« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

もうすぐ今年も終わり。

年々、1年が過ぎるのが早く感じられるのはどういう事なんでしょう?

まだまだ大掃除、終わりませ−ん(涙)
家の場合、床の上のモノの片づけから始まるので(^^;

まあ、年内に掃除が終わらなかったときは、

「今日が明日に変わるだけ」

と開き直り、年を越す事に毎年決めております。

そんな中、チョト頑張ってカニだけはネットにて確保致しました(笑)

ブログを通して知り合った皆様、これも不思議な何かの御縁ですね。
本年はどうもありがとうございました。

皆様、良い年末年始をお過ごしくださいm(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読み聞かせが育む力:サンタクロースを信じる心(こうさぎ)

きょうnikonikoは、nikkoriは出来事へfumiしなかったー。


*このエントリは、こうさぎの「nikoniko」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐かしのカセットテープ。

fumi_oさんの@HOME : ごはんができたよを読んで先日の出来事を思い出しました。
我が家の掃除をしていると、こんなものが出て来ました。

DSCN0447

坂本龍一のカセットブック、「Avec Piano」のカセット。
懐かしー(@_@)/
冊子やケースは既にない…みたい。

「戦場のメリークリスマス」の曲などが
ピアノアレンジになっていっぱい入っていた。

Coda
↑ これが同じ内容のCDだそうです。

当時は、ピアノスコアも買って一生懸命練習したなー。半分も弾けなかったけど。

さっそく、やっぱり掃除をしながらラジカセでテープをかけてみた。

びろびろになっていました〜(^^;;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

哀しきプリンター事情

5年以上前のふちありプリンター、エプソンのPM-3000C。A3まで出力でき、一時期は大変お世話になりました。
しかし、とうとう今年の年賀状印刷で息切れ。紙送りができなくなってしまいました。ばーちゃんの年賀状のお世話をしている場合ではないっ!ここへ来て印刷できないのはヤバイっ

あわてて近所の電器屋さんへ直行。
私はさっぱり分からないし、ネットで調べている時間もないので、とーちゃんが店員さんに話を聞き、去年では絶対選択肢として考えられなかったであろう複合プリンター、エプソンのPM-A850が格安だったので購入しました。フィルムスキャンも出来るらしいのね。インクがバカ高だけど。

その時点でなーんとなく分かってたんだけど、さ。
まあ大丈夫かなーと思ってたんだよね。

「対応OS MacOS8.6〜9.2、MacOSX10.2以上」

現在の私が主に使っているOSは、10.1.5。
添付CDにドライバ、全く無し。

エプソンのサイトに行ってみる。
やっぱり全く無し。

エプソンのサポートに電話してみる。

「通信の仕組み上、そのバージョンのOS対応は難しいです」
とのこと。

はああ…。

まあ、年賀状印刷に使うアプリケーション類は、皆Classic環境のものばかりだし、OSXの環境になった今は、ほとんどネット端末と化しているし、家でプリントするのなんて年賀状以外そうはないのであまり影響はないのだけど、単独で9を再起動させなきゃいけなかったりして、面倒〜。

それに今までのプリンタは両方のOSで使えていたのに、より最新の機器が古い方のOSでしか使えないなんてなんだか哀しすぎる…。

せめて10.2にアップグレードしないとだめですかあ??
もう、Classic環境に戻そうかなあ。
窓じゃないとこれからは渡って行けないのでしょうかあ?

ちなみに今はキャノンの方が断然シェアが上だそうですね。両面印刷が出来たりするんですね。もうついていけない…今度買い替えるのは何年後でしょうか(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メリークリスマス!

今夜はクリスマス・イブ。
昨日はバレエのクリスマス会、
明日は保育園のクリスマス会。

ビデオのテープがない事に気付き、
さっき買いに行って来ました。
よかった。気付いて。

今夜はサンタさんくるのでしょうか??
ドキドキ。

みなさん、よいクリスマスを!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

サンタのお手伝い★☆★(こうさぎ)

きょうnikonikoがnikkoriはここにものぐさも1しなかったよ。
nikkoriは、

子供が生まれてから、毎年11月ぐらいになってくると、そわそわ。
クリスマスのイル

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「nikoniko」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かーちゃんのパソコンでねんがじょうきょうしつ

ばーちゃん、パソコン始めるというエントリを先日書きましたが、予告通り、先日昼ゴチで「年賀状作成教室ぅ〜」を開催。

私は基本的にマカーなので、会社では必要最低限エクセル・ワードを使うけれど、特にワードのなんちゃら挿入とかになると実はさっぱり分からない(^^;

そんな訳で、本屋の店頭にヤマと積んである、「簡単に出来る年賀状作成ムック」的なものを1冊チョイスし、持参した。そんな多くは求めていないし、「ワードで年賀状を作ろう」を順にやれば出来るでしょ。

私:「えー、じゃーそのCD-ROMを入れてみて」

ばーちゃん:「どこにどうやって?」

私:「…。」(うそーん)

ば:「だってまだ習ってないもん。パソコン教室で。」

**

私:「このアイコンをダブルクリックして開いて」

ば: かちっ、…かちっ

私:「…。」(そりゃあ、シングルクリック2回でしょ)

**
ツッコミどころ満載な、そんなやりとりをしつつも、年賀状完成。さて、印刷、と思ったら、紙が巻き込んでつまってしまう。なんでだー?

家のは5年以上は使っている「ふちあり」プリンタだもの。PCとセットで買った最新のスキャナ付きのプリンタはわかりましえーん。

そんな所でお時間が来てしまいました。
さて年内に年賀状は完成するのでしゃうか…!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RSSリーダーを導入。

いまさらいまさらと言う感じですが、
やっとRSSリーダーをインストールしてみました。

なにせMacOSXなので、あんまり使えるものないんだろうなーと思いつつ検索して、
パラボナミニ v1.2 [RSSリーダー]
を選択。

・ダウンロード、解凍したときなぜかファイル名が文字化けしたこと。
・ときどき強制終了してしまう事。

を除いてはなかなか快適です。
他にも便利なツールを御存じでしたら、ぜひお知らせください。(MacOSX用のを)

さあて、いろんなブログを登録してみます〜(^^)/~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

どーでもいいけど、気になる事(こうさぎ)

きのうは気をレポートしたかもー。
それからきょうnikonikoは、お子さんはイルしなかったよ。
それからnikonikoは、nikkoriはここでーしたいです。
nikkoriは、

ちょっと前からTV見て思っていたんだけどELTの持田香織サン。
最近、歌い方が

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「nikoniko」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続:読み聞かせが育む力-心を言葉で届けるちから

山崎翠さんの講演会レポートの続きです。
***

それから、自分のお子さん達やゼミの学生の話などの体験などを織りまぜながら、

親が絵本を「絵本を読み聞かせる」事、その記憶や思い出は形では見えないし、すぐに効果が現われるものではないけれど、大人になったときにどれほどその子供の内面に豊かさを与えているか。

といったようなことを話して下さいました。

親子で絵本を読む。
私はそれは単に、本の内容を理解する力や、感受性を高めたりするだけのものだと思っていました。
だから、いわゆる世間で「良書」と言われるものを厳選して読まなくちゃ、と言う事ばかりを考えていました。

親の声で、親の膝の温もりで、絵本を開く。
それを感じるその行為そのものが子供の安心感となり体験となり記憶となり蓄積となり、人間形成に豊かさを与える。
そしてそれが自然と心や言葉や想像力を養ってゆく。
そういう事が大切なんですね。
その上で絵本の内容が良質ならば、言う事はないっ!

大事なのは
「心を言葉で届けるちから」を育てる事。
それは、家族の会話やいろいろな体験からもできること。
でも絵本を読む事でいろんな事を感じてくれるのなら…。

作今の暴力やわいせつ行為を行なう教師のことや佐世保の事件などにも触れ、現代の子供達や大人達の想像力・言葉の力の欠如の危険性も話されていました。
私なりに考えるに、

言葉の力の欠如
   ↓
思いを言葉にできない
   ↓
コミュニケーション不足
   ↓
相手の気持ちを想像できない

…こういう事なのかな、と思いました。


そして

「いいこってどんなこ?」


「だいじょうぶ だいじょうぶ」

などという作品も子供にそうするようにやさしく、読んで下さいました。
またじんわりと涙がでてきてしまいました。

***
子供を産んで数年間、この子に対して私はいままで何を伝えて来たのだろう?

絵本を子供と読む時間を共有する。
「忙しい!」「時間がないよ!」「早くして!」
がつい口癖のようになっている私。
絵本を読む時間くらいは確保しなくちゃなー、と反省し、家に帰ってアセって子供を膝の上にのせてみるのでした。

***

ジャンバラヤ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読み聞かせが育む力:サンタクロースを信じる心

先日、保育園の保護者会主催で山崎翠さんの講演会が行なわれました。

山崎先生は、絵本の読み聞かせについての

子育てに絵本を—若いおかあさん、保母さんへのメッセージ
続・子育てに絵本を—「いのち・ことば・へいわ」
おかあさんデザートに本読んでー三たび子育てに絵本をー

等の著書があります。

講演会というものに今までほとんど参加した事がなく、また恥ずかしながら山崎先生についてなんの知識もなかった私。
「とってもいいから!」と勧められ、何の気なしに参加しました。

保育園に登場した山崎先生は、白髪のとても素敵な女性。
講演を始める前に、「もっと皆さん前の方に椅子をよせて!」と私達をまるで子供達に読み聞かせをするかの様に自分の前に集めました。

***

※4日もかけてこのエントリーをまとめようとしているのですが、伝えたい事が多すぎてさっぱりまとまりません(涙)
 なので、2回に分けてかきたいと思います。

***

先日のエントリーにも予告をちら、と書いたのですが、季節柄、クリスマスに触れたお話しがあり、

「サンタクロースってほんとにいるの?」
「サンタクロースっているんでしょうか?」
を紹介して下さいました。

サンタクロースを信じる心とは、
大切なものは目に見えない、そんな見えないものを信じる心。

そして私達に読み聞かせをして下さったのが
「ミシュカ」
という絵本でした。

とある子供の部屋から逃げ出して、自由になったクマのぬいぐるみ、ミシュカのお話。
自由を得たミシュカは、楽しくトナカイさんのクリスマスプレゼント配りのお手伝い。
そして最後の家についたとき…

…最後のシーンを先生が読むのを聞いた時、自然と涙があふれるのを押さえられなくなっていました。
読んでいた先生の目にも涙が。
「いつもこの最後の部分は泣いてしまうんです」と。

目には見えないけど大切な何か、が描かれている、とても素敵なお話でした。

心の中にサンタクロースが住む部屋を持っている子供は、大人になってサンタがそこからいなくなっても、そこに代わりの「何か」が育つはず。
そういう意味で、クリスマスというのは宗教を超えた大きな意味があるのではないか。と、おっしゃっていました。

サンタクロースの住む心のお部屋、ずーっと育んで行きたいです。

***
上記で紹介した本を取り上げているブログにTBさせて頂きました。
(「ミシュカ」はみつけられませんでした)

はっぴーあきの絵本Blog:サンタクロース2 ★サンタクロースってほんとにいるの?
mikeko’s cafe:『サンタクロースってほんとにいるの?』
サンタクロースって ほんとにいるの?/そらくま日記
サンタクロースっているんでしょうか?:ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]
きら☆きら:「サンタクロースって いるのでしょうか ? 」  訳 : 中村 妙子
Doblog - ♪Citrus Sinensis -

びびび絵本Web:第1回 『びびび絵本』プロジェクト:『クリスマスがきたぞ』
ジャンバラヤ

| | コメント (10) | トラックバック (3)

クリスマスに欲しいもの?

>イイ子にしている人だけ、今年のクリスマスになにが欲しいかこの日記にトラックバックでおしえておくれ。


欲しいものー。
私は物欲のカタマリなのでー。いっぱいあるよー。
大人になると大声ではなんか言えなくなっちゃうねえ。
でもこの際だから言っちゃえ。
新しいコート、シャトルシェフ、ipod、食洗機、Winのノート…。
うううう、やはりかききれない(TT;

なかでもずーっと欲しくて買いそびれているもの、
それはアニエスbのお財布。

お財布って、
「買うと中身なくなるじゃんっ」
って思っちゃってなかなか買えないのです…。とほほ。
余計な無駄遣いはけっこーしてるのにねえ。

…そんな物欲を満たしたい一方(^^;


クリスマスって
「サンタクロースを信じる心」
をくれるための日なのかなって、今日しみじみ思ったのでありました。
その理由についてはじっくりと別エントリーを予定。

*****

日本でただ一人の公認サンタクロース、パラダイス山本さんの
イイ子にしかサンタさんはやってきません!にトラックバックですっ!

※東京パノラママンボボーイズのCD、
 時々聴いてますう(P*^_^*)P"


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばーちゃん、パソコン始める(こうさぎ)

nikkoriの、イル♪
nikkoriは、

もう70を過ぎている母がなんと、ついにパソコンデビュー。
ずいぶん前からnikonikoのやっ

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「nikoniko」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とーちゃん、ダウン

とーちゃんが、ダウン。
激しい胃痛、吐き気、下痢、そして高熱。

半日勤務だった私が帰って来てもうんうんと苦しんでおり、あわてて病院にいきました。

なんと「嘔吐下痢症」とのこと。

思えばここ1週間程、子供の調子がわるく、3日程前の早朝「お腹が痛い」といい、もどしておりました。それがうつったのではないかな。

血液検査及び3時間弱の点滴ののち、薬をもらってかえりました。

普段から酒たばこと不摂生な生活なので、深刻な内臓疾患では?と疑ったりもしましたが、もらった薬も聞き覚えのある名の抗生剤と吐き気止め、そして「ビオフェルミン」だったので、やはりそういう事なのでしょう。ふう。

いやあ、大人でもかかるんですね。その症状たるやなんと恐ろしい事…。そういやあ、春に私も突然の吐き気で寝込んだ事が…。あれもそうだったのか…。

と、考えだすと、なーんとなく、私も胸のあたりがムカムカするような…。気のせいだとよいが…。でもどうせかかるなら土日の方が…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンタのお手伝い★☆★

子供が生まれてから、毎年11月ぐらいになってくると、そわそわ。
クリスマスのイルミネーション。

今年もいい加減、そろそろ始めなくては。
それは、サンタクロース氏のお手伝い。

幼児雑誌の広告。
新聞に入ってくる巨大おもちゃやの分厚い広告。

「今年はサンタさんからのプレゼント、何をお願いするの??」

我が家では好きなおもちゃがやってくるのは誕生日とクリスマスだけ。
5才にもなると慣れたもんで、
広告にどんどんマルをつけてくれる(^_^)/

「そんなにマルつけたって、サンタさんは1個しかくれないよ」

「これは6才の誕生日、これは6才のクリスマス、これは7才の誕生日!」

…って予約かい(^^;
すぐ気が変わるに決まっているのに。

去年は直前で気が変わって、あわてたなあー。
ネットで注文した後だったから(汗)

どれが一番欲しいの?
サンタさん、わかんないよ。

スポンサーはじーじ、ばーば。
普段、
「おもちゃをむやみやたらと買い与えないよう令」
が発令されているので、買いたくて買いたくてうずうずしているよう。

でも、プレゼントはあくまでも
「サンタさんから」!!
じじばばは、決してありがとう、とは言われないのです…。

それとはまた別に、
私も毎年、こっそり勝手にサンタさんのお手伝い。ちいさなディズニーグッズをチョイス。
これ、完璧に私の自己満足(*^_^*)
だからサンタさんからは思いもかけず、2個のプレゼント!!

世の中のサンタさんのお手伝いさん達は、今頃あちらこちらを駆け回っているのでしょうか???
皆様のご家庭ではどうですか〜???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ばーちゃん、パソコン始める

もう70を過ぎている母がなんと、ついにパソコンデビュー。

ずいぶん前から私のやっているパソコンに興味を持っていたが、本当に買ってしまうとは!

こんなに近くにパソコンに詳しい娘がいると言うのに、彼女は、私に教えてくれ、とは言わない。
喧嘩になるのが分かっているからだ。それに私も教えるのは得意ではない。特に身内には(笑)

そんな訳で、私がバレエだなんだとばたばたしているうちに、パソコン教室の先生をやっているという知人の言いなりにDELLのノートパソコンを買い、そしてもちろんそこのパソコン教室に通っている。

初心者にDELLとは!あんまりオススメしないなあ…。パソコン教室ってなにやるの?え?ビデオ見てるだけ?それなに??
と、いちいち私がいちゃもんをつけると、
「いいの、あんたなんか、なーんにも教えてくれないんだからっ」

そんな私は、母にこう言っている。
「『何が分からないか』が分かったら、教えてあげるよっ」
ったく、人が何か説明しようとすると、急にふーん、さっぱりわかんないわよ、と、上の空になり壁を作るくせにっ

そういえば先日こんな電話が。
「インターネットの接続のときにモデムとIDとパスワードを準備しておけっていわれたけど、それってどれのこと??」

「IDとパスワードはモノじゃないよ。ハガキかなんかに書いてあるから、それ確認して。」

ってさ。あーもう、最初からこれだもの。絶対教え始めたらイライラして喧嘩になるな。

私がパソコンを始めた頃なんて、今よりもずっと難しかったのに、誰も教えてくれなかったのよっ(涙)お金はらって教えてもらおうっつーのがキョービの常識?

母よ、「ぺいんとの使い方」なんてビデオで習ってる場合じゃないぞよ。
とにかく、まずは年賀状でもいきなり作ってみなされ。
パソコンだって英語と同じでツールでしかないのだから。使ってナンボなのよ。

…やれやれ。年内に年賀状作成教室は昼ゴチでやりますかね。


| | コメント (4) | トラックバック (1)

60分車検に行く。

…車検というのは、ほんと、めんどくさい。

大抵、早めの時期から気をつけていても、
あっという間にその時期が迫ってくる。

お金もかかるしー。
ほとんど街乗りしかしてないし、別にそんな悪くなってないわよ。
でも通勤で毎日乗ってるし、土日だって買い物に出たい。
いつ預けるかあー?
と、思うと、ますます面倒。

今までは勤め先の会社のコネでなんとか知り合いに格安でやってもらってた。
が、今回はそんなコネもなく。
まーた調べて調べて調べ倒そうか。

折もよく、折り込みチラシに入っていた、60分車検。
家からも近い。それにキャンペーン中らしい。
電話してみると、別に陸運局まで車をもちこむ、と言う事もないらしい。
なかなか応対の感じもいい。
ISOも取得しているのでいいかなー、
って予約して行って来た。

受付をすませ、待ち合い室で待つ。
飲物は各種飲み放題、雑誌とテレビ。

ほどなく、立ち会い、というのがあった。
車を背の高さくらいまで持ち上げて、ここはどういうしくみで、どのくらい消耗しているかと言うような事を白髪の年輩の整備士の方がゆっくり丁寧に説明してくれた。
こんなにじっくり車の仕組みを見たのは初めてかも。へえー、こうなってるんだあ。
そこで追加の部品や整備の説明も受ける。
ここまでが、約30分。

再び待ち合い室で待つ。
アンケート等も書く。
TVをみつつ、雑誌をくりつつ、ココアを飲む。
雑誌がねー、女性向けが10月頃の「non-no」しかなかったのよ。事務所の女の子のお下がりか。
私みたいな30代かーちゃん系は来ないのか?? まあ、最近なかなか読む機会がないのでそれもまたいいか。
「プチオバ」特集なるものを読み、大ウケ。なんだ、全部当てはまるわ、これ(汗)
そりゃ、そうだ。ホンモノの「オバ」ですからっ(爆)

…なんてしていると、ご精算。そして終了。
私の場合、別途で洗車と室内クリーニングも頼んでいたのでちょっと時間かかるかなーと思っていましたが、ここまでできっちり60分。
仮車検証をフロントに張り、あとは書類が郵送されるそうです。
キャンペーンということで、なぜかお米も頂きました(笑)

以外にあっという間でした。美容院行くより簡単かな。
1回目の車検だったからそんなに直す所もなかったし。
時間のない人にはいいかもしれません。

ホリデー車検

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かーちゃん的働き方の種類 その1.正社員編(こうさぎ)

きょう、nikkoriがサイトにサプリメントするはずだったみたい。
nikkoriは、

家事/育児をしていたお母さんたちが仕事をにあたり、働き方にもいろいろありますね。

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「nikoniko」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »