« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

あなたの決意で探る;幼稚園か保育園

そろそろまたこの時期がやってきましたね。
「我が子は幼稚園に行くべきか?保育園に預けるべきか?」
と悩む季節。

これは、
「私は働くべきか?働かざるべきか?
 働くとしてもどの程度、どうやって働くのか??」
の決断を「自分自身」に問うているのと同じ事。

ずいぶん以前にもかきましたが、当の子供に
「幼稚園向き」も「保育園向き」もありません。
園の方針がその子にあうかどうかっていうのはありますが…。

その以前のエントリではこの世の中のシステムを恨み、理想のシステムを描いたに留まって、あまり参考にならなかったかと思います。いま読み返して反省。

さてさて、お母さん達、あなた自身が決めて下さい。ここは子供のためにも親の都合でどちらにするか決めなければいけません。
働く事を前提とした場合、あなたはどちらの決意ができますか?

保育園へ預ける場合のお母さんの決意

・週4日以上、1日6時間以上働くゾ
 そうでなければ認可はまず入れません。(地域差はあると思います)
 無認可は入れますが高いですし、月謝制の所が多く、週3日だから6割の月謝で、なんて所は少ないです。

・子供の病気になったときの体制が考えられるゾ
 他の家族に頼める、あるいはきっぱり休みをとる/とれるかどうか。

・家事は完璧を目指さない。
 今まで通り完璧に両方、なんて無理。手抜きの方法を覚えましょう。

・子供に悪いわ…って思わない。

 働くのは自分のため、家族のため、子供のため。後ろめたく思うくらいなら、…(略

幼稚園へ預ける場合のお母さんの決意
注:我が家は幼稚園の経験はないのであくまでも想像と見学に行ったときの印象です。
・お仕事は午前中までのを探すわ・あるいは在宅で
 幼稚園は帰ってくるのが早いデス〜。それに夏休みもありますからね。但し延長保育等が充実した園を探す、という手はありますね。
 在宅で、と書きましたが実のところあんまりゲンジツ的ではないかも。私の経験からいうと、結構大変デス…在宅。近々「働き方の種類」の在宅編もアップしたいと思います…。

・園の行事のときはお仕事休みます。

 なにかと平日の日中に集まる事も多い幼稚園。そうそう仕事を理由に行事を休んでばかりもいられない!?

・時にはママ達のコミュニケーションの場にも参加します。
 あくまでも私のイメージですが、お茶のみや送り迎えの時の立ち話、そんなお母さん同士の付き合いも保育園よりも深いような気がします。時には参加した方がいいかもね。

・収入はそんなに沢山なくてもいいの。
 働ける時間に制限がありますから、どうしてもそんなに沢山はお給料はもらえません。特殊な技能があれば別ですヨ。
 社会との関わりを持てるだけでもいい、少しでいいから自分で自由になるお金を稼ぎたい、本気で働く前のステップとして割り切ってるわ。

***

…さてさてみなさん、どうですか?
もちろんもちろん、専業主婦という選択肢もありますよ!そのときは迷わず幼稚園ですね。
私の場合はどうだったかというと…
それは古い記事ですがこちらを御覧下さいね!
→かーちゃん的保育園の探し方.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セミナーに参加:適職を探せ!

ふとメールに目がとまり、衝動的に参加してきました。
それは「アフィリエイター」のセミナー。
いろんな商品の展示会と同時開催で、
「売れる商品レビューの書き方」というものでした。

講師は、
女性向けオンライン通信講座「Pre*Pro school」
マーケティングライター育成講座の講師、ふくだたみこ さん。
こちらからくるメルマガはいつもぐっと来るタイトルだったので、非常に興味があったのです。そして、その理由が少しわかったような気がしました。

しかし展示会・セミナー通して参加してみて、そもそも果たして「アフィリエイター」になれるのか、なりたいのか、向いているのか、「自分自身」についての疑問が残ってしまいました。

例えば、
展示会でもバシバシ写真をとっている人たちがいたのですが、それを見てもなぜだかすうーっとテンションが下がってしまいます。
まあ、私の場合極度の人見知りもということもありますけど。頑張ってそれぞれのブースでいろいろ商品について質問してみたりはしたのですがね(笑)

「売る側の気持ち」や「買う側の気持ち」はすごくよく分かるのだけど、どうしても「アフィリエイタ−の気持ち」にはなれないんです。
それにアフェリエイターでは「職」の域に達するのは至難の技だし。

それなら普通にネットショップの運営に関わりたいな、と思ってしまいました。でも自分では売りたいものがないんですよねえ。

このセミナーに参加して一番良かったのは、以前モニターでお世話になり、メルマガで拝見しているプレプロスクールの講師の方のセミナーが聴け、スタッフの方々と少し会話が出来たコト。
ほんと、私にしては大進歩です(笑)

さてさて、もう少し自分にとっての「適職」さがしを続ける事にしてみます。

こんな私こそ受けるべきなのかも!?
好きを仕事にする講座
Pre*Pro School プレ*プロ スクール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりわからない。

<子猫殺し告白>坂東さんを告発の動き…タヒチの管轄政府 - Infoseek ニュース.

だから生まれたばかりの子猫を殺す時、私は自分も殺している。

「自分も殺して」→「自分の子供を殺して」 だったら?

もし私が、他人から不妊手術をされたらどうだろう。経済力や能力に欠如しているからと言われ、納得するかもしれない。それでも、魂の底で「私は絶対に嫌だ」と絶叫するだろう。

「他人から不妊手術をされたら」
→「他人から自分の子供を殺されたら」 だったら?

わかんなくなってきた…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パソコンの「あるある」

パソコンで名刺を自作して印刷すると
1枚めは必ず失敗する…orz

プリンタの紙送りか?
割付の失敗か?
もー寝よっ(TT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカの香り♪

この3連休の間、思いがけない贈り物が届きました。
アメリカに住む叔父、叔母からの小包でした。

パッケージを開けた途端、懐かしいアメリカの香りがしました。
「あーこの匂いだー」
と、しばらくクンクンクンクン嗅いでいた私。
アメリカ行きたいよー。

0919us
その多くは子供の洋服など。
アメリカっぽーい色・デザイン。
サイズはほぼぴったりでした。
もう何年も会っていない子供の事を考えながら選んでくれたんだー、と思うと、その気持ちだけで涙が出る程嬉しく思いました。

そしてこの記事から全くの進歩なく、 感謝の気持ちを書くのに辞書首っ引きでメールをだしたのでした…。
2年前じゃん、この記事…、2年も英語勉強してたらどんなに力がついていたか…(汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三連休なのに

子供が熱をだしました。
今回は様子を見ずにそっこー医者へ行きました。

そして私もなんだかダルイので、
横で一緒に昼寝して一日が終わってしまいました。

さあ明日、明後日はどうしよか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は池袋

ばーちゃんが、
「サンシャイン水族館の入場券が当たった」
というので、ばーちゃん、私、そして子供の3人で行ってきました。

サンシャインなんてすごい久しぶり〜。
楽器売り場のピアノ、ついに弾いてきちゃった

それにしても暑かったよ…きょうは…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアギター世界一

またまた続けてニュースネタ。
日本人がエアギター世界選手権で世界一を取ったそうです。

AIR GUITAR JAPAN.

ときどきTVで弾きまくってる4位だったあの人が遂にやったのかな?
と思ったのですが、違うようです。

世界一の人↓
ダイノジ・おおちの「がんばれ!!おおちくん!!」

とにかく世界一ってすごいですねー。
パフォーマンスを見てみたいですね。
きっとそのうちTVに出演される事でしょう。

なーんか、どうでもいいんだけど、
面白そうってことで(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

羊を丸飲みのニシキヘビ!

→ 羊を丸飲みのニシキヘビ、動けなくなり御用:Reuters.co.jp

うわーこれはびっくり!
とっさに「星の王子様」を思い出したのは私だけではないでしょう。
リアルはすごい迫力だー(@_@)

それにしても
動けなくなり捕獲されるなんて…なんと…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CD2枚購入。

清々しい天気とはウラハラに今日は気分が全く晴れないので、ストレス解消にCDを買いました。これまたスゴイ久しぶり。

1枚目。

WELL COME 2 (DVD付)
米米CLUB KURO MICRO
B000FWGT80

解散前、米米フリークの知人がライブビデオを貸してくれて、私もそのパフォーマンスのとりこに。
今回再結成とのことで、TVでのパフォーマンスを久しぶりにみて、釘付けになってしまった…。
ああ一度でいいからライブに行ってみたい!
残念ながら今回のツアーのチケットは取れませんでしたあ…(涙)

2枚目。

Every Single Day -Complete BONNIE PINK (1995-2006)-
BONNIE PINK
B000FPX14W

なにやら今年急にブレイクした感のあるボニー・ピンクですが、

これ↓
Heaven’s Kitchen
Bonnie Pink Tore Johansson
B00005FQA1

が、昔からすごく好きで最近も時々聞いてたんです。
知世ちゃんも手掛けた、トーレ・ヨハンソンとの作品。
当時Heaven's Kitchenなんてカラオケで歌っても、みんな「へ?」てな感じでしたなあ。まあ普通あんまし歌わないか。
でもその後の彼女のCDは買っていませんでした。
そこへこの大ブレイク!すごーい。
いっその事BEST盤で最近の作品までオイシイ所をザクッと聴いてしまおう、という魂胆デス。

2枚に共通して言える事は、
結局、
「10年前から趣味変わってない(進歩してない)」
って事っすか…。(^^;;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夏休みの宿題の意味って

あっという間に9月。
雨で新学期が始まりました。

そこで、いまさら夏休みの宿題について考える。

自由研究のお題・読書感想文の書き方・工作キット。
今はネットや書店、いろんな所で手に入る。
そして親がお膳立てをして、時にはなだめすかし、時には褒めおだて、作らせたり書かせたり。

まあ、そんなもんだろうなあと思っていた。

そしてあまりに(親として)根気の足りない私は、読書感想文(これは任意で提出だった)を書かせることを、ついにあきらめた。
だって、サイバラせんせえのマンガのように、我が子が机の作文メモを前にして「溶けて」たから…(とけるってこういう感じなんですねえ、せんせえ…)

という話をしたら、結婚していない職場の人がびっくりしていた。

「そんなの自分でやるべき。親は『早くやりなさい』、とは言うけど手伝いなんてしないよ。そんなのおかしい。ダメだよ。」

「べつにすごく上手じゃなくてもいいんだよ。自分でやった、という事が大事なんだから。言われた通り、ネットの手順のとおりやるなんて、全然『自由研究』じゃないじゃん。」

ううーん。一理ある。
というより、正論かも。
イタイとこ、ついてるなー。

私も「工作キット」にはちょっと抵抗があった。
が、結局我が子がやったのは、親の誘いで始めた
「もんきり」
これはある意味、工作キットに近い。
誘ったときに確かにやる気はあったけれど、子どもの意志は殆ど反映されていない。
来年は自分で考えさせないとなあ。

だけどさー…、

やれーってだけ言ってても絶対やらないよねー。
やったとしても思った通りには形にならないよねー。
周りの子どもはたいてい親が手伝ってるよねー。
優秀作品見たり読んだりすると、ああいうふうにしなくちゃあって焦るんだよねえ。
「親子でやる事も意味がある」的な説もあるんだよねー
それに便利な物が周りにあるんだから、使わない手はないよねー。

なんて親のホンネもちょっぴりあり…。

なかなか考えさせられる「夏休みの宿題」なのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »