« 今朝は早起き | トップページ | 伊藤園 万華鏡 全制覇! »

読書感想文 書き方 書かせ方【夏休み】

※季節柄、この記事へのアクセスが多いので、夏休み中はトップページから消えないように置いておきます
 オリジナル投稿日時:2007/07/29 10:55 午後
ーー

昨年、断念した夏休みの宿題、読書感想文。
絵とかは喜んで描くんだけど、その前に、今年はこっちを先にやっちゃおうよっ 
と、今朝 とりあえず完了(^^)/

そうは言っても子供一人ではさっぱり感想文なんて出来ません(^^;
親子つきっきりで短時間集中、一発勝負です。
で、我が家のやり方は、以下のとおり。

・時間は早朝、午前中。
 だらだらする前、朝御飯が終わってすぐの時間に開始しました。
 暑くなるのも嫌だったし、集中力が違うかなと思ったので。

・読む本は。
 課題図書ではないですが、たまたまじーじが
 「○年生にオススメの本」
 というオビの付いた本をプレゼントしてくれたので、それを読む事に。

・他準備。
 図書館で「どくしょかんそうぶんの書き方」
 という子供向けの本を見つけたので借りてきて、渡しました。
 子供はそれもちらっと読んでいたけれど、
 やはり一人では何をどう書いていいか分からないみたい。

・親準備。
 読んだ本の内容を把握。
 学校から持ち帰った「こうやって読書感想文を書いてみよう」的な資料を把握。

・さて、スタート。まずは下書きのためのインタビュー。
 本読んで、どうだった?
 おもしろかった?
 どこがおもしろかった?
 なんでそこがおもしろかった?
 と少しずつ掘り下げて、「じゃあその紙に書いてみて」とメモをさせてみました。
 そのうち、
 あ、あそこもおもしろかった。
 ここはこうだった、なんて盛り上がって行く部分もあったので好きにメモしてもらいました。

・さらに書き出しに使えそうなネタをインタビュー
 なんでこの本にしたのか?
 最初の印象はどうか?タイトルはどう思ったか?
 なんか聞いてみて答えては、自分でメモ。

・テーマになっていそうな部分について、つっついてみる。
 子供は細かい描写に気を取られ過ぎ、主題を見のがしがちな部分がありました。
 大事だなと思われそうな部分に付いて、どうしてかな?なんでかな?と聞いてみて答えた事をまたメモしてもらったりしました。
 若干誘導尋問っぽいけど、やむを得まい(笑)

・このあたりでも会話をやり取りしているうちに、結構イイ事をポロッと話したりするので、
「いいじゃない、それもメモしておけば?」なんて書きためます。

・原稿用紙に書いてみるぞ
 ある程度出揃ったらメモを取ったものを元に、作文開始。
 どういう順番かなあ。

 これは絶対書きたいなあというメモの部分にまるをつけ、
 書き出しはこれかな、という文章を選んでもらい書いていきます。
 日本語がおかしい所は訂正して、カギカッコの使い方なんかも確認しながら書きます。

・「はじめに」「それから」「次に」「さいごに」などを考慮しながら、文章をくっつけて、箇条書きの部分を組立てて行きます。

そんな感じでなんとか形にはなりました。
低学年なので800字まで。
原稿用紙2枚めの半分過ぎまで書けたので、もうそれで終了。

このやり取りを聞いていたとーちゃん、
「どーせカーチャンが書いたんだろ」

…うーん、書いたのは子供本人です。気持ちも子供のものです。
でも確かに確かに、子供の気持ちを、随分編集し直したような気もしますねえ…。

でも、いいんです。まだ低学年だし。

子供は「1枚と半分書けた!」という達成感、書けるんだーという雰囲気が味わえればとりあえずいいと思ってます。

だって昨年は親子でいらいらして険悪になっちゃうわ、メモに落書きし放題だわで全く書けなかったんだし(^^;
親の私も、今年はすんなり終わったーっていう達成感です(笑)
これが学年が上がって文字数が倍になったら、親も早々手を出せませんので、今のうちだけです。

できばえも気にしませんっ。
私自身が、感想文を書くのが大の苦手だったのに、そんな上手に書けるわけがありませんから(>_<)

さあ、これで好きなお絵書きの課題、どんどん描いていいよお(*^_^*)

必ず書ける あなうめ読書感想文 必ず書ける あなうめ読書感想文
粟生 こずえ 青木 伸生

関連商品
すぐ書ける読書感想文―読みたい本が見つかる実例で書き方のコツがわかる (小学高学年以上対象)
すぐ書ける読書感想文 小学中学年 (2)
すぐ書ける読書感想文 小学低学年 (1)
小学校1・2年生の読書感想文―実例作文がいっぱい!
親子ではじめる理科まるごと音読帳 (お母さん、もっとおしえて!シリーズ)

by G-Tools

↓↓2007年 課題図書↓↓

おじいちゃんのごくらくごくらく (ひまわりえほんシリーズ) おじいちゃんのごくらくごくらく (ひまわりえほんシリーズ)
西本 鶏介

関連商品
ハキちゃんの「はっぴょうします」 (おはなしドロップ)
ぼくのパパはおおおとこ
はっぱじゃないよぼくがいる (森をあるけば)
りんごあげるね
ピトゥスの動物園

by G-Tools

|

« 今朝は早起き | トップページ | 伊藤園 万華鏡 全制覇! »

「子供はどうする?ー育児・保育」カテゴリの記事

コメント

ブログ開設しました。
勝手にリンクさせてもらいます。
よろしくね。

投稿: ヨモ ヒュージ | 2007/07/30 00:32

>ヨモさーん!
遂にブログを開設したのですね!
すごーい、おめでとうございます♪
こちらからもリンクさせて頂きます。

投稿: でりさ | 2007/07/30 21:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39554/15941778

この記事へのトラックバック一覧です: 読書感想文 書き方 書かせ方【夏休み】:

« 今朝は早起き | トップページ | 伊藤園 万華鏡 全制覇! »