« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

桜の季節の曲といえば…

もうすぐお花見の季節です。
みなさんの桜の季節の曲といえばなんでしょうか。

森山直太朗の「さくら」
河口恭吾の 「桜」
福山雅治の「桜坂」
aikoの「桜の時」
松たか子の「サクラ・フワリ」
坂本冬実の「夜桜お七」
宇多田ヒカルの「SAKURAドロップス」
中島美嘉の「桜色舞うころ」
ケツメイシの「さくら」
……
ああ、ちょっと調べてみてもいっぱいいっぱいありますねえ。

でも、私にとってのこの季節の曲は絶対コレ。

サディスティック・ミカ・バンド 「お花見ブギ」

お掃除時のCDは、
ベスト・オブ・サディスティック・ミカ・バンド

で、決まり!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

風邪ひきました。(BlogPet)

きょう、blogされたみたい…


*このエントリは、BlogPetの「nikoniko」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女性写真家 Annie Leibovitz/アニー・リーボビッツ

annie0326遥か昔、10年程前の事。
写真展やギャラリーなどをあちこちまわるのが好きだった時期があった。
そのきっかけになったのが、シカゴに行ったときに偶然やっていたAnnie Leibovitz の写真展だった。

展示されている写真には、私でも知っている超有名人、スーパースターが続々と写っている。

Annie Leibovitzサンは、アメリカでは有名なポートレイト写真家らしい。
なかでも特に有名なのは、オノ・ヨーコにジョン・レノンが裸でしがみついている写真。
その写真を撮影した数時間後に彼は射殺されたと言う。

他に印象に残ったのは、ベットミドラー、ブルース・ブラザーズ、ウーピー・ゴールドバーグの写真など。(本当に超有名人でしょ)

うまく説明できないけれど、その人の特徴をうまく引き出している、っていうか、とてもキャッチーな感じっていうか、アメリカっぽいっていうか…。
普通にかっちょいいー。

ミーハー過ぎて嫌い、という人もいるかもしれないが、「○▲展」ビギナーの私にはとても分かりやすくドツボにはまり、その後も滞在中に数回見に行ったくらいだ。

それから暫くして日本でも写真展が開催され、もちろん行った。
オリンピック限定モデルのスウォッチも買ったっけ。

***

あれから10年、今や写真展やギャラリーなんて、すっかり足が遠のいてしまっている。
でも彼女のものを始め、数冊の分厚ーい(重い…)展覧会の作品集や写真集が今でも本棚にどどんとおさまっている。
やっぱりこういうものは独身時代に時間とお金を費やしてでも行っておいてよかったよ(笑)

昨日、何気なく日本の写真展で買った彼女の写真集を久々に本棚から手にとった。
やっぱり写真の中のスーパースター達は、10年経ってもスーパースターだ。

この10年間はどんな活動をしているのだろう。
今でもスーパースターを撮り続けているのかなあ、と気になってググってみたものの、よくわからなかった。

写真に詳しい方、英語が堪能な方、知っていたらぜひとも最近の彼女の活動を教えて下さい(笑)

Annie Leibovitz
アート・フォト・サイト:アニー・リーボビッツ(Annie Leibovitz)プロフィール

| | コメント (2) | トラックバック (0)

風邪ひきました。

花粉症で粘膜がやられていたためか、とうとう熱がでました。

鼻詰まりが120%で、布団の中で横をむこうが上をむこうが、全く通らないのでマスクをしてくちではあはあ息をしながら早い時間から寝ました。
今回は食欲はあり、頭痛もなく、熱で寒気がずーっとしている、ってパターンでした。
なんとか2日で熱は下がり、もう大丈夫です。

具合が悪いのって、やはり毎年この時期です。
12月あたりはわりと平気。
2月後半の花粉症から始まり、花粉症かなー風邪かなーといいながら3、4、5月。
咳が出るときは6月位まで残ります。

昨年も同時期に具合が悪かったです。
そのときはなんだか気持ちが悪くなり、勤務中にトイレに駆け込んではげーげー(失礼)、ついに「もう、無理」といって早退したのを覚えています。

数年前の同時期は、夜中に体が痛くなり、ぼつぼつがでた後、それはもう飛び上がるくらい喉が痛くなり、声もでず、子供のお絵書きボードでコミュニケーションをとり、痛み止めが効いている間にウィダーインゼリーをながしこみ、点滴で数日間を過ごしました。あのときが一番ひどかったかな。

今年は軽かったので、もうヒトナミあるかもしれません。自分のタメに記録を残しておきます。
ほらーもう若くないしね〜(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年はだめだ…

去年まではなんとなーく症状がでて、なんとなーく乗り切ってたけど、やっぱりひどい、今年の花粉。

なんといっても目がかゆーい。
かゆくてかゆくて腫れ上がって来て、その上涙とも違う変な汁がどんどん出て来ます(TT)
目薬やアイ○ンもするけど、効果なし。
コンタクトもおやすみです。

目玉をとりだして流水であらって、
まぶたも裏返してごしごしこすって干しておきたい気分です。

喉もイターイ。鼻も詰まる。耳の奥も痒いったら。
ああ。どうにもならない。

市販薬も飲んでるんだけどだんだん効かなくなってきました。
いつまで続くんだろー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブラックデー。

今日はホワイトデー。
2月14日、バレンタインデーのお返しをする日。
幸せな1日を過ごした方も多いのでしょうか?

先日車の中で聞いていたラジオで、
韓国では、4月14日に「ブラックデー」
というのがある、と言うのを小耳にはさんだ。

その日は「恋人のいない人たちの為の日」

>ブラックデーには、黒い服を着て、黒いチャジャンミョンを食べる。

だそうだ。

他にも毎月14日には、「●●の日」と必ずなにかあるらしい。

韓国ブームもまだまだ続きそうな今年は、日本にも上陸するのでは??

Konest.com>韓国ソウル>ブラックデー(Black Day−ジャージャー麺の日)

※幸せな貴方達の為の4月14日はオレンジデーというんだって! 
 はっ、もしかしてトリビアとかで、もう取り上げられてた??(なんかやってそう…)

→ホワイトデーの起源?についてはfumi_oさんの@HOME : ホワイトデーにて

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「ちびくろ・さんぼ」って知ってる?

と、子供に聞かれた。
保育園の絵本好きの保育士さんが家から持って来て紹介したらしい。

「知ってるよ!
 あのトラがバターになるやつでしょっ」

と私。

子供の頃、絵本を読んだ記憶があまりない私ですら、覚えている数少ない絵本の一つだ。
諸事情により数年前から絶版になっていたのが今度復刊するそうですね。

人種差別の問題となるとずんと重く奥が深い(そうなると子供が大好きな「シナの五にんきょうだい」はどうなるのか、とか)が、作品としてとても面白かった記憶がある。

トラが木の周りをぐるぐるまわってバターになってそのバターでホットケーキいっぱい焼いて、食べるんだっけ。あとはどんなお話しだったっけ。
ああ、また読みたいなあ。

そんなやりとりがあった数日後の終業時、なんと同じ質問を会社の上司からされた。

「知ってますよ!
 あのトラがバターになるやつでしょっ 
 今度復刊するんですよねっ」

と、私。

でもなんで急にそんな事私に聞くの??

「いやーこの話をみんなにしても、どうやらある一定以上の年令じゃないと分かんないらしいんだよねー、 それだけなんだけど。」

…それって…どういうことですかいっp(@_@)q

 知ってますよっ
 あのトラがバターになるやつですよっ

ちびくろさんぼのおはなし
ちびくろ・さんぼ 販売ページ


| | コメント (3) | トラックバック (2)

にわかナショナリズム(BlogPet)

きょうヨで、仕事されたみたい…


*このエントリは、BlogPetの「nikoniko」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビーズでバレリーナ

先日、バザーで買った手作りのストラップ。
子どもがあんまり欲しがるので、みよう見まね、有り合わせの材料で作ってみました
ブルーがお手本、ピンクが作ったものです。
ほとんど作った事ないもんで、なんだかんだで1日がかり(-_-;)
なにやってんだか(^_^;)

050305_213601.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やったー!認可保育園に入所が決まった!〜かーちゃん的保育園の探し方:12

最近ウダウダしたネガティブなエントリばかりしていたので、滞っていたこちらの続きを仕上げつつ、気を引き締めようと思います。

前回までの様子は こちらからどうぞ。

 ***
前回は、確か認可保育園の入所通知が来た所まででした。
そんなわけで、5月からはメデタク(?!)認可保育園に入所しました。

公立の保育園はみんな元気一杯!
先生も元気一杯!慣れたものです。
いままでの蓄積や経験によるノウハウをいかした保育は不安も特になく、さすが、と言う感じです。
子供の数は断然多かったけど、いろいろな作品を作ったり、夕涼み会、運動会、お楽しみ会なども親の負担はほとんど無く、楽しく参加させて頂きました。

子供自身は周りになれるのも割合早かったと思います。
しかし、子供が大勢いる保育園、うまく先生に伝えられずにオモラシをしてしまったり、お弁当→給食になったことで食べられないものが沢山あることがわかり、(お弁当のときは食べてくれるものばかり入れてましたから(汗;)食べられないーと突然爆発して先生を困らせたりすることもあったようでした。

そういうことは、先生との面談できちんと伝えて頂きました。
数カ月もすると、食べられなかったきゅうりやトマトも食べられるようになり…(嬉)
大勢の中でみんながおいしそうに食べていると、食べられるようになるもんですね。

保育料もグンと下がりましたよ!前年は主人が仕事を辞めて求職中で、収入がうんと少なかったもので…。毎月払う保育料のこと、本当に助かりました。

しかあし…これでは終わりません、園探し…
まだつづく。(次回は転園編:いつ更新なのかっ!?)

------------------------------------------




→育児中・・・(仮):幼稚園・保育園・学校選び
→保育園児mama:TBP
→えんじ ぴーぽー:TBP
→働くママ:TBP


------------------------------------------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ああ、罪悪感。

本日雪のため、仕事をお休みしちゃいました。
・車で通勤しているので、この路面では運転の自信がない。
・チェーンももってない。
・勤務先は坂もあり、とーっても田舎。

いや、電車でも行けないわけではないんですが、

・子供がインフルエンザで火曜から休んでいる。(保育園へはまだ行けない)
・いつも預かってもらっているおばあちゃんずの家へは車でないと行きづらい。(車だと勤務先へも近いのですが)
・そのおばあちゃん(ばーちゃん)が保育疲れか、昨夜から発熱してしまった。(ホント、すみません…預かってとはいえない…。。)

いや、それでも電車でばーばの家まで行けないわけでもないのですが、

・ばーばの家は駅から徒歩25分。(…。)
・駅から勤務先へは諸事情ですごい遠回り…。(駅から勤務先はタクシーですし)

そして

・今日は午前中勤務の日。(行ってもまた帰るときに大変?)
・難しい案件は今の所抱えてない。(一応今週の仕事はひとくぎりしてる)

ということで…イイワケイイワケ(汗;

ああ、これ書いている今も、
タクシー使ってでも、おそるおそる車出してでも子供預けて行けばよかったかなあ、なんて思ってしまう。(思ってるなら行けばあ?ってかんじですよねえ)

実際、職場に来られている人はいるからねえ。
雪で行けませんなんて、仕事をしている以上、甘い、よねえ。
あーあ。これだから。子供いるって言うと。つらいところです。
罪悪感の重圧で、休んだ気がしていません。

せめて、今までできなかった部屋の掃除をして、
子供とまったりしたいと思います。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »