« いよいよ来週なのだ | トップページ | 終わったぁ »

「無理」と言う子供【おけいこの話】

怒濤の(笑)レッスンの合間には、そろばん通いつづけてます。

スピードを上げる教材、
基礎を固める教材、
フラッシュ暗算 
など、それぞれ違う課題があって細かく段階に分かれています。

みんな得手、不得手があるけれど、我が子は「フラッシュ暗算」が大の苦手。
どうしても最後の1問とかが間違ってしまい、レベルのクリアが出来ません。底辺を這っている状態です。

次第に多くの時間をフラッシュに割くようになり、進んでいた他の課題も徐々に遅れがち。本人も焦っている様子。

私「今日はフラッシュ頑張ってねっ!」
子供「ムリだよ…」

あらあら、無理っていっちゃったあ?
無理って言ったら、無理だよね、そんなもんっ 無理って言うなっ(怒)
しばし説教しちゃいましたorz

人一倍負けず嫌いのこのコがそんなこと言うなんてぇ

今、確かに子供は壁にぶち当たっていますが
無理と言わずに
「出来る出来る出来る!
頑張る頑張る頑張る!
負けない負けない!」
で立ち向かって欲しいものです。
が、どうモチを上げてったらよいものやら…。

んで、頑張れよーって送りだした、
今日の結果は…(汗
悔しくて泣いてました(TT)

スピードの方はトップでクリアだそうです(^^)

|

« いよいよ来週なのだ | トップページ | 終わったぁ »

「子供はどうする?ー育児・保育」カテゴリの記事

コメント

大変そうであります!
無理と言ってしまうお子さんのピンチな様子が感じられます。
いえろは、計算がイマダニ苦手でありますのでお恥ずかしい限りであります。
「無理」と思う理由を良く分析して解決出来ればいいなぁといえろは思います。
先ずは、単なる「無理」をどんな「無理」なのかをお子さんが理解するのが必要と感じました。
それをお子さんの言葉でオカアサンに説明をしてもらっては、どうでしょうか。
「無理」の理由をお子さんが自分でオカアサンに説明できるという事は、問題点を自分なりに理解している事になります。
その後は、その解決方法をお子さんとオカアサンで考えられるといいなぁと思うのであります。
ちょっとまわりくどいかもしれませんが、いかがでしょうか?

投稿: いえろ | 2007/06/04 22:34

私も「無理」って言葉は好きじゃないんですよね。先日、TVで彼女に振られた言葉で「あなたの全部が無理」って言われたって男の人が行っていましたが、そういう使い方はよくないんじゃないかって。
無理って言っちゃうと、全部否定して、理由なんかきけなくなっちゃうし。いえろさんのおっしゃるとおり、かみくだいて、なにが無理なのか、解決するのが必要ですよね。男女の別れにはこういうのは必要なくて、結果論なのでしょうが、ちょっとそれも寂しいですよね。。。

投稿: ちゃい | 2007/06/05 00:11

>いえろさん、
違うんですよー、別に追い詰められて「無理」といっているのではなく、口癖のように簡単に「ムリ」って言っちゃうの。まあ本人なりの多少の葛藤はあるのかも知れないけど。
理由があってとかではなく、ちょっと出来ないと「それ、ムリ」と、放棄のムード。
それが腹がたってしかたなくて(怒)
確かによく考えないで言っているので、「よく考えれば無理なはずはない」という辺りを理解させればいいのでしょうが…(クドくなるのが常^^;)

>ちゃいさん、
「ムリ」って言っちゃうのは、TVや自分をはじめとする周りの大人がオテガルに言っているのでそういう影響が多分にあると思います。
そうなの、「無理」って、全否定になっちゃってその先を歩けなくなるんですよね。
そういわれて振られたら、しばらく人間不信に陥りそう(汗

以前TVで松岡修三さんが、
「子供には『ムリ』と『ビミョウ』は絶対言ってはいけないことにしている」とお話ししていましたが、確かにその通り、と思いました。

「言葉のチカラ」って怖いですからね…。心のどこかで「ムリ」と感じていても「出来る!」って口に出しちゃうと案外出来たりするもので(^^)

その逆のナント恐ろしい事か!

投稿: でりさ | 2007/06/05 21:28

でりさ様>ナルホド!
状況が解りました!
先ずは、おぼろげながらも「無理」の意味と安易に使ってはいけないという事とその時、どうする?どう考える?という事を考えてもらえるようにしたらいいかもしれませんね。
しかし、難しい!
クドクなるのは、最初しょうがないかもしれませんが、しばらくすれば安易にその様には言わなくなり考える様になってくれるのでは・・。
うーん。

投稿: いえろ | 2007/06/06 02:35

「無理」問題は私もよくブログに書いてるけど、高校生、
大学生にいたるまで、問題はまったく一緒!
結局、ちょっと難しそう、面倒くさい問題にぶち当たると
「無理」で片付けるのよね。私もよく高校生に説教してるよ。

TVに影響を受けた友達たちがみんな口にしてるから仕方ない
っちゃないけどね。学校で一斉にバラエティ番組禁止、とか
しない限り根絶できないでしょ。

>どうモチを上げてったらよいものやら…。
お嬢ちゃんは「フラッシュ暗算」ができたらどんなメリット、
どんなすばらしい未来が待っているか明確に描いている?
大人でもそうだけど、これができたらあんないいことがある
と思わないとモチベーションはあがらないよね。

「フラッシュ暗算」ができたら級が上がる、とかは、級に
対する価値観が固まらないと効果はないと思うので、何か
目に見えるもの(物で釣るのはよくないから、お嬢ちゃんが
いつかやりたい、なりたいと思っているものに役に立つとか)
を自覚させてあげれば自然に「やるぞ!」って気になると
思うよ。

その点バレエは分かりやすいよね。大きいお姉さんたちの
演技見てれば、自分もそうなりたい!ってはっきり思えるから。

投稿: Yoko | 2007/06/11 08:22

>いえろさん、
そうですね。安易に使ってはいけない事を根気づよく教えなければ。
無理と言うのは「カメのふっきん〜♪」とかを言うのだよ、と歌っているのですが(笑)
頑張れるのに無理とは言って欲しくないっす。

>Yokoさん、
「無理」問題は年齢があがるにつれ、厄介そうですのぉ…。
私も会話の中で無意識に使ってしまっているような気がするので気をつけたいと思います。

>「フラッシュ暗算」ができたらどんなメリット、
どんなすばらしい未来が待っているか…

これは説明するのが難しいですね。まだ一人でお買い物をするわけでは無いし。
ただ私以上にもんのすごい負けず嫌いで、なりたいといえば、「1番になりたい私(その先が無いのはいささか不安ですが)」なので、その気持ちをくすぐりながら頑張れるといいなと思っているのですが。

>大きいお姉さんたちの
演技見てれば、自分もそうなりたい!ってはっきり思えるから。

あ、これはどうかなー。

うちの子、
「自分はお姉さんと同じに踊れているのにぃ、なんで(お子チャマ扱い?)」
と思っているから(^^;
ある意味オオモノ、ある意味オメデタイヤツです。

その点、そろばんは自分がどれだけ出来るか(出来ないか)が勘違いせずはっきりわかるので、悔しかったりくじけたりするようです。

投稿: でりさ | 2007/06/11 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39554/15315827

この記事へのトラックバック一覧です: 「無理」と言う子供【おけいこの話】:

« いよいよ来週なのだ | トップページ | 終わったぁ »