« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

図書館行く前にアマゾン?【クネゾン】

全国の図書館の蔵書検索とアマゾンのレビュー検索が同時に出来るそうです。

ITmedia News:図書館で借りる前にAmazonレビューで内容チェック

Knecht [クネヒト] - Knezon [クネゾン]

残念ながら、我が家の近くの図書館は対応していませんでした。

でもなかなか面白い試みですよね。
これでアマゾンの売上げが上がるのか、図書館の利用率が増えるのか…。なんだか不思議なコラボだなあ。
利用者にとっては便利なのではないでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

子どものいない夜。

子どもが学童保育のキャンプ(?)へ出かけた。

今夜はとーちゃんとかーちゃんの二人きり。
外で待ち合わせして、食事して、飲んだ。

でもまだまだ、夜は長い。
なんだかやけに静かだ。

ふと、考えた。

「もし子どもがいなかったら、この7年間、二人でどんな暮らしをしていたんだろうか。」

……。

でも、そんな事を考える事が全くなんの意味もなさないという事に気が付いた。

楽しんでるかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DSソフト当選!

060726_230201

丸大食品のキャンペーンで
当たりました(^^)/
先月はハムウインナーいっぱい食べたからなあ…。

早速やったら56才でした(汗


DS Liteが抽選で1名様に当たるキャンペーン中!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

うなぎ ウナギ 鰻屋 ミニ知識

今日は土用丑の日。
あちらこちらから美味しそうな蒲焼きの香りがただよってきます。

私、家紋にも詳しいですが、鰻もちょっと詳しいです。
鰻屋でも2年くらいバイトしていて、毎晩香ばしいあの匂いを髪の毛に漂わせて帰宅していました。20才にして一生分の蒲焼きの匂いを嗅いでしまいました(笑)
そんな訳で鰻屋ウラ事情、じゃないですが…。

・松竹梅/並 上 特上の謎
 あれ、値段違いますけど、質がどうこう、と言うのはなくって単純に鰻の大きさが違うのです。もちろん特上は大きい分、身もふっくらしていて美味しいとは思いますが、本質は変わりません。だからミエを張らず、食べられそうな量のものを頼むのが良いでしょう。(あくまでも私のバイト先の場合ですが)

・ウナギくんの生命力の強さ!?
 鰻をさばくのを見た事がありますが、ウナギくん、活け造りと同じで頭を切り落とされても口をまだぱくぱくしています。ちょっとぎょっとします。
 板サンによりますと、生きているうちは決してそんな事ないのに、切り落とされた頭は噛み付くので注意が必要だそうです。

・鰻屋の「まかない」は…?
 親子丼、生姜焼き、かきあげ天ぷらなどが多かったです。
 うなぎ…出た事ないです…。ただし、「うな重のタレご飯」は食べ放題でした(笑)(これもあくまでも私のバイト先の場合です)

・鰻屋の「丑の日」
 「この日だけはウナギを」って人がこぞって来ますので、そりゃあ、殺人的忙しさでした。特にお昼ね。最近はスーパーでも実演販売しているから、そんなに混まないのかしら。この日にバイトを休んだら超ヒンシュクです。はい。

・スーパー vs 鰻屋のうなぎ
 まかないでは出なかったウナギですが、一度お持ち帰りで焼いてもらった事があります。断然美味しいです。別の食べ物です。人生価値観、変わる位です。
まず皮の柔らかさが違う。びよーってならないです。そして身もふっくら。いくらスーパーで店頭で実演販売していても、これにはかないません。美味しい鰻はおいしいですよー。ちょっと奮発してもウナギ屋サンの蒲焼きを食べたいものです。

…とは言いながら、実はとーちゃんも子どももあんまり鰻が好きではありません。私ももう一生分の匂いを嗅いでおりますので(笑)それほど執着がありません。近所のお魚やサンで小さな蒲焼きを買ってきて、気分だけ楽しみました。それで我が家は充分です。

皆さん、おいしい鰻を食べてこれからの夏を乗り切りましょうね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌って踊って絵を描く子。

終業式も終わり、夏休みが始まった。

初めての通知表、「あゆみ」。
そして小さな賞状、「頑張った賞」。
それらをみると、一学期は

「歌って踊って絵を描いて、創作するコ」

だったようだ。

アーティストに育てるか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由研究に!? もんきりがた らくらくの巻

先日のエントリの流れでネットで見つけ、注文した本が届きました。

紋切り型 らくらくの巻.
(注文はセブンアンドワイにて)

学生の頃、某有名お人形店で「家紋」のお伺いのバイトをしていた私。
そこいらの人よりうーんと家紋に詳しい(今は大分忘れたが)ことは、履歴書の特技欄に書いた位(笑)
その頃の血が騒いだのでしょうか。
即、注文してしまいました。

注文直後、なんと先日いったギャラリーのショップでこのシリーズの現物を発見。注文しているにも関わらず、買いたくなる衝動を押さえるのがタイヘンダッタヨ…。

シリーズというのはこの紋切り型、 花之巻、雪之巻、うさぎの切れる月之巻などがあり、現物をみてしまうと買い占めてしまいたくなります(^▽^)/

今回は子供と楽しもうと考えたため、「らくらくの巻」を注文していました。
こちらですと、カッターを使わずハサミのみで切れるそうです。
いずれも和紙100枚付き。

早速、一つを選んで試してみました。
折り方に注意し、ちょきちょき。
子供はあっという間に切ってしまいました。
ちょっと簡単過ぎたかな??

開いてみると…
おおおー。
簡単に切ったとは思えない、素敵な「紋」が完成!
早速、別に用意した台紙に貼ってみる。
細い部分があるので貼る方が難しい様子。

家紋バイトの頃は特に気にした事がなかったけれど、実に美しい紋様です。自然/植物/様々なものがデザイン化されていて、無駄がない。日本の素晴らしい伝統芸術の一つですね。
それにこのシンメトリーな感じ、万華鏡好きにもたまらないっす(^^*)/

出版元のガジェットブックス(エクスプランテ)さんでは、団扇にしようというプロジェクトが掲載されていました。配置のバランス等を工夫すると、とてもオシャレなものが出来そうです。

…で、子供の気分がノれば、夏休みの「自由研究」に使おうかなあ…ってひそかに画策しております。
なにか作品にしたり、ブックレットっぽくまとめてみたり、家紋の事について調べて横に添えたり。
ね?よくないですか?だめかしら。
高学年だったら、カッターを使ったものに挑戦してみてもイイですね。

でもおそらく子供より大人の方がハマルと思います(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光の魔術師:インゴ・マウラー展

今日は健康診断を受けに新宿へ行きました。
有休も取ったことだし、これはめったにないチャンス!とばかりに新宿界隈のギャラリー・美術館を前もってネット検索。

こちらの 「ポップアート1960’s→2000’s
と迷ったのですが、
サイトの写真を見て興味を持った、
光の魔術師:インゴ・マウラー展
へ行って来ました。

光と影のゆらぎとか、
過去〜現在への照明技術の進化、
照明器具の形そのものの面白さ、
まさに「光の魔術師」!!

恥ずかしながら全く何の知識も持っていなかった私でも、楽しむ事が出来ました。
どうやって電気がきてるんだろう、とかそんなとこまでじっくりじっくり見てしまいました。
中はとても涼しいし(笑)

カンバリ・ライト
 CAMPARI LIGHT 

とか

「ONE FROM THE HEART」

「ONE FROM THE HEART」

なんてとても可愛い♪
上記をはじめ、多くの作品が購入できるというのも素敵ですね。

***

…で、(本来の目的の)検診でわかったことは
10ヶ月で体重が1kg増えてたことと、
血圧が低すぎること(90-60)…orz
うわあああ、マジでやせなくちゃあああああ

しかし、検診後は(それを忘れ去るかのごとく)
タコスを食べ(コロナビール飲みたかった…)、
ボサノバを聞き、
1等3億円の出たという売り場で宝くじを買い(笑)
アートに浸る
という、とても暑かったけど充実した日となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PCで切り絵を楽しむ。

ネット探索でこんなの見つけました。

http://snowflakes.lookandfeel.com/

雪の結晶のような切り絵がバーチャルで楽しめます。
ギャラリーにはシンプルなものから
ものすごく細かく芸術的なものまで
さまざまあって、見るのも楽しい♪

私がつくったのはこれ
Flake001
もう少し細かいのに挑戦してみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音読にオススメの本<1年生>

最近になって学校から毎日、音読の宿題がでます。
「音読カード」に読んだ作品、上手く読めたかなどを記入します。
○ちゃんは、何枚めに突入した、○くんは何回読んできた、など、クラスではみんなこの「音読の宿題」にモエているようす。

読むものは国語の教科書等なんでも良い、という事なのですが、イマドキの教科書はうすっぺらく、何度も読むと言ってもあっという間。ましてや聞いている私が飽きてしまう(笑)
家にある絵本等も試したのですが、毎回最後まで読み切るのもちょっとボリュームがありすぎ。途中で切るのもなんかねえ。ディズニーの絵本もなんとなく違う気がするし。

サラッと読めてかつ、面白いものはないかなあ。
というわけで、図書館へ「音読用の本」を探しにいきました。

そして見つけてきました。
それが、これ。

わらべうた
わらべうた

谷川俊太郎さんの作品です。
ほとんどがひらがなでかかれており、子供も1〜2回の練習で読めます。
言葉も美しいし、響きやリズム、内容の面白さも抜群。
どんどん音読がすすみ、どんどん音読カードが埋まっていきます。
ちなみにうちの子供のお気に入りは

「おならうた」(笑)

「詩」はボリュームも適度でなかなかよいです。他にも数冊詩集を借りてきました。かねこみすずさんの詩集も手にとりましたが、漢字が多く、まだ1年生には早いかなあという印象でした。

小学生の親御サン達、音読にはどんな作品を選んでますか?
おすすめの作品等があったらぜひ教えて下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【あなたも挑戦!】カブトムシ算【脳トレ?!】

ある日、カブトムシが4匹羽化しました。
翌日、オスが2匹
その翌日は3匹(メス1、オス2)と続々羽化しました。
…そのうち、わけが分からなくなりました(^^;;;;

あまりに増えてしまい、ケンカもするので
学校に2匹(オス1、メス1)を持っていきました。

お隣の男の子にオス2、メス1
お向かいの女の子にオス2、メス2
学童の男の子にオス1、メス1
をもらって頂きました。
大切に育ててね、みんな。

他にも欲しいという女の子が1人います。
学童の男の子はもっと欲しいと言っています。

メスが1匹死んでしまい、お墓を作ってあげました。
今日、オス1匹が羽化しました。

現在、我が家にはオス2匹、メス2匹が飼育ケースにいます。
昆虫ゼリーをものすごくよく食べています。

さて、今日までに我が家で羽化したのはオス何匹、メス何匹、全部で何匹でしょうか??

答え:オス  匹、メス  匹、全部で  匹

さてみなさん分かりましたかあ?(笑)

→カブトムシ飼育グッズあれこれ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »