたテントは、被害の範囲が広いため、配れる範囲からでも配らせていただこうと考えています。また、配りに行くのも、一人では配れる時間も行ける場所も限られているため、車を出せて被災地に行ける範囲で配りに行ける方にボランティアで協力していただけるようにお願いします。
今回は送っていただくものをテントに限ってお願いします。送っていただく前に、ご面倒かと思いますが、一度組み立ててから送っていただけるようお願いします。
【送り先】は、クロネコヤマトの宅急便で、「三条支店止め」でお願いします。
受け取り人名:加藤寛明 電話番号:090−4848−9954
また、活動資金として寄付金のご協力もお願いします。
【振込先】郵便振替:00980−5−12290 オープンジャパン
通信欄に「中越元気村」とお書き下さい。的確に使わせていただきます。
明日にでも雪が降るという予報もあるため、今週末には一回目を配りに行きたいと思います。ご協力、よろしくお願いします。
加藤寛明 mailto:hiroakikato@hotmail.com
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
◆草島進一◆
10月26日火曜日 午前9時 小千谷市より
10月24日 日曜日、午前10時。新潟に向かう。神戸で一緒に活動した有志で新潟で炊き出しをしようということになり、食材、鍋、五徳、ガスボンベなどを調達。500人分ぐらいの「元気鍋」をつくろうという計画。高速は新潟から乗り、三条止まり。三条のプロパンガス屋、「コメリ」でガスボンベ調達。今朝、小千谷までいってきたという店員のひとりが、小千谷まで行く道のりの険しさと、通常の8号は途中までしか行けないことを教えてくれる。山川の道に迂回しないといけないということ。それをたよりに車を走らせる。
途中、4輪駆動でもがっくんと乗り上げる亀裂や、かなりの上下運動を伴う路線のうねりを感じながら小千谷を目指す。結局小千谷に到着したのが午後7時をまわった頃。市役所内の災害対策本部に行く。役所職員と報道機関の人間で本部はごった返していた。当日朝9時から入り諸々の現地状況を調査していた市村浩一郎氏が迎えてくれた。壁にはびっしり、被災者の情報、道路情報、倒壊家屋、避
難場所などを書いた紙がはってあった。
情報はまだどんどん変化している。避難場所は、約2千人避難しているという総合体育館をはじめ、公的建物の他に自主的に空き地や駐車場単位で固まって暖をとって、休んでいるところがあり、この状況については詳しくは役所では把握できていないようだった。ただし救援物資を平均して配る必要性があるため、その把握について、役所も苦労しているようだった。
夜、停電で信号も街頭も付かないまっくらな街のところどころに、食事をしたり暖をとるたき火の火が見えた。そして多くの人が車の中で寝ている。
現場にはいって突然何回か余震があった。結構揺れる。震度3〜4ぐらいは日常的に「あ、またか」という感じでおきている。
災害対策本部で情報収集しているとそのうち元神戸元気村の吉村誠司君が到着。
彼は、豊岡の水害現場でカヌーでの救出作戦をおこない、豊岡のボランティアセンターの立ち上げを行った後、新潟に向かってくれた。600キロの道のりを走って来てくれた。
夜、災害対策本部で避難所の状況や物資の状況、そして次の日の炊き出しをする場所を確認するための打ち合わせした。孤立してほとんど着の身着のままヘリに乗って避難するしかなかった山古志村の方々が避難しているという小千谷高校の体育館がいいのではというアドバイスをうけて、そこで行うことに決定。周辺にいた報道各社に手書きリリースを手渡す。
深夜、吉村氏と一緒に周辺を調査する。幹線道で地割れがおこり1メートルもの段差ができているところがあった。倒れている電信柱。斜めに傾いたアーケードや電信柱。雪国で家が強いせいか倒壊家屋の数は神戸には全然及ばないが、ところどころに震度6強という地震の強さを物語る跡が見られた。
●震度6弱の余震
25日月曜日 朝、午前5時ごろ震度6弱の地震にたたき起こされる。月曜日の朝の余震6度弱 と聞いたが、荷物満載のワゴン車の運転席と助手席で、市村氏とともに車の中で仮眠をとっていたのだが、直前に目が覚めて、ぐぐぐと下から突き上げるような揺れを感じ、30秒ぐらい、電信柱、建物がみしみしと揺れ、ばらばらと小さな破片が落ちた。結構被害がまた増えたのではないだろうか、というぐらいひどい揺れだった。また驚いた。
●山古志村からのヘリでの被災者の方への「元気鍋」
朝から炊き出しの準備。下見にいくと大体200名ぐらいの方が体育館にいらした。外での炊き出しになる。雨がちょっと心配だった。うーむ屋根かということになる。テントは準備していなかった。あれを使おう。と吉村氏が指さした。サッカーゴール。それにビニルシートをかければいいじゃないか、ということになった。そうなったら、そこにいる人の動きは素早かった。あっと言う間にサッカーゴールを運び、シートかけが終った。立派な屋根ができた。その後、6人集まった神戸、埼玉、山形、の有志で、大量の里芋や10キロの豚肉などを現場におろし、地元の人にも呼びかけて一緒に準備をはじめた。
早速おばさんたちが、みんなで芋の皮むきをはじめてくださった。男性は火の番をしてくれた。とても結束の強さを感じた。どんどん料理をする輪がひろがって、用意していた包丁の他にもどこからか調達した包丁をもって、どんどん芋煮つくりの輪が広がっていった。持っていった里芋、じゃがいも、にんじんなど全部皮むきが終わり、煮込む。
お昼になりようやく完成。差し出して「ありがとう」といって受け取って「ああ、あったかいものはいいね」と思わず涙ぐむご老人がいた。みんな満面の笑顔だった。1回目で大体200食。あっという間になくなった。その場で「おいしい、おいしい」といって平らげていただいた。良かった。
神戸元気村のはじめの活動が、「元気鍋」だった。「元気鍋」の特徴はただ、ボランティアだけで完全に全部やるというよりも、被災者の方にもよびかけて、みんなで鍋をつくろうという炊き出しだ。そのやり方を行うと、鍋と燃料と食材さえあれば被災者のみなさんの力によって炊き出しを続けることができる。
こうするとボランティアスタッフは次の火付け役にまわることができる。これが「元気鍋」だ。当時の元気村では炊き出し隊長のとーる氏(現四万十塾)を中心に神戸ではほぼ3月末まで炊き出しは毎日続いた。2月ぐらいには一日7千食を越える炊き出しを数ヶ所でやっていた。神戸のときも、兄を失い、家も倒壊してしまった方なのだけれど「今、がんばらんと」と毎日懸命に鍋づくりをしていた
だいた方がいた。包丁を持つことで元気になるお母さん達もいた。炊き出し一つでもいろんな知恵をつかえば「元気」になれる要素がある。
「元気鍋」方式により鍋も野菜の残りも五徳も、予備ボンベ付きでプロバンガスボンベもこの方式で避難所に置いてきた。とにかく今、炊き出しがトップニーズ。
現地に入るのは何人でもいい。ガスボンベ、水、大きな鍋、大量の野菜をもってグループ単位で、現場に駆けつけてほしいと思うのだ。
地震翌日25日午前9時から現地にいて、いろいろ情報を提供してくれた市村氏、そして、豊岡水害から駆けつけた吉村氏と炊き出しを終えてその後、数ヶ所の避難所にいってみる。約3千人もの方が避難されている総合体育館。超巨大な体育館に3千人が地べたにそのまま毛布を敷いて、雑魚寝状態で休んでいる。お年寄りが毛布にくるまって休んでいるのを見たが、これはたまらない光景だった。
神戸のときもそうだったけれど、寝顔からなにからなにまで隣人同士、すべて見通せる日常、まさにプライバシーが全く確保できない日常というのは、気が張っている3日間ぐらいだったらまだいいかもしれないけれど、これが長期となると心理的負担がすごいと思う。神戸のときは段ボールなどで壁をつくって、空間を確保したりすることもあった。今、こうしたこともあってかそれぞれの車の中で避難している人がたくさんいる。でも車の中で眠るといってもみんな大きなバンにごろんと寝ているわけではない。全部確認したわけではないけれど、多くは座席も倒さずにとにかく眠れればいいということで仮眠をしているといった感じだった。報道によれば、車で避難していた人の2名が疲労のため死亡したというこ
とでもあるし、この状態も長期的には結構きついと思う。ところどころの公園などにテントを張る方もいたが、数多くは見かけなかった。
26日、朝ももう一度この総合体育館に行ってみる。朝の朝食の配給にほぼ千人ぐらいの長い列ができていた。その列はロビーを2周し、体育館の中心にどーっと伸びていた。やっとのことで朝食のおにぎり、パン、バナナ、などを受け取って、避難所の中や車、家にもどっていく。ここにあったかいみそ汁の炊き出しがあったらいいに違いない。
トイレ、給水車にも列。水洗トイレの水はもちろんでない。昨晩、鶴岡から女性ボランティアが到着したが、彼女が確認すると女性トイレは流す水もなく、便器は大変な状況だったということ。朝になると掃除もされていてバケツの水も用意されていたようだが、トイレの水をどうしているのかと思ってよくみていたら、バケツの水をもった男性がトイレにはいってきた。水をよくみると色がついているようで「どこの水か」と聞いてみた。すると「となりのプールの水です」とのことだった。
●ボランティアセンター立ち上げ。とニーズの告知。
炊き出しをおこなった25日、午前10時からボランティアセンター立ち上げのミーティングがあり1時間ほど出席。吉村氏とともに刻々と変わるニーズを被災地外に伝えるホームページの有効性、「元気鍋方式」の炊き出しなどについて提案した。センターは27日より受付開始。HPは小千谷市広報の方と打ち合わせをし、ページ上でボランティア情報として、今現在は、炊き出し歓迎として募集告知し、後に独立ページ完成後にリンクしてもらうようにした。
http://www.city.ojiya.niigata.jp/whatsnew/jishinv.html
今朝はどんよりと曇り雨がぱらついている。気温も低くフリースを来ていても肌寒い。これから冬にむけてどんどん寒くなる時期。当面はあったかい炊き出しと避難所にいる人たちがどうしたら快適になるかに知恵をしぼらないといけないといけないと感じている。
朝、もう一度、山古志村の方々が避難している小千谷高校の避難所へ。がらんとしているので聞いてみると、村で地震で亡くなった子供と最期のお別れでみんな見送りにいっているとのことだった。「もどってきたら、また昨日のようにみんなで鍋つくります。ありがとう」とまとめ役の男性が言った。
寒さにふるえ、巨大な体育館に雑魚寝している人々の姿を思い浮かべていただきたい。特にご老人の姿や子供たちの姿を。今こそ愛をもって知恵を絞り、行動をおこすときだ。一人でも多く、動き出そう!
●くれぐれも現地に向かうときは交通安全、段差などに気をつけて!
なお、現地画像データは
http://www.kusajima.org
に、掲載します。
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
このブーメランのバックナンバーは下記サイトに保存されています
http://www.peace2001.org/gpc/gpc_mn/
   ★ご意見・ご投稿、配信停止・開始は★
      までご一報ください
●■■■■■■■■● OPEN JAPAN ●■■■■■■■■●
      グローバル・ピース・キャンペーン日本事務局
http://www.peace2001.org
mailto:open-j@peace2001.org
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏ 配信責任者 山田和尚 ┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

ここまで*****

| | コメント (6) | トラックバック (5)

踏んばりの4月、まだまだドタバタは続く…〜かーちゃん的保育園の探し方:11

ごぶさたでした。えーっと、どこまで書いたでしょうか。

前回までの様子は こちらからどうぞ。

4月より、新しい保育室も決まり、子供の居場所もできた!
ほ。
その保育室は幼稚園の良いところも取り入れ、お当番をしたり、住所や家族の名前を暗記でいえるように発表したり、歌や制作なども積極的に行なっていました。
以前の保育室はお弁当持ちだったのが給食になったのも、親としてはずいぶん助かりました。
子供もどんどん住所等を言えるようになり(子供ってすごい)、お友達の名前もぐんぐん覚え、ちょっと遠かったけれど楽しく通っておりました。

しかし、落ち着いたかと思ったのもつかの間、4月の半ばには5月からの認可保育園の入所許可の通知が来ました。

ほーら、やっぱり。ね。

合併してなかったら、我が家は4月から入所できたのさ。
この1月分の保育料を返して欲しいくらいよっ!(怒)

そんな訳で新しい保育室とはたった一ヶ月間だけのおつきあいとなってしまいました。前払いだった次月の保育料は、少しだけですが戻して下さいました。
私に限らず、出入りの激しい保育室なのではと思いますが、こういった、まさに「働く親の味方」・親の事情を聞いて受け入れて下さる保育室は、非常に貴重な存在だと思います。頑張って欲しいと思います。
そして、ありがとうございました。

…さて、あと2週間、公立入所の準備をしなくては!!

------------------------------------------




→育児中・・・(仮):幼稚園・保育園・学校選び

------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

システム調整のお知らせ

最近、アクセスが増える毎にうははーっとなり
どっぷりブログにはまり過ぎ、
多くの時間をPCの前で過ごし、
その結果、家庭とのバランスがとれなくなって来たため、調整にはいるべく、まったりテンポでの更新に切り替えたいと思います。

今回の調整では
・台風時期に溜まってしまった洗濯物の片付け及び部屋の掃除及び衣替え
・「ブログをやるのはいいけどブログをやって家事に支障が出ているかーちゃんを見たくないなー」とのとーちゃんのご意見への名誉挽回
・更新での夜更かし続き&プライベートの行事続きで消耗している体力の回復

を主に行ないます。

なお、これからもぽつぽつとエントリはしてまいります。コメント・トラバはいつでも大歓迎ですのでお気軽にどうぞ。
書きたい事はいろいろとあるのですが、なにせ筆が遅いので、内容によってはこんな内容でも一つのエントリに結構時間がかかってしまったりしちゃってるのです。
御覧の皆々様にはご理解を頂けますよう、何卒よろしくお願い申しあげます。m(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ディズニーシー停電騒動レポートです。

先ほど、帰還致しました。
旅行、運動会、親子遠足と天候不良だった今年、やっとやっと天気には恵まれた!のですが…

ニュースにもなっていたようで帰って来てびっくり。

ーーー以下、現場のレポートです。

普通にアトラクションみて回っていたんですが、16:00開演の"ミスティックリズム"を見た後出てくると、あちらこちらで
「停電のため運転を見合わせています…」のアナウンス。
こんなのよくあるんかな、ふうーんと思いながら、あらかじめ子供と行く約束をしていた”マーメイド・ラグーン”へ。
ここだけは、普通に動いていたんですよー。全部。
だから、あんまり「停電で大変!」という実感がありませんでした。
お土産を買い、アイスを食べていると、なんだか混んで来た。

で、外へ出ると、ほとんどのアトラクションは動いていないと言う。
もう外は真っ暗。
ブラビッシーモまではまだ時間があるな…。
迷いながらぐるぐるしているときに、突然閉演のアナウンス。
それで先の写真となります(+_+;

ーーー以上、現場よりかーちゃんこと、でりさがお伝えしました。

うおうっ
もっといっぱいのりたかったよっ
ブラビッシーモみたかったよっ
ディズニーシーまでリベンジしなきゃいけないのかよっ(涙)

今、とーちゃんと子供は昼にとったビデオで今日の復習してますよ…

041022_212401.jpg
デイジーにサインもらいましたー。
それから買っておいたお土産です。
それと優待パスポートをもらいました。
でも1年有効じゃないの。(9月9日まで)
来年の今頃にくるわけにはいかないのねえ。
いい季節なのにねえ。
年に1度くらいしか行かないのにねえ。
いつ行こうか。

でもでもとっても思い出深い初シーになったのは
確かです(*_*;;
こういうのってなんだかテンション上がっちゃいますね!

追記:きっとどこかですれ違ったであろう、おなじ体験をされた方達にトラバをしてみました。

そにっくるず: 頑張ってみました

TATSUYA ONLINE blog:停電!

:: Daishin Update | DisneySeaに行ってきました・・・が。 ::

みのねっとぶろぐ: ディズニーシー停電中

END News | ディズニーシー大停電の話。

遅くまでゆっくりされた方もいらっしゃったようで…。それも貴重な体験だったかも。
すぐにランドへ行き、両方堪能された方もいらっしゃいますね。それもアリだったかっ

原因が究明されたようですね。何よりです。

| | コメント (7) | トラックバック (4)

楽しかった昼下がり

このときは、誰が予想したであろうか…
disney.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディズニーシー停電!

なんと6時で閉園!
初めて来たのに、、、
ブラビッシーモぉ!
041022_181101.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚記念日てんまつ記★(こうさぎ)

きょうは、遠足は:したよ♪
きょうは、ここにnikkoriとここで感じはYOしたいです。


*このエントリは、こうさぎの「nikoniko」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「台風だから…

早く帰るように」
…って
終業のチャイムがなってから言われてもー

| | コメント (2) | トラックバック (1)

お詫びも込めて:血液型別ダイエットなど

気になる本のリストをサイドバーに設置。
どれもまだ買ってませーん

その1
「血液型別ダイエット」というキーワードでいらっしゃる方が急に増えていて、それにみあうようなコンテンツではなく、非常に申し訳なく思い、それに私も結構気になっているので関連の本を紹介。

その2
やはり「プラネタリウムの仕組み」と検索してくる方がいる。私の方が知りたいくらいだ。
そこで、
東京自転車生活さんのかにのえさ、蟹の餌、カニのエサみたいに、
かーちゃんのココロPresents:
プラネタリウムの仕組み!!

とやりたかったのだけど…。
いや、本当に調べたけど
難し過ぎてわかんなかったよっ(>_<;
で、なんだか面白そうな本があったのでちょっとサイドバーにおいてみた。
内容は未確認です。ご了承下さい。
うっかり検索で来てしまった方、これでカンベンしてくださいm(_ _)m

あとはここここのコメント欄にお勧めの理由がありますです。

以上、アフェリエイトがくっついてますので、抵抗のある方は自分で検索して買って下さいね(^ ^)/~
私が本をネットで買うときは送料無料、コンビニ受け取りのesbooksが多いです(^_^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

お金持ちタイプは、自己満足★

510Styleさんの金持ち頭脳?修行僧型???を読み、こりゃ面白そー、と思い、さっそくやってみました、金持ち頭脳

結果は以下のとおり。

お金持ち階級:中流家庭級 
100点満点中64点

タイプ:自己満足型

 でりささんはお金持ち資質がなかなかあると判断されました。どんどんこれから調子を上げていくものと思われます。生命力がやや物足りないので能力を出し切れるかは未知数ですが、全体では期待できる数値と言えるでしょう。
 また、チャレンジしてそこで散っても悔いはない、という実利にあまり執着しないタイプで、お得な自己満足型と判断されます。チームの内部ではお荷物になる可能性もあり、むしろ個人行動が向いていると言えるでしょう。

大ウケー!!(*^0^*)/~
どこまでB型なんだか。私。

でりささんのお金持ちピーク予想は2024年です。そこそこ期待できる山となるでしょう

20年後。いいんじゃなあい? うふふ。

私の結果の詳細は、こちらから見られます。

B型の方もそうでない方も、
面白いので、遊んでみては??

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ケロールを設置したよ。

占いモンキーもちょっと飽きて来たなあ。
そんな感じの今日この頃。
またもやあちらこちらのブログを徘徊中に「ケロール」というのを発見。
早速設置してみる。
ニュースを届けてくれるらしいです。
どうかなどうかな。

かくして占いモンキーはプロフィールページへとお引っ越ししたのでありました。
ほんと、新しい物好きですんません。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

疲れた…

昨日の話ですが、親子遠足、行って来ました。
現地集合、現地解散。
電車乗りましたー。歩きましたー。疲れましたー。
それに寒かった。

「親御さんたち、迷子にならないで下さいね」
との園長先生のお話。

…いましたよ、迷子になっている親御さん(^ ^;

いろんなお母さんとお話ししたかったけど、人見知りかーちゃんはあまり進展なし。親御さんとお子さんの、顔と名前がまだ一致していないのがいけませんね。

こどもはうさぎと触れあいたかったのに、かなわずにわんわん泣いてしまい、やさしいお友達になぐさめられていました。
解散後に30分行列にならんで、モルモットと硬い表情(爆)で触れあって解決しましたが。

今日はぐったり。
でも天気いいですね!今日は


| | コメント (2) | トラックバック (0)

小学高学年向けの”おすすめ”リスト

親愛なる、そして貴重な私のブログコメンテーター(?)Yokoさんがついにblogを立ち上げました!いろんな言語が飛び交う、国際色豊かな、語学教室主宰の彼女ならでは、の、かっとんだ(!?)ブログです。

さてさて、そちらに
おすすめ読書リスト(小学校高学年)と言うエントリーがあるので早速ご紹介。

これは、mixi内で物語読解の苦手な生徒のために、以下の様に彼女が問いかけ、私を含むいろんな仲間達があーでもないこーでもない、と結構盛り上がり、彼女が最終的にまとめて出来たリストです。

…みなさんが「切ない」「気まずい」「責任感」「正義感」などの言葉を覚え、実感して理解できるようになった経緯(シチュエーションなど)、または本・マンガ・テレビドラマ・映画etc.を教えて欲しいのです。

出来てみるとなかなか秀逸なリストだっ!!
mixi内だけでは勿体ないので、さっそく外側に引っ張りだしてきてもらいました。
「読書リスト」とありますが、そのリストは上記の問いかけに応じて、マンガ、アニメ、映画、絵本、日本のもの、外国のもの、TV番組、と多岐に渡るもの。
どうしても私達世代が意見を出しあっているので「時代」を感じるものも多々ありますが(笑)、そうそう、私達はこれらの多くを経て、何かを感じて来たように思います。

私がまっさきに思い付いたのは、
「キャンディ・キャンディ」
世代ですねー(笑)
まさにこれを読んで大きくなりました(^ ^)
bk1を検索したら、今は小説版というのもあるようですよ。小学校5-6年向けですって。ビンゴ。

それと他に私がお勧めしたいのが
「おじゃ魔女どれみシリーズ」
なんですけど、高学年じゃ物足りないでしょうか?
最後の方のシリーズを少ししかみていないのですが、学校や友達関係、家族等、イマドキのいろいろな問題を少しずつ織りまぜて、時折見ていてホロリとすることもありました。

それからドラえもんやジブリ・ディズニー映画、カルピス劇場系の名作の数々など、うんうん、結構あるもんだねーとリストを見ていて思いました。

物語が苦手、それよりも伝記などが好き、という私とは真逆(!)の子供さんへのアドバイスということで始まったことでしたが、いろんな子供達や大人達にも紹介したい!という気持ちになりました。

他にもお勧めがありましたら、ここか、Yokoさんのblogまでぜひぜひコメントを!

なぜ、私がこんなにヒトのエントリーを紹介しているのかといいますと、Yokoさんのblog、コメントはOKなんですが、なんと今の所トラバが双方向できないようで…!(@_@*)/
そんなわけで宣伝担当に任命されました。
何卒ご容赦ください。m(_ _)m

→ジャンバラヤ・小学校

| | コメント (4) | トラックバック (0)

えっ??(こうさぎ)

きのう、nikkoriがここに父がNHKしたの?
nikkoriは、

保育園に子供を送って行ったときの事。
nikonikoより先に行ってたお母さんが、先生に「昨

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「nikoniko」が書きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

究極の習い事作戦とは。: 習い事や塾は、どう選ぶのが子どものためですか?

ジャンバラヤ −父・母・子のためのごった煮つぶやき集−: 習い事や塾は、どう選ぶのが子どものためですか?に寄せて。

以前、スイミング1日体験入学記〜!を書いたときに、
本当に自分で心から「やりたいっ!」ていうものが見つかればいいな
と書きました。
そしてスイミングは玉砕したわけですが…。

本当に「やりたいもの」をやらせたいと言うのには理由がありまして、それは正直、親の時間的な理由と経済的な理由。どうせ一つだけ習わせるなら、やはり楽しく習わせたい。無理やり習わせるのはエネルギーがいりますし。やりたい、と自分が言い出した事で、その習い事に対しての責任感(?)も出て来るそうです。それに、これを絶対習わせたい!というものも私には特にありませんでしたから。

私が小さい頃に習っていたものは、ピアノ、習字、合唱。どれも自分で「習いたい」といって始めたものです。そしてとても楽しくかけがえのない、思い出以上の「私の何か」となっています。(ピアノの自主練習は嫌いでしたがー)

でも本当は親にこうしてほしかった、自分の子にも出来るならこうしてみたかった、という究極の(?)作戦があります。

それは、ある年令にきたら

「とにかく習い事と言われるもの、かたっぱしから習ってみる、そしてどんどん絞り込む」

というもの。

三つ子の魂百まで、というじゃないですか。だからとにかくなんでもやってみる。その中で適正をみて、これは!と思うものに絞り込んで行くなんてことができたら、ひょっとしてひょっとしたら意外な才能が開花したのでは?なんて考えたりしたものです。

でも本当にその習い事が職業になったりする人は本当に一つかみの人。
私が子供に習い事をさせよう、というのには、
その習い事自体のスキルを磨く事、というよりも、
「家族や学校のみでは体験できない学び方や人とのつきあい方を学び、そこから広がる他の世界への入口を作る」
という意味合いが大きいです。

小さいときからやりたいものって見つかるの?ということですが、5才くらいになると周りの子供も少しずつ習い事を始めたりしますし、いろいろ興味もわいてやりたいこともでてくるようですよ。私もそうでした。でも、最終的には親が誘導・決断していくのでしょうね。
無理矢理ならわされてトラウマになってしまった友人を知っていますし、親御さんの環境や考え方なども多分に影響されるので、この辺りの問題は難しいですね。

うちの子はバレエに落ち着きました。今の所とても楽しくやっています。始めてすぐなのに発表会も近く、練習も思ったより大変ですが、こどもの吸収力にはやはり目を見張るものがあります。これからどうなっていくかは分かりませんが、しばらくは見守って行こうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「言いまつがい」

糸井重里氏の「ほぼ日刊イトイ新聞」を時々見にいきます。
もともと、NHKの「YOU」をやっている頃から糸井サンの事は好きで、TV番組のプレゼントに応募してあたった直筆サイン入りの彼の本なぞ、今も大事に持っています。
こんな自分のブログを毎日更新するのも結構大変なのに、ダーリンこと糸井氏は毎日コラムを書いている。それだけでもすごいなあ、と思います。
あまりの膨大なコンテンツになかなか読破とは行かないのですが、その中で最近、一番お気に入りなのは、「言いまつがい」のコーナーです。
もう、理由などいらず笑えます!
気分がどーんと落ちこんだ時や、嫌な事があったときも、このコーナーを読むと気が晴れちゃったりします。
私なんか、パソコンの前で涙流して笑ってるんです。とーちゃんに気味悪がられます(笑)
で、笑いを共有しようと、読み上げてもダメなんです。自分で文字を読まないと。

本も出てます。私はまだ買ってません(^ ^;

言いまつがい(ほぼ日ブックス)
糸井重里監修

他のコーナーも面白いコンテンツがたっくさんたくさんあります。私はほんの一部しか読んでいません。「今日も金魚は。」とかも好きかも。金魚が映ってるだけなんだけど。
著名人との対談や面白企画等も多々あってその発信パワーたるや…さすが。

今年はTシャツ買いましたー。これはなかなか良かった。あと谷川俊太郎さんのCD。
それに手帳も注文してみた。(きっと使いこなせないだろうけど)
ついつい欲しくなっちゃうんだよねー(^_^)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

えっ??

保育園に子供を送って行ったときの事。
私より先に行ってたお母さんが、先生に

「昨日は運動会あったんですか?」

って聞いてた。

???

「ちょっと天気が心配でしたが、やりました。」

「えーやったんだー。そうかー。ごめんねー。」
って、自分の子供に謝ってた。

???
よくわかんないんだけど…??

| | コメント (6) | トラックバック (0)

運動会、無事終了。

延びに延びてしまった運動会。
開始時間の9:00と同時にまたもや雨がばらばら降って来て
30分程スタートが遅れましたが、無事終了。

雨が心配だったので、なんとお昼休みをとらずにぶっ通しで全部の競技を終えました。

終わった運動場で雨を心配しながらお弁当を食べるのもなんなので、(食べている人もいましたが)そのままじーじ、ばーばとファミレスへ食べに行っちゃいました。

そして残るお弁当。
今晩はまた唐揚げですう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚記念日てんまつ記★

…さてさて、
忘れそうになっていた結婚記念日を思い出し、よーしごちそうだーっと車で出かけた私達。

肉?肉?肉にする?
よし、今日は肉だっ

大渋滞。そのうえ駐車場に入れない。
よし。店変えるか。

居酒屋?ビール?それもいいねえ。
私は運転だから飲めないけどさ。ま、いっか。

大渋滞。大渋滞。
駐車場に入ったものの、順番待ちどっちゃり。

とーちゃんは並ぶのがダイッ嫌い。
よし、店かえよかえよ。

……。だめだこりゃ。こっちもすごい待ってるじゃん。

子供が腹をすかして泣き出した。
「お腹すいたよーうえーんうえーん」

とーちゃんあきれて、あっちを指差す。

「あそこでいいよ、もう。」

で、入ったのは、

「 松 屋 」 。

みなさーん、牛飯は10月13日から再開だってさ!

…ってそうじゃなくて。

デミたまハンバーグ定食、結構おいしかったけどさ。

結婚記念日なんだってば。今日。

くっそーリベンジするぞっ p(-_- ;)q

| | コメント (2) | トラックバック (0)

きゃーすっかり忘れてたーっ

今気付いたよー!

今日は「結婚記念日」だよーっ!!!

忘れてた自分にショックぅ(>_<)

今夜はごちそう食べるかなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

乳ガン検診体験記〜ピンクリボンキャンペーンによせて〜

かなり出遅れてしまいましたが、10月1日より始まっている、ピンクリボンキャンペーンによせて、半年前に私の体験した乳がん検診について書きたいと思います。

またたくさんの方がすでにピンクリボンキャンペーンの記事を書かれていますので、そちらにトラックバックをさせて頂きました。

それは、昨年受けた婦人科検診。乳ガンの触診がありました。

これは乳房の周りをもむ、というかつまむ、というのが正しいのか。しこりがあるかどうかを確認する意味合いだと思います。

ここで先生は
「うーん…。一応再検査受けといて」
とのこと。

実は以前、やはり別の婦人科で触診を受けたとき、
「おっぱい良く出たでしょ?乳腺とっても発達してるよね」
と言われた事がありました。
確かに子供を産んだ当時は巨乳(?!)だったし、おっぱいもよく出ていました。だから、今回の婦人科の先生もその乳腺の発達を勘違いしたんだろうと思い、そして仕事も忙しくなったので放っておきました。

半年ほどすると保健センターや検診を受けた婦人科から
「もうすぐ期限がきれますのでどうぞ再検査に来て下さい」
と何度も連絡がくるので、じゃあ、いっとくか、ってな軽い気持ちで保健センターへ再検査へ。

この時の検査はマンモグラフィーというものです。乳房のレントゲンをとります。

これはもう、正直本当に痛いです!
おっぱいを、もとの形に戻んなくなったらどうすんのよーってくらいぎゅうううーっとおせんべいの様にぺったんこにして縦から、横からレントゲンをとります。
おっぱいが張ったりする時期は避けた方がいいと思うな。

この時レントゲンを撮る方が男性で、上半身裸にはちょっと(かなり)抵抗がありますが、
あちらもお仕事、いろんな説明や話をして出来るだけリラックスしてもらうように、と努めている様子でしたよ。

数週間後、結果がでました。
「このリストの中の病院に行って、精密検査を受けて下さい。」

と、レントゲン写真と固く封をされた封筒と病院のリストを渡されました。

全然大丈夫、と思っていたので、予想外の結果に呆然。

出産のとき産院選びでちょっぴり悔いが残っていた私は、まず、病院選びは肝心だ、と思いました。

丁度そのころ「白い巨塔」がTVで放映中で、影響されやすい私は、総合病院だけはやめよう、と安易に思ってしまいました。(注:これは私のたんなる思い込みです。いい病院も沢山あると思います)

そしてその時始めて乳ガンについてネットで調べ始めました。

…「乳腺外来」というものがあるらしい。

リストの中にも乳腺外来をもつ病院がありました。ホームページもあり、調べてみるとまあ、車で行けなくはない距離。内科・小児科なども行なっており、乳腺外来は予約制で週2回程度との事でした。

おそるおそる電話をしてみました。その日の予約はいっぱいとの事でしたが、事情を話すと通常の診療時間に来て下さい、といわれ、一日でも早く不安を取り除きたい私は、すぐに行きました。

診察室でレントゲンを見て、話をし、触診をした後、奥の部屋へ通されました。
オルゴールのCDが静かに流れ、着替えをいれるバッグや荷物をあずけるロッカーなど、こまかいところに配慮が行き届いているように思いました。

ずいぶん待ったような気がします。
ま、従来の乳腺外来の時間ではなかったので、通常の患者さん(内科や小児科)優先というのは仕方がないでしょう。不安な気持ちを抱きながら、ベッドの上でオルゴールの調べをずーっと聴いていたのを覚えています。途中何度か看護婦さんが気を使って様子をみに来て下さいました。

そして、やっと一段落された先生がみえて検査となりました。

今度の検査は超音波(エコー)の検査。
妊娠を経験した方は御存じかとおもいますが、あのお腹をみる検査を胸にする、と考えればいいでしょうか。胸にジェル状のものを塗り、バー状のものをすべらせ、陰があるかどうかを調べます。

見覚えのある白黒のもやもやした画像が目の前のモニターに映し出されます。ゆっくりゆっくり、両方の胸を検査。

「特に陰もなく、異常は見受けられませんでした。大丈夫でしょう。年に1回は検診を受けるようにして下さい。」

ほ。よかった。
数日ではありましたが、病気や死と言うものについて真剣に考えさせられた経験でした。家族の事。これからの事。また「自分だけは大丈夫」なんて、なんの根拠もないと言う事も実感しました。

検診って面倒くさいなー恥ずかしいなーと思っている方、このキャンペーンを機に一度、思いきって受けてみてはどうでしょうか。
私的には乳腺外来がある病院でよかったなあというのが体験しての感想です。

以上、長々と、私の検診体験でした。

| | コメント (7) | トラックバック (6)

幼稚園か、保育園か?で、悩むキセツ〜かーちゃん的保育園の探し方※番外※

さあ、いよいよ本格的に保育園&幼稚園探しのシーズンに突入してまいりましたね!

2.3歳児をお持ちの、そろそろ働こうと考えているお母さんの頭を一度はよぎるのこの悩み…。

「幼稚園にするか?保育園にするか?」

どちらにするか、もう決まってますか?

幼稚園に通わせるので、空いた時間でなにか仕事を始めようか、というお母さん。

保育園にいれて、ばりばり仕事を始めようか、というお母さん。

そして、(ここで息をいっぱい吸って下さい、)

どうせならいっぱい仕事したいしなー、でも幼稚園じゃあお迎え早いしなー、夏休みもあるしなー、時間外保育でまにあうかなー、やっぱり保育園のが安心して仕事できるかなー、だけどフルタイムで働くのはなー、パートじゃ認可にははいれないのかなー、でも無認可じゃ働いた分だけ保育料で飛んでっちゃうしなー、それに仕事が見つかる保証もあるわけじゃないしーうちの地域じゃ待機児多そうだしー両立できるかも不安だしー、SOHOやろっかなー、そんなのあるのかなー、ううーどうしよう…。

という、かつての私のようなお母さん(笑)。

   悩んでたときの私→

どっちに預けようかほんとに迷いどころですよね。しかも半年も先の事。(4月入園の場合)
幼稚園と保育園、根本的な考え方が違いますから、こりゃあ困りもんです。

幼稚園と保育園の違いについては、
All About japanのここ(結構お役立ち!)

とか、

はっぴーママ.comのここ(分かりやすい)

あたりを参考になさってみてはどうでしょう。

当時、私はこれを真剣に悩んでいたときに、何か違和感をずーっと感じていたんです。
そして気付きました。

「今、自分の目の前にいるわが子に、幼稚園向けも保育園向けもないのだよ。」

悩んでいるときに、子供の存在が、(ほとんど)ない。

これが、第1の違和感。

それに、働き方やライフスタイルが多様化し、働く女性が増え、社会に進出したり、介護や育児等の様々な悩みもつきないこの時代に、なんでまず、幼稚園か保育園の2つのどちらかに決めなくちゃいけないのー!?(それに認可保育園にはいつでも入れるという保証はないのですよっ?!)

これが、第2の違和感でした。

「なにが、今、この年令の子供の成長に一番大切なのか」を考えるのにきょーいく施設だとかふくし施設だとか関係あるのだろうか??子供に2種類あるわけじゃないんだし、子供の成長のためにも、制度を二つに区分けしない事、それが自然なんじゃないだろうか?

保育園だって教育っぽいこともちょっとはして欲しいし、幼稚園だって時には長い時間預かってくれたっていいじゃないか?

そして出会った「幼保一元化」という考え方。(上記のはっぴーママ.comのページの下の方にも記載があります)

「幼稚園も保育園も一つになって、早く帰る子は早く帰りましょう、お母さんが仕事の日は遅くまで預かりましょう、子供の伸びるようなことを第一に考えましょう、個人も尊重し、集団生活のルールも学んで行きましょう。」

そそ、そーなのよ、これでしょ!

そんな「新しい形の施設」さえあれば、働きたいお母さんの悩みも少しは解決されるだろうし、専業主婦のお母さんでも、少し長めに預けてちょっと息抜きしようとか、少しだけ働きに出ようとか、いろーんな選択肢が増えるのではないでしょうか。

「幼保一元化」については、いろんな側面からもしばしば論じられているようですし、制度の整備についてや助成金・民営化のことなどいろいろ複雑な問題点も避けて通れないとは思います。

でも園探しに真剣に悩んだ一人として、改めて「シンプルに」言いたいです。

もっとそんな施設をもっと早く増やして欲しい!

ていうか、「幼保」を「一元化」しようとするからいろんなつじつまが合わなくなるのであって、そんなの関係なく、第3の施設をゼロから全く新しい発想で設立をすすめたほうがスムーズにいくんじゃないの?なーんて考えたりするんですがねえ。じゃあ、管轄はどこ?という話にもなるのですが、根本はそこじゃないんですよ。

親の環境が快適だったら、少子化の問題もある程度は解決されると思うのですが…。
理想論過ぎかなあ。

でも、今まさにどっちにしようかって悩んでいるお母さん達、そう思いませんか??

------------------------------------------






→育児中・・・(仮):幼稚園・保育園・学校選び


------------------------------------------

(KHS)


| | コメント (2) | トラックバック (4)

ほんの些細なことだけど。(こうさぎ)

きょうnikonikoがnikkoriが返事したいなぁ。
きょうnikkoriの、うさぎとかメールしたかもー。


*このエントリは、こうさぎの「nikoniko」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

血液型別ダイエット〜♪

B型のみなさんは、見ましたか?
私はウラの「節約生活」(書いてる今現在放送中)と同時進行で、なんかしながら両方ともテキトーにみました〜。(^ ^)

内容は、血液型のもつ、生理学的な性質での相性のいい/悪い食べ物の話
と、
いわゆる性格というか、心理学的な側面からのダイエットの方法…かな?

私のアンテナにひっかかった情報によると、B型は

○ヨーグルトを食べ続けるといいらしい。
 (あと乳製品全般)
○トマトはだめ
○持久力を要する運動は続かないので、
 瞬発力を使う運動をするとよい
○新しいダイエットにどんどん手をだし、
 結局飽きてしまっていませんか?

あと他には、
O型にはイケメンが多い
A型は納豆を食べるといい
AB型はやっぱりAとBの性質を備え持つ

みたいなこと言ってました。
我ながら、ものすごくおおざっぱだな。
もっと大事な事を言っていたような気もするが。
(結局よく見てない)

新しいものに手を出すってのは本当にありますねー。
で、すぐ飽きちゃうのもしかり。

アマランサスと高野豆腐がしっかりおうちに
残ってますよー>スパス○さん(爆)

でも明日からはヨーグルトだっ!食べるぞっ

※ウラの「節約生活」も、すでにちょっと飽きたよ;;


| | コメント (9) | トラックバック (0)

それでも不安。

今日、保育園にいくと、こんな感じの貼り紙が張ってあった。

運動会について 9日も雨天の場合は10日に延期になります。10日に雨が降ったら11日に延期になります。

もしも3日間雨が降り続けたら…(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運動会延期! 残る唐揚げ!

朝から雨だよ。
旅行のときも台風だったな。

私ってひょっとして雨女??

延期の連絡が園から入る。

去年、お弁当が飛び交っちゃって大変だったので、
今年はおばあちゃん達と分担した。
さて、連絡しなくちゃ。

おばあちゃん(とーちゃんの母)、ご飯担当。
なんと4時からおにぎり作っちゃったそうだっ!
すんません…。

かーちゃんの母、飲物・果物担当。
朝から何度電話しても出ない。
運動会の朝なのに。どうしたんだろう?

やっと繋がり、なんで出なかったのか聞いてみたら、
朝起きたら雨が降ってたので、
「こりゃ中止じゃん」と思い、2度寝してたらしい。

「中止に決まってんじゃん。そんなの分かってるよ。
果物むかなくて良かったよーっ」
だって。

さすがB型ですな。

心配させんなよっ。

私は、おかず係。
そんなわけで、さっぱりごはん炊いてないよ。
代わりに、唐揚げ用にと、どっちゃりタレにつけておいた鶏肉。
朝からとりあえず揚げて食べたさ。もう。
まだ半分残ってるんですけどー

来週土曜に延期。再来週は親子遠足。いそがしーよー。

愚痴でした(^_^;;


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほんの些細なことだけど。

今日、こんなことがあった。

アパートの階下で子供が遊んでいる。
4年生、1年生、年長さん。
縄跳びをしたり、自転車にのってキャーキャーと遊ぶ声がきこえる。

我が子(年中)は普段は保育園児のため、生活時間が他の子と違うのであまり遊べないのだが、本人は機会があれば、いつもお姉ちゃん達と遊びたくて遊びたくて仕方がない。

彼女は声が聞こえると、早速部屋の窓から階下のお姉ちゃんたちに声をかける。

「ねー、一緒に遊んでもいーい?」

すると、中の一人が、
「えー、○○はいいよ、来なくて。」
「3人で遊ぶ遊びしてるからさーっ」

…思いっきり断られたようだ。
ウチの子は声をあげてわんわん部屋で泣き出した。
「なんで遊んでくれないの? ◆◆ちゃんなんてもうヤダ!嫌い!」

あの言われ方は大人でもショックだよな。確かに。でも大人はそんな事は普通は言わない。子供ゆえの発言だ。彼女たちには悪意なぞかけらもないだろう。年下のコに合わせて遊ぶのがちょっと面倒だったりはするのかもしれないけど。

しかし、ここからが問題。
恥ずかしながら、こんなとき親として私は我が子に何をどうしてやったらいいのかが分からない。
同情するのか、励ますのか。

「きっと、前からお姉ちゃん達は約束してたんじゃない?」
「今度、遊んでもらおうよ、ね。」

横にいたとーちゃんが、私にこういった。

「ちゃんと親が出ていって今すぐ決着つけてこい」

文句をいうわけじゃ無く、きちんと我が子の気がおさまるようにしてこい、ということだ。

えー、そんなとこに親がわざわざ出て行く事じゃないんじゃないの?とうだうだ考えているうちにお昼になり、遊ぶ声がやんでしまった。

「なんですぐ行ってやんないんだよー。泣いてんのに。」

と、とーちゃん。

午後、お昼寝をしようとゴロゴロしているときに、また彼女たちの遊び声がした。

我が子は階下の声が気になって気になって昼寝ができないようだ。
私は昼寝をして欲しかったので、ふとんでゴロゴロしているまま放っておいた。

みかねたとーちゃん、ついにたちあがる。

「オレ、こいつと下にいってくるよ」、と。

「遊びたいの?」

私がもういちど我が子に尋ねた。

「うん。」

……さすがにとーちゃんよりは私が行った方がいいんじゃないか?

「じゃあ、かあちゃんがついていってあげるから、遊ぼ、っていいにいこ」

「うん。」

不安そうな表情の我が子と階下へ行き、声をかける。

「一緒に遊びたいって言ってるんだけど遊んでくれる??」

と私。

するとさっきの子が、
「えー来ちゃったの? でも難しい遊びしてるよ、できる? いい? …じゃあ、○○のできるような遊びにしよう!じゃあこっちきてー。」

問 題 解 決。
我が子も一緒に階下で楽しそうにみんなで遊んでいる声がする。
彼女に対するネガティブな気持ちももうすっかり消え去ったことでしょう。

とーちゃん、大正解!
こんなこともどうしてやればいいか分からない親なんてほんとにダメですね(>_<)

ホントに些細な事件ですが、いや些細な事だったからなおさら、子供同志の問題は親が介入せずに子供同志で解決させるべき、それが子供のためなんてちょっと思ってたとこがあるので、ひとつ親として勉強させてもらいました。

私としては、今朝はバレエいって、昼寝せずにこんなに昼間遊んで、明日の運動会に熱出さないか?ってことが心配なんですけど…。

ジャンバラヤ −父・母・子のためのごった煮つぶやき集−: 10:親



| | コメント (3) | トラックバック (0)

英文…書けない…(こうさぎ)

nikonikoはサイトみたいなメールしたかったみたい。
nikkoriで、本人へブログする?
きょうnikonikoはここでnikkoriの子供みたいなバされた。
nikkoriは、

アメリカの叔父さんから久々にメールが届いた。
早速返事を、とパソコンに向かうも、

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「nikoniko」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大爆笑?!のツボ?

さっきまでドラえもんを見ていた子供が、
また違うテレビをみてゲラゲラわらっている。

こんなに笑ってることってさすがに、無い。

一体何見て笑ってるんだ?

なーんだ、バカ殿じゃん。

わたしは、ドリフは好きだったけど、バカ殿はあんまし好きじゃない。
しかし、子供は以前やってたドリフの総集編もバカ殿もオオウケなのだ。

なんだかなー、と横目で見ながら、このブログを入力中。
ゲラゲラ笑ってる子供を見てるほうが、面白い。

一体なにがツボなんだ??
私が子供の気持ちを忘れてしまったのだろうか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »