« 谷川俊太郎と西原理恵子のコラボ! | トップページ | 「いのちってなに?」2 »

「いのちって」なに? 1

ひさびさのエントリーがなんかすごく重いタイトルですが、とにかくここのところずーっとそんな事を考えていた。
別に答えや主張があるわけじゃないし、ものすごくナーバスなテーマなので、書こうかどうしようか考えていたけど、これを書いてみないと先へ進めないような気がしたので、一度はエントリーしてみようと思う。(あとで削除するかも)

 ***

地震や津波で亡くなった方、そして電車や空等の事故で亡くなった方、自分で命を絶ってしまった芸能人、子供の誘拐殺人など、さまざまなニュースを目にする度に、ずーっと思っていました。

「いのちっていったいなんなんだろう」と。

一方で、そんな災いの中でも一命を取り留める人や、病気で倒れてたとえ体に不自由が生じたとしても、いのちを救われ生きている人もたくさんいる。

天災ならば仕方ないけど人災ならば許せないかもとか、こちらのニュースでは「死者●●●人」わあ多い、とか、「日本人の死傷者はいませんでした」(イエモンの歌詞にもありましたね)とか、ってなんなんだろう。

ひとりひとりの事をみれば、それぞれに家族がいて、友達がいて、同じだけ悲しくて、でもその人はもう目の前にいなくって…。

「もし、自分や自分の家族や知人が天災や事故でいのちをおとしたら、それはもう『運命』だと思うしかないよねえ」

と私の母はいう。
そうかもしれないし、そうではないのかもしれない。
わからない。

…→その2へつづく

|

« 谷川俊太郎と西原理恵子のコラボ! | トップページ | 「いのちってなに?」2 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39554/4109472

この記事へのトラックバック一覧です: 「いのちって」なに? 1:

« 谷川俊太郎と西原理恵子のコラボ! | トップページ | 「いのちってなに?」2 »