« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

大掃除をしていて…

引き出しの書類の整理をしていて、子供が1才の頃からの保育園の連絡ノートにハマる(爆)

あの頃は、泣いた、寝た、しゃべった、食べた、鼻水出た…と、逐一家での様子を報告し、保育士の先生も丁寧に丁寧にその日にあった事を書いてくれていた。
大切にされてきたんだなあ。感謝感謝。

…なんてうるうるしている場合では無い。
この周りの書類のヤマをなんとかしなくてはー(汗

| | コメント (0) | トラックバック (1)

子供と電車やバスに乗ろう

今まではどこへ行くのも車で移動っていうのが多かったんです。

子供も小学生になり、今年の夏休み位から子供と電車でお出かけする機会が少しずつ増えてきました。

池袋の駅のホームで、10代と思われる若い女の子がベタっとお尻をついて座った上に靴まで脱いでいてビックリしました(@@)

それで思ったこと。

親子でのお出かけにはガンガン公共交通機関を利用するべきです。

いや、正直乗っていかないと、マズイなこりゃっ、て感じです。

自動車で移動のときはもちろん子供も親も楽でした。渋滞のリスクはあるけれど、自分達だけの空間、騒いでも、おかし食べても、寝てもいいし、もちろん立ちっぱなしなんてないし。

ところが電車やバスで移動となると…
階段の上り下りや、ホームの移動、乗り換え。
駅に着くとあっちの2階建ての電車に乗りたいとぐずる、疲れたとホームにしゃがみ込む。喉が渇いたと騒ぐ。ヒトにぶつかる。
踊りだしたり(!)、大声で話したり、窓をベターッと触ったり。

本当、こっちが疲れます。

あっちの子供はたまごっちを大きな音を出して平気で電車に乗っている(病院でも音は消してね)
えっ?そんなの親が注意してよっ

そう、子供にマナーを教えることももちろん大事だけれども、その前に、親が子供と電車に乗ることに慣れていないのですよ。
平気で音を出したまま携帯ゲームを持たせたりしちゃうんだなーこれが。(我が家はしてませんよ)

親は公共の場、閉ざされた車両と言う空間の中で子供をどう制するか、いざとなるとその術を知りません。

例えば他にも私もついついしてしまうのですが、騒いだりぐずったりすれば、まず子供を先に座席に座らせてしまう。

子供が先に座るなんて、私が小さい頃には考えられませんでした。
座るとしても、親が先に座って子供はその膝の上、でしたがそれは私の場合だけ?
それが当たり前だったのに、自分が親になったらなかなか出来ないんです…。

それから色々なマナー。
一度言った位では、聞きやしません。
3度目「やめなさい」と言うときは、大抵私はキレテいます(汗
忍耐、忍耐…。
もう、どうして一度言ったらやめてくれないかなあ…。

家族で車でお出かけのときには経験できない事、沢山あります。それに将来絶対一人で電車に乗る様になるんだし…。
ホームでベターッと座る若者にはなって欲しく無いよお(^^;;
「ああいうのは格好良くないんだよ」って今のうちに教えてやるのも大事なのではないかしらん。

だから、親子であえて面倒でもどんどんバスや電車を利用して、親子でマナーを体感していった方がいいなあー、と、自戒も込めて思っているのです。
2人、3人とお子さんのいらっしゃる方や、まだまだ下の子が小さいという方は難しいのかもしれませんが、小学生をお持ちの親御さん、たまには電車のおでかけもしてみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

両腕いっぱいの…

ホウレンソウを思いがけず頂きました(爆)

仕事帰り。
お迎えの時間に間に合わないーっと、駐車場へ急いでいたら、軽トラに乗ったおじさんが私に声をかける。
駐車場の裏手で畑仕事をしているおじさんだ。
「…!!!」

「はい???」と私。

「ホウレンソウいらんか?大きくなり過ぎちゃって… いやね、どのみち捨てちゃうもんだから持ってってよ」

と、軽トラからどさっ。

うをおおおー!こんなにたくさん。
両腕に抱えきれない程の(やや大きめの)ホウレンソウを頂き、車に積み込み帰って参りました。
写真が無いのが残念ですが、そりゃもうビックリの量。
おじさん、ありがとー(^^)

さてさて、こんなにいっぱいのホウレン草、一体どうしてくれようか…。

てなわけで、ほうれん草をつかったレシピ、募集中♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「東京タワー」から「チャングム最終回」

…に、そのままなだれ込む。

…で、そのまま泣きっぱなし。

…あ、チャングムは見るの2度目ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珍回答・迷回答

学校の振替休日、子供は学童保育へ朝から行きます。
午前中は学習時間があるので、各々、何かドリルの様な物を持っていきます。
今回は知り合いのお下がりの、ちょっと難しいこくごの問題集を持っていくと言うので持たせました。もちろん教科書準拠ではありません。

やっぱり難しかったみたい。
「意味分かんないよー」って帰ってきました。
書いてきた答えがちょっと面白かったので紹介します。

まずは問題と正しい回答から。

「ぶんのなかにある なまえことばをみつけて、( )のなかにかきだしなさい。」

1.おかあさんが よんで います
 答(おかあさん)

2.ねこが ないて います
 答(ねこ)

3.あかるい ほしが みえます
 答(ほし)

4.おもしろい ほんを よみました
 答(ほん)

5.おかしを もらって たべました
 答(おかし)

…そして、子供がお友達と悩んで考え抜いて書いた答えがこちら。

1.おかあさんが よんで います
 答(ほん)

2.ねこが ないて います
 答(にゃあ)

3.あかるい ほしが みえます
 答(そら)

4.おもしろい ほんを よみました
 答(たくさん)

5.おかしを もらって たべました
 答(たくさん)

…「にゃあ」に脱力(^^)

どんなにたくさんなんだよっ
というつっこみもありつつ、大笑いしたら怒ってました(笑)
「なまえことば」「かきだす」の意味が分からなかったんでしょうね。

それにしても、問題を想像してここまで答えを導きだす力が知らずについているとは、それは違った意味でマルをあげたいぞ、と思ったかーちゃんなのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CD一挙に6枚購入

The Who Love Psychedelico Stevie Wonder 忌野清志郎 Jackson Five Marvin Gaye

の6枚。

BBCセッションズ
ザ・フー
B0000QX15K

フリー・ソウル クラシック・オブ・マーヴィン・ゲイ

Marvin Gaye
B00004VOP9

フリー・ソウル : ジャクソン・ファイヴ
ジャクソン5
B00000IB8F

Song Review: A Greatest Hits Collection
Stevie Wonder
B000001ABD

THE GREATEST HITS
LOVE PSYCHEDELICO
B00005HRRM

RESPECT!~The 30th Anniversary of KIYOSHIRO IMAWAN
忌野清志郎 泉谷しげる
B00005FHGO
これはDVD2枚組

…とまあ、聴いたことのあるもの、ちゃんと聴いてみたかったもの、ちょっと興味をそそるもの、どんな趣味なんだか分かるような分からないようなこんなCDさん達。

すぐそこの公園のお祭りのフリーマーケット、子供服やおもちゃが売られている、その隣の小さな段ボール箱にひっそりごそっと入っていたのだからたまらない。
このうち4枚は未開封、しめて6枚で1000円という「セコい大人買い」をしてきたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バザーで出会った本

子供の学校のバザーで見つけた本。

4061133225 ビッグ・オーとの出会い―続ぼくを探しに
シェル・シルヴァスタイン
講談社  1982-07

by G-Tools

なんと50円!
洋書は作者の本を数冊持っているのだけど、日本語版は持っていなかったので即購入。
こんないい本をバザーにだしてくれたひと、ありがとう(^^)

The Missing Piece (Ursula Nordstrom Book)
The Missing Piece (Ursula Nordstrom Book) Shel Silverstein

Harpercollins Childrens Books  1976-03
売り上げランキング : 327

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ビッグ・オーとの出会い―続ぼくを探しに おおきな木 人間になりかけたライオン 天に落ちる Where the Sidewalk Ends: The Poems and Drawings of Shel Silverstein

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土屋のランドセル購入体験記 クレームも経験

昨年の今頃はおなかが痛くなる程頭を悩ませていた、ランドセル選び。
参考になりますかどうか、我が家の昨年の購入記を書いてみます。
--------------------
1.ランドセル選びに悩み、そして決めた!
2.商品到着、そしてクレーム
3.半年使ってみて

1.ランドセル選びに悩み、そして決めた!
昨年のランドセル選び。
入学準備の第一弾とあって、それはそれは悩みました。
店舗もまわり、24色ランドセル、天使の羽/その他いろいろなランドセルを背負わせて試しました。
(ちなみに我が子にはなぜか天使の羽はフィットしませんで、ちょっと不自然な感じになっておりました)

鞄工房山本 のランドセルも捨てがたい。
型押しのがあったり、可愛いチャームがついていたり、そそられるぅ。
しかしどうしても忘れられない、カタログで見た、あの裏側がピンクの限定ランドセル。

実物を見ていない、試しに背負わせていない。その不安は最初ありました。
でも「土屋」「ランドセル」でネットで検索すれば、その評判は間違い無し。
思いきって通販で購入しましたが、これが正解でした。
【ランドセル】限定軽量クラリーノFパステル ローズつや消し
【ランドセル】限定軽量クラリーノFパステル ローズつや消し

今年は値段が若干高くなっているようです。
おそらくそれは肩ベルトに防犯ブザー用の前ベルトフック(とりつける場所)がついたからでしょう。
ちなみに昨年の商品にはついていません。
でも我が家のランドセルにはなぜかついています。

それは「特別に別料金でつけてもらった」から(^^)

実はこの肩の「防犯ブザー付け」が無いってことが土屋さんで購入を迷っていた点でもありました。

それで「肩にDカンつけられますか?」と質問したら迅速に対応して下さいました。追加料金は確か今年の値上げ分位だったと思いますよ。
それから、子供が小柄だったので、無料の穴開け追加サービスも頼みました。
この辺りは手作りの工房ならではの柔軟な対応ですね。

クラリーノを選んだのは、小柄な子供に負担がかからぬように軽量のものをと思った事と、私自身が子供の頃クラリーノのランドセルで、6年間あまり傷まず、軽くてピカピカだった経験があったためです。
それにお値段もリーズナブル♪

男の子ならこちら。
【ランドセル】限定軽量クラリーノFパステル 黒つや消し
【ランドセル】限定軽量クラリーノFパステル 黒つや消し

親的には茶色も憧れる。子供が気に入ってくれればいいけど…。
【ランドセル】限定軽量クラリーノFパステル 茶つや消し
【ランドセル】限定軽量クラリーノFパステル 茶つや消し

2.商品到着、そしてクレーム
そして予定通りクリスマス頃に商品が到着。
早速開けてみてみると、なんと…。
内側の底が斜めにずれていたんです(涙)
なんじゃー、と思って触ってみたら、バリってとれた(TT)
早速電話。
ちなみに内側の底面は修理をする時の事も考えて構造上取れるようにはなっているようです。
でもこれから子供が6年間使うもの。気になる。
一度着払いで返送して下さいといわれ、返送。

そうしたら数日も経たないうちに連絡があり、
同じ物を組立て直し、再度点検を行なったものを再送して頂きました。
(限定予約のため材料等の関係で新しいものを用意すると3月頃になってしまうため)
我が家的にはきちんと組立が出来ていれば問題無しです。
年内には届きました。

今度はばっちり。お詫びの品(ロゴ入り鉛筆)も同梱されていました。
自分も仕事でクレームの対応をする事があるのですが、こういうときにこそお店の本当の底力が見えるものです。迅速/丁寧な対応で安心しました。

他に人気なのは、牛革ボルサ。
やや重くても、本物の風合いにこだわるという方はこちらでしょうか。
【ランドセル】限定総牛革ボルサパステル 紺つや消し 【ランドセル】限定総牛革ボルサパステル 赤つや消し

3.半年使ってみて
半年使ってみての感想ですが(いや、私じゃ無くて子供ですが)
なかなかいい(^^)
ちらっと見えるパステルピンクは自己満足?!
周りにも持っている人はいないそうです。
ヨレヨレ感もなく、しっかりしていて違和感なく普通に使っています。
痛いとか固いとかそういう事無く当たり前に使えるのが大事ですよね。
6年間大切に使ってもらいたいと思います。

【ランドセル】ヌメ革ランドセル 茶
これはちょっと変わったヌメ革ランドセル。
手入れは大変そうだけど、使い込めば使い込む程、味がでる。

パステルなんて嫌だわ、っていうかたはもちろん普通のものもありますよ。 試しに覗いてみて下さいね。
通販で買っても、実際に背負わせてみなくても、我が家の場合は正解でしたよ!


ちなみに土屋鞄のランドセルとどっちにしようか
悩みまくった鞄工房山本 のランドセル。
本革派の人はこちらも検討してみるとよいかも!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

今日からまた3連休

毎回なんの計画もなくぼーっと過ごしてしまう3連休。
今回はとてもよい陽気でしたので、初日からお墓参りへ高尾まで行ってきました。
私の父、祖父母の眠るお墓の周りを掃除し、手を合わせて帰ってきました。

お墓参りは久しく行っていませんでした。
我が家からお墓までは乗り換えが4回、片道2時間半。
夏は蒸し暑く、冬はすごく寒いこの地にはなかなか行く機会がありませんでした。
今日もやっぱり帰ってきたらぐったり。体力ないなあー私達(^^;;

しかし私の母は父が亡くなってから14年間、毎月欠かさず半日かけてお参りしているのです。スゴイ。父への愛情を感じます。
来週は父の命日。また母はお墓へ向かうと思います。一体父と何を話しているんでしょう。
紅葉にはまだ少し、早いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未履修問題の不公平感を無くす方法。

「不公平感をなくすため、今年は社会科2科目の受験必須」
など、必修科目にあわせて大学側で受験科目数を急遽変更するのはどうでしょうか。

これなら、高校も今から必死で教えると思いますが。

もちろん今回のコトは高校側の問題だし、大学が今から受験科目数を変えるのは現実的には無理かもしれない。けれど、受験のシステムに歪みがあるのは間違いないのだし、まじめに勉強してきた高校/高校生に、あまりにも不公平。

…実は、私は年号・人名・地名さっぱり覚えられなかった生徒でした。
それでも日本史/世界史はとりましたよ。
(世界史の先生がフランス革命あたりを何時間も何週間もアツク語り過ぎ、結局最後の方は駆け足で何がなんだか分からなかった経験あり)

この年になって、やっと歴史って面白いんだなあって思えるようになってきました。

もっと勉強しておけばよかったなあ。やっといた方がイイですよ、絶対。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »