« 「いのちってなに?」2 | トップページ | 私の誕生日… »

「いのち」ってなに? 3

ありゃ、続きもので書いてるつもりなのに
タイトルがばらばらだあ(^^;

 ***
明日は子供の6回目の誕生日だ。
毎年「お誕生日おめでとう」ってプレゼントで子供をお祝いするけど、
子供の誕生日は
「私が子供を産んだ日」でもある。

子供の誕生日は、親になる最初の日。

私の場合は3日間微弱な陣痛が続き、6年前の今日はへろへろで一晩中5分置きの陣痛で苦しんだ挙げ句自然分娩には至らず、翌日帝王切開で出産した。

あのとき産んだんだなあ。
生まれてきたんだなあ。って思う日。

10ヶ月間、妊娠中の体の変化や心の変化に驚きながら、6年前の明日、新しいいのちがひとつ、自分のところにやってきた。

生まれてきた人には誰だって親がいて、自分を産んだ日がある。

それぞれが、それぞれのかけがえのないいのち。
どれが重くって、どれが軽いってことは、絶対にない。

天災、人災、病気。
なにが自分や自分の周りに起こっても不思議じゃない。
産んでくれた親のためにも、子供のためにも、自分のためにも、少なくとも自分は、一生懸命生きなくっちゃきっと後悔するよなあ。

 ***
と、ここんところ、そんなことをぐるぐるぐるぐる考えてた。
明日以降は普通のエントリーができるかな。


|

« 「いのちってなに?」2 | トップページ | 私の誕生日… »

「子供はどうする?ー育児・保育」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も長男の時は、24時間中陣痛(そのうち20時間くらいは確か3分おきくらいの陣痛)で、それでも産めなくて緊急帝王切開になったっけ。あの時は私も本当にこのまんま自分が死んじゃうんじゃないかと思ったくらい。人生であの時ほど1秒が長く痛いモノ、そして、終わりがいつくるのか?だったことはなかったかんじです。

私も、長男の誕生日が来る度に、がんばったなぁ〜ジブン☆といつも思います。

なんとか天災・人災・病気に巻き込まれず、自分も子供も失いたくないと、最近のニュースを見ているとヒシヒシ感じる最近です。

投稿: うっし〜 | 2005/05/30 17:50

>うっしーさん、
おお、私と状況が似ていますね(^^)
6年も経つと若干薄れがちなのですが、
それでも子供の誕生日の度に思い出します。

ホント、自分が注意してるだけでは守りきれない
このご時世、普通に生活していられることが幸せなんですね。
一生懸命生きなくてはっ

投稿: でりさ | 2005/05/30 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39554/4127959

この記事へのトラックバック一覧です: 「いのち」ってなに? 3:

« 「いのちってなに?」2 | トップページ | 私の誕生日… »