« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

学級閉鎖がそこまでキタ…!

先週、
「隣の市まで来てるらしーよー、インフルエンザ…」

なんてウワサを小耳にはさんでいたのですが、


ついにとなりのとなりのとなりのとなりのクラスが、


インフルエンザで来週まで学級閉鎖…



きゃー(^^;;


なんとクラスの6割が欠席との事です。



まだ1回しか予防接種終わってないのにー
持久走もこれからなのにー



みなさん、
手洗いうがいを忘れずに〜 ( ^ 0 ^ )/~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は肉の日

11月29日「イイニクの日」だって。
「焼肉が半額」というので行ってきました♪
…が。
美味しいけどそんなに食べられない(涙)
歳とったのかなぁ…。
最後はサラダばかり食べてました。

**
家へ帰って体重計にのったら、案の定、体脂肪率が○△%に!!
きゃー怖い(^^;

明日からは焼き魚とお野菜の日々です。


「干物20切 1980円」が冷凍庫にいっぱいありまする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミシュラン東京より恨ミシュラン

もちろんおいしいお店には行きたいけれど、

それよりもなによりも間違えて
おいしくないお店には絶対に行きたくない。

という気持ちもあってやっぱりいまこそ恨ミシュラン!?(古い本ですけど)

※毒舌に注意!!

 
 

…と、本家はこちら↓

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教えます!絶対おいしいステーキソースのレシピ

料理が苦手な私が料理ネタをひさびさに書きます(^^;

凄くおいしい、そうして私のような面倒臭がりでも簡単に作れて
間違いない美味しさのステーキソースの作り方です。

…といっても、ネットかテレビかどこかで見たものの受け売りですがー。オリジナルの方、ゴメンナサイ。メモとして書かせて頂きます。
んでもって、これってもしかしたら定番/基本レシピなのかも…。

お肉を焼いて肉汁の残ったフライパンに
バターをヒトカケ。
たまねぎのすりおろし適当。2分の1個くらい?
レモン汁適当。(我が家はポッカレモン)
醤油適当。

を少し煮詰める。
以上。

バターがポイントだと思われます。
お好みで酒やミリンを少し加えて下さい。ガーリックとかもいいかもね。
濃くなっちゃったら、お湯で薄めて下さい。
レモン汁がなかったらポン酢やお酢も試してみて下さい。

ビーフステーキはもちろん、ポークソテーでもチキンソテーでもハンバーグでもイケます。
我が家はこれのおかげで市販のステーキソースを買わなくなりました。
知らなかった方はぜひお試し下さい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

父子がテンション上がるアイテムとは

ひさしぶりに生協の個配を注文したら、
スチロール箱にドライアイスが入っていました。

「わーい、ドライアイスだぁ♪」

子供ばかりか、とーちゃんまでテンション上がりまくり。

その後ドライアイスが無くなるまで、ボウルとキッチンの流し台でボコボコと白いケムリをたてつづけていたのは言うまでもありません…(^^;;

…ってゆうか、そこまでテンション上がるんですか?

ちなみに来週は冷凍食品頼んでないので、ドライアイス入ってこないよ、残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Z会4ヶ月めの状況報告

8月からはじめたZ会が4ヶ月めを迎えました。
その後の子供と親の取り組みはどうか?
を報告します。というか自分の覚えなんですが、引き続き「Z会ってどう?」って思っている小学生の親御さんの参考になれば。
前回記事:Z会1ヶ月やってみての(親の)感想

9月はつらかったです…。
夏休みが終わり、学校が始まり、教材をやる時間の確保がなかなか出来ず
それでも少しはやっているだろうと思ったら、真っ白(汗
「だってわかんないんだもーん」
って。
親がきちんとチェックしなければ。反省。
繰り上がり、繰り下がりの筆算が難しくって全然お手上げの様子でしたが、それでも出来る限りがんばりました。

するとどうでしょう…!
なんと学校の授業が「簡単」に思えて来たらしく、課題もすぐ終わるようになったみたいです。
「計算ドリル、授業時間で出来なかった分を宿題」
なんてものは全部授業内で終わるように。

いやあ、負荷はかけてみるもんです(^^)
あなどれないぞ、Z会

ほどなく初めての添削が返って来ました。
赤ペンでいろいろ書かれてあって、親子ともにモチベーションが一気に上がった(笑)

教材を全然やり終えてないのに「添削問題やりたーい」ってなって、それも困りもの。全部やらないときちんと答えられないよー、と言い聞かせております。

10月、そして今月と大分慣れて来てリズムも出来るようになって来ました。
そろばん教室で先に導入していた、かけ算九九に入り、楽になった事もあります。
それでも発展問題は「ムム、やるな」という問題が続々。ありがたい事です。

我が家の場合、「勉強したら、ゲーム(DS)30分」のルールがあり、それも「Z会やってゲーム」って感じに定着してきました。

他に、体験ワークみたいなものがあって絵日記の様なレポートを出します。相変わらず本格的にやるのは大変なので、適度にアレンジして体験しています。それでもよいと担当の先生がおっしゃっていました。レポートを楽しく書けるようになる事が重要ですからね。本人は絵に気合いをいれて楽しく書いています。

漢字はZ会1ヶ月やってみての(親の)感想 にも書いた、付録の辞書を活用。調べたら一覧表に色を塗る、出来上がると絵が浮かび上がるらしく、楽しみに調べるようになっています。分からないときは教えています。教えて覚えれば成功、ですよね♪

読解は相変わらず時々要点を外していますが、その都度修正。あとは答え方のテクニックを伝授したりしています。(私、読解は得意だったんで。あれにはコツがある)

…と、日々のルーティーンに組み込まれて来た感じなのでもう少し続けてみようと思っています。
かけ算九九が終わった後の算数について行けるかどうかがヤマ、かなあ…。

→Z会小学生講座のページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NOVAの講師はNo Vacation?

ずぅーっっと昔、今ウワサのNOVAに通っていました。
TVCMが始まる前くらいでした。地元の駅前に初めてできたのです。
就職してすぐ、数十万円のローンを組みました。
当時平日が休みだった私には、好きな時間に授業がとれる、NOVAの制度はとてもありがたかったです。
外国人の講師の方もとても丁寧で、暇をみては予約をとりせっせと通っていました。

間もなくTVCMも始まり、急速に生徒数が増えて来ました。部屋も狭く間仕切りされ、授業の予約も取りにくくなって来ました。
私を含む、入ってくる多くの人が初心者クラスのため、該当クラスが常にいっぱいという状況になったのです。

それから授業数を増やす為か、授業の一コマの時間が短くなりました。
50分→45分→40分…とかだったかな。
2度程短くなった様な気がします。その分、私の購入したコマ数は増え、利用期限も伸びました。
通いきれないくらいの期間、通いきれないくらいのコマ数。予約は取りづらい。

結局最後まで通いきれませんでした(大汗

しばらく行かなかったりしていると、講師の方のモチベーションもどんどん下がっているのに気づきました。

「英会話」を学びに行っているのに、ほとんど話しかけない先生。
コミュニケーションをとるところから始めて欲しいのに、うまく聞き出してくれません。

「ふーん。」
「で?」
「だから?」
みたいな感じ。(英語でですけど)

授業の最初から不機嫌な顔で、会話どころではない先生に当たる事が多くなりました。

講師の方はほとんどがイギリスの人かオーストラリアの人。アメリカの人は少しでした。

最近はどうか知りませんが、当時は「Voice Room」というフリートークの部屋がありまして、別のチケットを買わされます。(というか授業とセットになっています)
生徒は何時間でも自由に出入りしてよく、先生は時間ごとに2、3人入れ代わります。
そこはそこで、なんで通ってんの?って思う位、上手な上級者の生徒が主のようにいて、先生とずーっとおしゃべりしています。初心者の我々は、入る隙もない緊張の空間でした。(でもチケットが勿体ないので通っていた)

そこでよく講師の方達が言っていました。
「NOVAはNo Vacationっていう意味なんだよ(笑)」
もちろん半分はジョークですが、今思うと半分は本気だったのかも…なんて思ったり。

急激に生徒を増やしていく一方、モチベーションの下がる講師。
毎日、毎時間、しゃべれない日本人を相手に
「What's up?」
と繰り返しているのですから、先生によっては「やってらんねー」って思ってたかもしれません。それが仕事ですからもちろんそんなの許せませんが、きっと思った程待遇もよくなかったのかも。

楽しい先生も沢山いました。でもプライベートで話をするのはご法度だったので仲良くする機会はありませんでした。

私が通いきれずやめた後もその学校はどんどん成長し、東口に一つだった教室が、西口にも、そしてまた一つ、合計駅前に4つ位教室があったようです。とにかくあのめざましい成長ぶりにはびっくりしていました。それがこんな事になるとは…。

以上、特にオチはないのですが…。
最近話題になっている、NOVAのおおむかしの体験報告でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »