« 夏休みも最後:今日はおでかけ | トップページ | CD2枚購入。 »

夏休みの宿題の意味って

あっという間に9月。
雨で新学期が始まりました。

そこで、いまさら夏休みの宿題について考える。

自由研究のお題・読書感想文の書き方・工作キット。
今はネットや書店、いろんな所で手に入る。
そして親がお膳立てをして、時にはなだめすかし、時には褒めおだて、作らせたり書かせたり。

まあ、そんなもんだろうなあと思っていた。

そしてあまりに(親として)根気の足りない私は、読書感想文(これは任意で提出だった)を書かせることを、ついにあきらめた。
だって、サイバラせんせえのマンガのように、我が子が机の作文メモを前にして「溶けて」たから…(とけるってこういう感じなんですねえ、せんせえ…)

という話をしたら、結婚していない職場の人がびっくりしていた。

「そんなの自分でやるべき。親は『早くやりなさい』、とは言うけど手伝いなんてしないよ。そんなのおかしい。ダメだよ。」

「べつにすごく上手じゃなくてもいいんだよ。自分でやった、という事が大事なんだから。言われた通り、ネットの手順のとおりやるなんて、全然『自由研究』じゃないじゃん。」

ううーん。一理ある。
というより、正論かも。
イタイとこ、ついてるなー。

私も「工作キット」にはちょっと抵抗があった。
が、結局我が子がやったのは、親の誘いで始めた
「もんきり」
これはある意味、工作キットに近い。
誘ったときに確かにやる気はあったけれど、子どもの意志は殆ど反映されていない。
来年は自分で考えさせないとなあ。

だけどさー…、

やれーってだけ言ってても絶対やらないよねー。
やったとしても思った通りには形にならないよねー。
周りの子どもはたいてい親が手伝ってるよねー。
優秀作品見たり読んだりすると、ああいうふうにしなくちゃあって焦るんだよねえ。
「親子でやる事も意味がある」的な説もあるんだよねー
それに便利な物が周りにあるんだから、使わない手はないよねー。

なんて親のホンネもちょっぴりあり…。

なかなか考えさせられる「夏休みの宿題」なのでした。

|

« 夏休みも最後:今日はおでかけ | トップページ | CD2枚購入。 »

「子供はどうする?ー育児・保育」カテゴリの記事

コメント

お久しぶり!

私は「親子でやることに意義がある」に1票!
私は夏休みはいつもおばあちゃんちに行ってたんで、まだ実家にいた叔母たちに手伝ってもらってたけど、年が近いから(一番下の従弟より、一番下の叔母のが近い)当時からまるで姉妹のようだよ。

うちの親は、「勉強は卒業したとき学校に置いてきた」といって一切手伝わなかった。

あとは、子どもが自分で興味を持って取り組むようにメンタル的に誘導することかねぇ。
大人でも子どもでも「セルフモチベーション」がないことは何事もうまくいくはずがないです。

投稿: Yoko | 2006/09/02 10:01

>Yokoさん、
いらっしゃいませ♪
 
 >叔母たちに手伝って

年の近い叔母さんって所がポイントなんでしょうね。
先日行った宇宙科学博物館(知ってる?)の工作教室では、ボランティアの中学生のお姉さんが見守って手伝ってくれていて、あんな感じでサポートできるといいなあって思いました。
だけど、親だと、つい過剰な期待やだらだらする子供にイライラ、険悪なムードが漂う事しばしば…(汗
親子でやって、結果「親の作品」になってるなんて危険も多くて、難しい所です。

その為の「セルフモチベーション」でしょうね。読書感想文にどうやってやる気を持たせるか…。
こりゃあ、親の方の修行が先だわ(笑)

投稿: でりさ | 2006/09/02 13:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39554/11721497

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの宿題の意味って:

« 夏休みも最後:今日はおでかけ | トップページ | CD2枚購入。 »