« 斎藤一人さんの講演会レポート その1 | トップページ | 喉が痛い〜 »

斎藤一人さんの講演会レポート その2

斎藤一人さんの講演会レポート その1の続きです。

斎藤一人さんの
「ポジティブシンキングのすすめ」のどこが特徴的なのか。
(※注:もちろん私の主観ですよ)

心の中ではそう思っていなくても、ともかく口に、言葉にだせばいい」

と言うところが、私には新鮮に感じました。

「悪い事を考えてもしょうがない、前向きに!」
「感謝しましょう」「許しましょう」
みんないいます。
わかっているんです。それが出来りゃー、やってますって。

でも落ち込みそうなとき、とりあえず言葉だけでも「ついてるついてるー」とか呪文のように唱えるだけなら、出来るような気がしませんか?

例えば、
すっごい嫌いなやつがいる。
腹の中ではむかむかしている。
嫌いなパワーを相手にぶつけたところで、どーなるわけではないことはわかっている。

だから口に出して、(面とむかってじゃなくても)

「○○さんが大好きです。○○さんには感謝しています。○○さんを許します」

と、あえて言ってみるのです。

これ、やってみたけど結構難しいです(^^;
「口が裂けても…」ってかんじで、歯を食いしばりながら言っちゃいます(笑)
心と言葉は繋がっているのがよくわかります。
言葉をポジティブに意識しているだけでも、心が後からそちらへついて行くかもしれません。

また、言葉について弟子の方の講演の中でこんな例もありました。

うどん屋さんで、
心で「鍋焼きうどんが食べたい」と思っていても、
あえて「カレーうどん」を頼んで下さい。
何が出て来ましたか?
「カレーうどん」でしょ。
相手に伝わるのは、心の中じゃなくって、発した言葉の方です。

だから、心がネガティブであれなんであれ、言葉はポジティブな方がいい。

なんかーそんなことやってるとー2枚舌になってしまいそうな気もしますが…

でも
「まわりがいい気分になればー自分もいい気分になるでしょう?」
ってことだそうです。

考え方をポジティブに変えようと思うと難しいので、落ち込んだときにはともかくポジティブな言葉を呪文のように唱える事から始めてみたいと思います。

***

講演終了後は、
寿司をばーちゃんにおごってもらい(昼のお礼だそうです)

「お昼にあんな騒ぎがあって結果うまく収まったのも、斎藤一人さん式に言えば『ついてる』としか言い様がないね」

なんて話をしてました。
ホント、なんだか変な1日でした。



…っと、話はここでおわらない。
家に帰って来てしばらくした23:30。
電話がなった。

私:「はい、もしもし」

女性:「あのー携帯拾ってそこから電話かけているんですが…」

…。

なんと今度は私が携帯電話を駅前で落としてました(汗;

いや、ネタじゃないって(^^;

そっこー近くのコンビニへ受け取りに。
いい人に拾われていてよかったー

ついてるついてるついてるぅ(^O^)V


ツイてる!
斎藤 一人

4047041742
変な人が書いた心が千分の一だけ軽くなる話 斎藤一人 人生が全部うまくいく話 変な人が書いた人生が100倍楽しく笑える話 斎藤一人とみっちゃん先生が行く―ウサギはトラのように生きる必要はないんだよ。 斎藤一人 変な人が書いた驚くほどツイてる話
by G-Tools

|

« 斎藤一人さんの講演会レポート その1 | トップページ | 喉が痛い〜 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
一人さんって人前に現れるもんなんですね。

投稿: tgm | 2005/10/12 01:03

>tgmさん、
マスコミには出られない方のようですが、
近頃はあちらこちらで同様の講演会をされているようですよ。

投稿: でりさ | 2005/10/12 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39554/6206679

この記事へのトラックバック一覧です: 斎藤一人さんの講演会レポート その2:

« 斎藤一人さんの講演会レポート その1 | トップページ | 喉が痛い〜 »