« クリスマスに欲しいもの? | トップページ | 続:読み聞かせが育む力-心を言葉で届けるちから »

読み聞かせが育む力:サンタクロースを信じる心

先日、保育園の保護者会主催で山崎翠さんの講演会が行なわれました。

山崎先生は、絵本の読み聞かせについての

子育てに絵本を—若いおかあさん、保母さんへのメッセージ
続・子育てに絵本を—「いのち・ことば・へいわ」
おかあさんデザートに本読んでー三たび子育てに絵本をー

等の著書があります。

講演会というものに今までほとんど参加した事がなく、また恥ずかしながら山崎先生についてなんの知識もなかった私。
「とってもいいから!」と勧められ、何の気なしに参加しました。

保育園に登場した山崎先生は、白髪のとても素敵な女性。
講演を始める前に、「もっと皆さん前の方に椅子をよせて!」と私達をまるで子供達に読み聞かせをするかの様に自分の前に集めました。

***

※4日もかけてこのエントリーをまとめようとしているのですが、伝えたい事が多すぎてさっぱりまとまりません(涙)
 なので、2回に分けてかきたいと思います。

***

先日のエントリーにも予告をちら、と書いたのですが、季節柄、クリスマスに触れたお話しがあり、

「サンタクロースってほんとにいるの?」
「サンタクロースっているんでしょうか?」
を紹介して下さいました。

サンタクロースを信じる心とは、
大切なものは目に見えない、そんな見えないものを信じる心。

そして私達に読み聞かせをして下さったのが
「ミシュカ」
という絵本でした。

とある子供の部屋から逃げ出して、自由になったクマのぬいぐるみ、ミシュカのお話。
自由を得たミシュカは、楽しくトナカイさんのクリスマスプレゼント配りのお手伝い。
そして最後の家についたとき…

…最後のシーンを先生が読むのを聞いた時、自然と涙があふれるのを押さえられなくなっていました。
読んでいた先生の目にも涙が。
「いつもこの最後の部分は泣いてしまうんです」と。

目には見えないけど大切な何か、が描かれている、とても素敵なお話でした。

心の中にサンタクロースが住む部屋を持っている子供は、大人になってサンタがそこからいなくなっても、そこに代わりの「何か」が育つはず。
そういう意味で、クリスマスというのは宗教を超えた大きな意味があるのではないか。と、おっしゃっていました。

サンタクロースの住む心のお部屋、ずーっと育んで行きたいです。

***
上記で紹介した本を取り上げているブログにTBさせて頂きました。
(「ミシュカ」はみつけられませんでした)

はっぴーあきの絵本Blog:サンタクロース2 ★サンタクロースってほんとにいるの?
mikeko’s cafe:『サンタクロースってほんとにいるの?』
サンタクロースって ほんとにいるの?/そらくま日記
サンタクロースっているんでしょうか?:ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp]
きら☆きら:「サンタクロースって いるのでしょうか ? 」  訳 : 中村 妙子
Doblog - ♪Citrus Sinensis -

びびび絵本Web:第1回 『びびび絵本』プロジェクト:『クリスマスがきたぞ』
ジャンバラヤ

|

« クリスマスに欲しいもの? | トップページ | 続:読み聞かせが育む力-心を言葉で届けるちから »

「子供はどうする?ー育児・保育」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!cocoと申します。読み聞かせについて書いたのでTBさせていただきました。

早速今晩読み聞かせてみましたが続くかどうか・・・

投稿: coco | 2004/12/14 23:36

でりささん
ご無沙汰しておりましたーっ!^^ゞ

>大切なものは目に見えない、そんな見えないものを信じる心。
この言葉に私は、サン=テグジュペリの「星の王子さま」の中の一節を思い出しました。
著者がこれを、第二次世界大戦の最中に書いたという事実が更に感動を呼びます。

でりささんも、きっと仕事と子育てにお忙しい毎日を送っていらっしゃる事と思いますが、そんな中にあって、心が癒される良い講演会に参加できて本当によかったですねー。:-)

投稿: fumi_o | 2004/12/15 11:20

>cocoさん、
いらっしゃいませ。
また続きをかくつもりですが、読み聞かせって本当に子供によいそうですよ。
親子ともども楽しみましょう!

>fumi_oさん、
す、するどい…(@o@)/
「星の王子様」、大好きです。
とくにそのキツネの一節は、冒頭のウワバミの絵とともに年賀状に書く程です(^^;(確か巳年のとき…)
わがままな花を思う王子様とか、なんとも奥が深いお話ですよね。おー、また読み直してみたくなってきたっ

講演会に参加する機会を与えてくれた保育園に感謝、です。

投稿: でりさ | 2004/12/15 21:38

どうも、はじめまして。
『びびび絵本』プロジェクトへのご参加ありがとうございます。
たくさんクリスマスの絵本が紹介されていますね!
それ以上に、体験談(?)も加わって、とても興味深く読ませていただきました。
これから、どうぞよろしくお願いします。

投稿: しゅんてゅけ | 2004/12/15 22:55

はじめまして こんにちわ~!
トラックバックありがとうございました。
『サンタクロースってほんとにいるの?』は
随分と昔に子供にせがまれて買った物なのですが
この時期になると、必ず思い出します。
夢がありますね!

『ミシュカ』も、とても興味深いです。
是非 読んでみたいです。

また、お邪魔させて頂きます~!

投稿: 未知 | 2004/12/16 16:38

> しゅんてゅけさん、
ご訪問頂き、ありがとうございます。
微妙に主旨とは違うのかな?と思いつつも、
トラックバックさせて頂きましたm(_ _)m
素敵な絵本が沢山紹介されていますね♪
これからもぜひぜひ参考にさせて頂きます。

>未知さん、
こちらこそ、はじめまして(^_^)
内容を自分で紹介するより、書かれている方のエントリーを読んで頂いた方が伝わるかな…と思い、TBさせて頂きました。
子供の心にはきっと今でも住んでいますよ、サンタクロース♪
これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: でりさ | 2004/12/16 18:51

こんにちは。
トラック・バック
ありがとうございました。

クリスマス絵本。

絵本ってイベントごとに
かぎらず
とっても
ステキですよね〜。

ふふふ。
でも、クリスマス絵本って
ゆめがあるかな〜。

投稿: きら | 2004/12/17 08:53

>きらさん、
いらっしゃいませ。

クリスマスの絵本ってこの時期しか読まないかもしれないけれど、毎年思い出しますよね。
季節を感じるにはすごくいいかな、って思いました。

これからもどうぞよろしくお願いします♪

投稿: でりさ | 2004/12/17 21:38

はじめまして。
コメント、トラックバックどうもありがとうございます。
てりささんのトラバについての記載、
私のトラバによって書かれたものかしら、と。
あまりトラバについてよく理解しておらず
トラックバックを飛ばしてしまいまして
ご迷惑であったら申し訳ありません。

山崎先生の講演を聴いたのは3回目でしたが
毎回毎回新たに心がふえる感じがします。
小4の長男さえ、未だ私の膝で絵本を読んでもらいたがります。
卒業の時期は子どもが決めるそうです。
絵本を子どもに読んであげられる平和な空間があることを
大変幸せに感じます。

投稿: ほろん | 2005/05/22 04:09

>ほろんさん、
トラックバック大歓迎です!大変嬉しく思いました。
山崎先生の講演、3回も聴かれたのですね。いいなあ。
私も機会があれば是非また聴きたいです。先生の姿勢、口調、声のトーン、本当に心に響きました。
そういえば、また最近絵本を読む機会が減ってきたなあ…。ほろんさんのエントリを機会にまた意識してみなくちゃ、です。
ありがとうございました♪

投稿: でりさ | 2005/05/22 08:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39554/2269754

この記事へのトラックバック一覧です: 読み聞かせが育む力:サンタクロースを信じる心:

» 困った母さん [ほっぺにチュウ]
ウチの娘は来春から幼稚園の年中組に入園する。で、今 週イチのクラブに通っているん [続きを読む]

受信: 2004/12/14 23:33

» 第1回 『びびび絵本』プロジェクト:『クリスマスがきたぞ』 [びびび絵本Web]
えー、それでは、『びびび絵本』プロジェクトをはじめたいと思います。 第1回目の今回は、季節柄、『クリスマスがきたぞ』というテーマです。 というわけで... [続きを読む]

受信: 2004/12/15 22:58

» 子育てに絵本を [◆◆ am3:30 start ◆◆]
保育園の育児講座で 山崎翠先生の講演会が開かれた。 演題は『子育てに絵本を〜 我が子を言葉で抱きしめたい〜』 以前にも山崎先生の講演を聴いたのだが 大変エネルギッシュな口上に圧倒されつつ 元気をたくさんいただけた。 上品なスーツに身を包んだ先生が いざス.... [続きを読む]

受信: 2005/05/21 02:27

« クリスマスに欲しいもの? | トップページ | 続:読み聞かせが育む力-心を言葉で届けるちから »