« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

ネットで体調管理・ダイエット

 ハー・ストーリィからのメルマガで知りました。

基礎体温表

ネットで基礎体温がつけられます。
その他にも一日の食生活や、体重、血圧、飲む予定の薬、使ったお金や日記等も記入できます。

一時期、なんとなく体調が悪くて基礎体温をずーっと測っていた事がありますが、ノートにつけるのが面倒でねー(汗

パソコンの前には1日1回は座るのでこれはいいかも、です。

よし、ダイエットに活用するゾ(^^)V

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪でおもったこと。

 子供ってなんであんなに雪が嬉しいんだろう。
 雪が憂鬱になったとき、大人になってしまったのかなあ。
 それって何才の時だったかなあ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

かーちゃん的働き方の種類 その2.パート、アルバイト編

このシリーズはめちゃめちゃ久しぶりです。1年以上空いてるしー(汗
ってか2回目だし、
まだシリーズって言えないよねえ…(^^;

えー、改めて説明しますと、
これから働きたいお母さん達へ、「仕事」について私の主観と経験を書きちらすシリーズです。実践してダメだった、と言う場合でも当方では責任は負いませんのであしからず。

第1回めは→その1.正社員編.
その前は→働きたいなーと思っているお母さん達へ〜
のあたりを読んで下さい。(古いエントリです)

第2回は、パートタイマー、アルバイト編
かーちゃん:出産後の経験ありです

メリット:条件もわりあい短い時間や週2.3日くらいのものからあるので、働きやすい。家から近いところなどもよくチェックしていると結構募集があったりする。職種も、事務・販売など様々なので、希望のものを検討しやすい。

デメリット:残念ながら、時給が社員に比べると低い場合が多いです。特別な技術職を除いては、収入を多く!という場合には限度があるかもしれません。

パートとなると、多種多様にわたるので一概にはなんともいえませんが…
できれば気に入ったひとつの職場で長く働きたいものですよね?
長く働くと、なんと言っても時給がすこしずつでも上がっていくのが嬉しいじゃないですか!
それにパートから始めたとしても、長く働いていればその能力がみとめられて社員になれる可能性だって少なくないと思います。

長く働く為にも、基本的な
扶養控除内で働けるのかどうか、とか、
有給休暇はとれるのかとか、
夏休み・春休みの出勤はどうか
残業手当や雇用保険はどうなっているか
などなど確認した方が良いです。

***

なぜこんな事を強調するかといいますと、私のかつてのパート先が、

残業手当はなし。労災も雇用保険もなし。有給休暇なし。給料明細もなし。源泉徴収もなし。タイムカードの金額+交通費(これは支給された)は自分で計算。(注:経理職ではありません)

でしたので(大汗;

仕事の内容が「自分のやりたかった事」だったのでそこに勤めました。実際、勉強になることも多くて楽しかったのと、まあいろいろな事情もあって、その時はあまりそういう「労働条件的なこと」に関しては何も言わずに働き続けてしまいました。
が、結局は…体調を崩し、精神的にも参って辞めてしまいました。
そのことが辞めた直接の原因ではないのですが、根本的にそういうところが曖昧な職場ではやはり長続きしづらい…じゃないかな、と思います。

続けてみたい業界だっただけに、本当に残念でした。

***

働かせてくれるならいいや、と思わず、まずは気になる事を確認して下さいね。
いくら気に入った職種でも、長続きしませんので。

それから以前にも書きましたが、特にパート/アルバイトは多様なだけに、近さなのか時給なのか、日数なのか、職種なのか、できるだけ自分の条件をしぼって探した方がよいと思います。
あ、直感も大事ですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おでんくん式性格判断

「おでんくん」って知ってますか?

この、おでんくんwebの性格判断が、職場でちょっと話題になっています♪
結構当たってるーって、盛り上がりました。
それに意外と皆、同じ結果にならないんですよねー。

私は、子供が熱心に見ている天才ビットくんで、このアニメ番組が放映されているのを知りました。お正月にスペシャルもやってました。

正直、そんなに可愛いキャラではない…?(汗;
が、なんとも味のあるキャラぞろい。
最初、アンパンマンのパクリ??って思いました(失礼)

これ、「東京タワー」がベストセラーの、リリー・フランキーさんの作品です。

ストーリーは、キャラ同様大人も楽しめるような味わい深いものがあったりします。
あ、って思うような有名人が声優としてクレジットされていますが、あまり違和感ありません。

ちなみに私の結果は…

ちくわくんタイプ
気が弱くて人に相談するのが苦手なあなた。でも周りのお友達はあなたの事を実は「結構イイやつだよな、あいつ」なんて思ってたりするようです。勇気を出して相談してみて!きっとみんな相談にのってくれるよ。

…うーん、もちょっと個性的なキャラがよかった…。でもあたってるカモ…。

リリー・フランキー PRESENTS おでんくん DVD-BOX
リリー・フランキー 本上まなみ 千葉千恵巳
B000BU6A1W

| | コメント (9) | トラックバック (4)

昔のアノ人達と比べちゃう……西遊記

月9の第1話をみましたが、
そりゃあまあ、いちいち比べちゃう事といったら(^^;

西遊記

東京MXテレビ ※ 西遊記

そして音楽もキニナル。

MONKEY MAJIK Official Web Site.

西遊記
ゴダイゴ GODIEGO ミッキー吉野
B00005ELVK

ドリフの西遊記の加藤茶は、確かカトちゃん役だったよね?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ショコラ」

年末年始はTVが退屈なので(といいつつ結構見たけど)毎年DVD(ビデオ)をレンタルしておきます。ちなみに一昨年、昨年とはロードオブザリング1、2、3と2年越しで見ました。いやあ、壮大でした〜。

で、今年はこの映画、ショコラ。
以前、TVでこの映画の紹介をちらっと見た事があったのと、今をときめくジョニーデップが出ているから、という単純な理由で手にとりました(笑)

因習に凝り固まるフランスの小さな村に、不思議な雰囲気を漂わせる女性ヴィアンヌとその幼い娘が現れ、チョコレートの店を開いた。その美味しさに、禁欲を強いられている村人たちは驚き、戸惑いつつも少しずつ心を開いていくのだが…。(Amazon.co.jpより引用)

心がじんわり温かくなるストーリーでした。街の美しさ、そして村人の様子…。対立する人はいるけれど、みんな根はいい人、そんな所も良かったです。
もちろん、数々のチョコレートが美味しそうなのはいうまでもありません(^^)チリ入りのホットチョコレートが飲んでみたくなりますねえ。

どきどきハラハラのサスペンスものやサイコ・ホラーなんかも結構たくさん見たけれど、年齢のせいでしょうか、最近は見終わるとどっと疲れてしまう…。血がドバーっとかもチョトネ…。くだらなくて爽快なヤツは好きですけど。

そんな中、この映画は静かだけれどすうっと心に入ってきた1本でした。お正月にのんびり見るのには最適だったかも。おまけ映像のメイキングをみたらもう1度観たくなりました。
こんな感じの映画がもっと観たいなあ。

この映画の中のジョニーデップは、個性的ではあるけどエキセントリックな役ではなく、フツーに、いやとてもカッコよかったです(笑)

ショコラ DTS特別版
ジュリエット・ビノシュ ジョニー・デップ ジュディ・デンチ
B00005OO4O

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「タイツ博」

10代の頃、誰しもものすごく夢中になったタレントさんやミュージシャンっているのではないでしょうか?
私の場合は、ジャニーズでもチェッカーズでもサザンでもマドンナでもなく

S.E.T=スーパーエキセントリックシアター

でした。(10代にしてはちょっとマニアック…?)

YMOの散開直前のアルバム「SERVICE」に収録されていたのをきっかけに、どんどん夢中になっていきました。そのハマリっぷりといったら…それは長くなるので後日として(^^;
当時はまだ無名だった寺脇康文サン、岸谷五朗サンが若手で活躍しており、とても面白かったのを覚えています。しかし、あれから約20年(キャー!)、年を経るにつれ足が遠のき、公演を見る事もなくなってしまいました。

昨年のこと、ふと思い出しイープラスにSETのキーワードを登録していました。そして先日来た案内が、

「タイツ博」

タイトルにウケタ。
詳細をみると、そこにはカラフルな全身タイツの写真が。もう5年くらいやっているそうです、この企画。なんだかくだらなそうだけど面白そうだなー。

今年の目標に「やりたいことはやる」というのがあり、見たい芝居は見るぞー!(昨年我慢しちゃったので)って密かに企んでいるのですが、いきなり「タイツ博」?ンンン、どうしようかなーっと検討中。もしこのペースで見たいもの見てたら、今年何本みるんだろうか…。

ついでにひさびさにSETで検索してみたら、なんとニフティに公式ページがあるんですねえ。しりませんでした(スミマセン…)。ココログもありました。
SET公式サイト「週刊!! いんたねっとでSET」
タイツマンズ

懐かしさを覚えつつ、昔見た公演のパンフレットとか連休中に引っ張りだしてみてみよっかな(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仕事始めでした。

のんびりなお正月休みも終わり、今日から仕事でした。
とーちゃん(まだ休暇中)子供(保育園をお休み)がグーグー寝てる中をよいしょーと起きだし、出勤しました。

もっとのんびりしていたいなあ、という気持ちと退屈から逃れられるう、という気持ちと半分ずつ。
フクザツなオンナゴコロ(笑)

よくある仕事始めって、着物来て、パンパンってやって早くに終わる、ってイメージなんですが、私の場合普段しない仕事を手伝ったりとかもして、いつもの3倍くらい忙しかったです(泣)

早くも次の3連休が待ち遠しい…(^^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新年の決意。の、ようなもの。

昨年も書いたけど、あまり達成されなかった(汗;

でもせっかく新年なので、書き留めておきたいと思います。

◎ブログについて◎
書きたい事が頭の中にはあるのですが、気合いが入れば入る程、書けなくなってしまうという(^^;
そんなこんなで今年も今のペースで、まったりいきたいと思います。
きっと多くは「日記・つぶやき」ジャンルの内容になるだろうけれど、それとは別に、過去ログになっても誰かが読んで共感してくれるような情報発信ができるといいな。その辺りは「ブログ」と言うより「ホームページ」のコンテンツを構築するような感覚のエントリができたらな、と思います。
あ、デザインリニュ、なんとか達成したい〜(-_-;;

◎自分について◎

・やりたい事は我慢しない…なるべく実現を目指す!
・欲しいものは我慢する
・時間と空間を確保する

一昨年は欲しいものを我慢してて、ストレスがたまってました。
昨年は欲しいものはなるべく我慢せずに買っていたけど、ストレスは減りませんでした。
やりたい事を我慢してるうちに、気づけばやりたい事が無くなって「自分」もどこかへ無くしていました。

今年はやりたいことを、やります。
時間とお金をなんとかして、やりたいです。

以上、
ケツイ。ノ、ヨウナモノ。でした(^^)/~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

やっぱり…救急病院

夕方にのんびりエントリを書いたばかりですが。

子供が、「首がなんか痛いのー」
というので、見てみると首筋が1cm大にボコッと腫れている!
それも扁桃腺の辺りではなくウナジの辺り。
何何?リンパ腺?

こりゃあ心配だ、ということで行って来ました、救急病院。

夜8時なのに、普通の診療時間の様にたくさんの人が待ち合い室にいました。ぐったりした大人。わんわん泣く赤ちゃん。我が子は熱はあるものの、冗談言える程機嫌がいいので、申し訳ない位。
インフルエンザの人とかもいるんだろうな。マスクで完全防備〜。

待つ事数十分。今までの経過と首筋が腫れている事をお医者さんに説明。
と、
「お母さん、喉見て下さい、ほら、真っ白に膿んでます!」
「これは自然経過では治りませんよ。抗生剤飲まないと。そりゃあ熱も下がりません」
「首筋が腫れると言うのはこれだけ喉が白くなっているからです」
「いくら機嫌がよくったって、4日も熱があるんだから、様子見過ぎです」

…と、注意されました…(._. )

子供は熱があるのにお笑い番組をみてはケラケラ笑っていて機嫌はよく、それに救急病院で別の流感をもらってくるのがかえって心配で、ずっと様子を見ていましたがこれはイケマセンでした。
もう少し早く、熱の出始めに行くべきでした。

だけど今日行っておいて良かったです。薬ももらい、これで少しずつ快方に向かう事を願います。

正月早々、病院ネタとなりました…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コニチハ2006

あけましておめでとうございます。

子供の熱が下がらぬままの年明けです。

午前中は、とーちゃんにお家を頼み、私は一人で近所のショッピングセンターの初売りにぶらりと行ってまいりました。
雰囲気に押され、久しぶりに自分用の福袋を買ってしまいました。いつも買うたびに後悔する福袋なのですが、今回はちょっと着てみたかった感じの洋服がコーディネートされていて、なかなかの当たりでした♪

午後は家で甘栗やポテチなどをほおばりながら、ずーっとTVや録りためたビデオを見ています。どれもお笑い番組〜。

なーんか、こんなにのんびりしていていいんだろうかー、というくらいだらだら過ごしています。
普段忙しい忙しいといっているくせに、時間があったらあったで、「なんかしなくちゃいけないのでは…」と罪悪感に近いものが起きる私ってなんか貧乏性…(汗

今日1日くらいはのんびりしたってイイよね!

そんなお正月を迎えた私ですが、本年もどうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »