« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

子どもの成長、それは

この秋、子どもが学校からお手紙をもらってくる。

「書初めセットを用意してください」
4000円なり。

***

そろばん教室からお手紙をもらってくる。

「上級になってきましたので、ワンタッチそろばんを購入して下さい」
なにそれ???
6300円なり。

***

バレエの先生からお話がある。

「今度の公演が終わったらトウシューズを始めましょう。何センチかな?」
ちなみに月2回のレッスン。
私「お、大きめでお願いします(^^;」
トウシューズ+トウパッド 8000円なり。



毎日のように嬉しそうに家で履く。
子どもの成長、それは、プライスレス…。



…。

眼鏡と歯科矯正も待ってるかも(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンタ来たよ!!!

寝てる時に来た音を聞いたよ!!
かーちゃんがまだ隣の部屋で起きてた時だよ!

毎年置いてた靴下がなかったから、
カゴに入れてねってお手紙を書いておいたら

「OK!」

ってお手紙に書いてあって、鉛筆は外に転がってたよ!
いそいでたんだね、サンタさん。

いつも置いておくお菓子、
去年はマシュマロだったけど
なぜか今年は「歌舞伎揚げ(爆)」

やっぱり今年も半分かじられていたよ!
残りは食べちゃえ!

お願いしていた
「リズム天国ゴールド」
ちゃんと届いたよ!

毎年おまけで一個違うプレゼントもついていて、
去年はピーチの香りのリップクリームだったけど
今年はもこもこぺんとキラキラペンと
超かわいい鉛筆削り、全部で3つも入っていたよ!

今年はいっぱい頑張ったからかなあ。

なんで「欲しいなあ」って思ってるモノを
サンタさんって知ってるんだろ。

不思議だなあ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンタがすぐそこまでやって来てるー!

サンタ追跡!
日本にもうすぐくるぞぉーーーーー

NORAD TRACKS SANTA 2008 .

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おこづかいトレーニングにビックリ

今日、何の気無しにテレビをザッピングしていて手がとまった番組。

NHK教育テレビ「土よう親じかん」 子育て応援番組.

おこづかいの話をやっていました。

どうしてる?おこづかい.

他所のおうちではどうしているのか興味津々。
そして、ファイナンシャルプランナーの岩下桂子さんのおうちのやり方にビックリしました。

まず、毎月与えるこづかいの金額は、
小学生で年齢×400円

ええっ?そんなに沢山!?
我が家だと9才だから9×400=3600円っ(@_@)

そしてここからが更にすごい。
貯金、自分の文房具、洋服代、さらに学校の教材(ふえとか絵の具セットとか)の集金までそのお小遣いのなかでやりくりさせる、というのです。
だからおこづかいを多くしても家計の支出としてはほとんど変わらないとのこと。

月末に一括で支給、そしてそれをお小遣い帳に必ずつける。

うんんーなるほど。

ちなみに我が家は、学年×100円で300円。
貯金の習慣をつける為500円を月初に支給、200円はそのまま貯金箱へ入れるようにしています。

だけど、どこまでがおこづかいで賄うのかが親としても疑問ではありました。
可愛い文房具はお小遣いか?親が買うのか?
それにうちの子どもは惜し気も無くその300円をあっっっと言う間に初日で使ってしまう。まあ、ガチャガチャ1回とか、小さなストラップが買えるか買えないかの金額ですしねえ。
さらに、洋服なんて親の気分次第で(特にネットショッピング)でつい買ったりしてしまうし…汗

上記の、小1からおこづかいトレーニング方式をはじめたこのお子さんが、今中1で30万も貯金があるそうです(お年玉なども含め)。自転車は中古を買ったりと工夫するんですって!(そうか自転車も自分でかうのか…と思った)
何が必要で何が無駄か、とか考えるようになって金銭感覚が磨かれそうですよね。

一緒に見ていた子どもに、
「これいいねーやってみようか」と言ったら
「面倒くさいから今のままでいい」だって(^^;;

この、おこづかいトレーニング本が出版されています。
番組ではトレーニングに当たって出てくるさまざまな問題点も取り上げていましたが、そのあたりも解説されていそうです。
来年1月か、4月位から導入しようか検討してみたいと思っています。


土よう親じかん はウェブとの連動をしているとの事。
他のさまざまな書き込みもなかなか参考になるので、またこちらもちょくちょく見に行こうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Z会 アドバイスコールのお話【小学生標準コース】

先日アドバイスコールについて書こうと思っていたら、ちょうどその予定の日が来たので忘れないうちに書きます。

以前の感想はこちら。

Z会1ヶ月やってみての(親の)感想.
Z会4ヶ月めの状況報告.
低学年のZ会(通信講座)の意義.
前回の記事 →Z会 教材編

アドバイスコールは3年生になってから始まりました。

ところで、皆さんお子さんに電話にでてもらったりってしているでしょうか?
我が家はナンバーディスプレイで鳴り分けをしていて、おばあちゃんなどの場合しか出ないように言っています。
イマドキ、どんな電話がかかってくるか分からないので、とらないようにしているのです。

ですから、初回のアドバイスコールの電話の応対といったらひどいもので(大汗
先生に対してタメ口だし、あいづちは「うん、うん」だし、びっくりしたけれど、そういえば家の電話のとりかたなんて教えていなかったので当たり前ですよね。
初回のアドバイスコール後、慌てて電話の応対を教えました。

さて本題にもどります。アドバイスコールについてー

予定時間に電話がかかってくると、
まずは世間話。例えば、運動会のこととか、夏休みの事とか。
今回は多分会話から察するに、クリスマスプレゼント何にする?だと思う。「リズム天国ゴールド」って答えていたから(笑)

それから今月のテキストがどれくらい進んでいるかをきかれ、そして添削問題の出来なかった所やテキストの分からない所を教えてもらう。
今月は国語の問題を教えてもらっていました。算数を聞いている月もあります。一度親が教えていてもすっきりしない所を聞き直している時もあります。

そして、来月のアドバイスコールの予定を決めて、確認。
全体で15分から30分程度でしょうか。

大抵は子どもが出てそのままですが、今月は年末と言う事で、最後に親と代わって私も少し先生とお話をしました。

前回、
「国語がさっぱり分からなくってほぼ答えまで教えてしまう状況なのですが、コレで良いのでしょうか…」
と、相談したとき、
「大学の国語の受験勉強でも最初は答えを丸写しする所から始めるので、教えて下さってイイですよ」
と言って頂いてそうなのかーっと安心したのを覚えています。

今回は「国語の成績が伸びて来ています」とのこと。良かったよ…。
そして「やはり国語が心配」と相談した所、
「確実に伸びて来ているし、今回も国語を質問した様子からも、苦手なのを分かっていて、それを克服したいという気持ちから質問しているのでその姿勢が大事」
と言って頂いてまたまた安心したところです。

最初の頃は、前回の添削はどこいったー、えーっと、質問する所はーっ、とどたばたしていた子どもも最近は慣れて来て、先生との信頼感を気づいているように見えます。
お手紙で来るアドバイスレターと言うのも選べるのですが(これはコレで形として残るので魅力的)、しばらくこのアドバイスコールを続けていきたいと思います。

→Z会のウェブサイト

そうそう、1度だけ予定を決めていたのにも関わらず、すっっっかり忘れていて電話がかかって来てはじめて思い出した月と言うのがありました(^^;; 
そのときは子どもが変則になった習い事に行ってしまっていなかったので、お詫びして後日かけ直して頂きました。それからは私のスケジュール帳にも予定を書くようにしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Z会を約1年半。さてさて【教材編】

今までも何度か書いて来たZ会の感想。
あっという間に3年生も半分以上過ぎてしまったので、久しぶりに書いてみたいと思います。
ちなみに、小2の夏休みから初めて小3の標準コースをとっています。
以前の感想はこちら。

Z会1ヶ月やってみての(親の)感想.
Z会4ヶ月めの状況報告.
低学年のZ会(通信講座)の意義.

今、読み返してみたけど今とそれほど印象は変わってないかな。というわけで、違って来た事、変わって来た事を何回かに分けて書きます。

まずは教材の内容から。
・理科/社会
3年生からは体験学習の代りに理科と社会が増えます!難易度は普通。それほど難しい感じではない様子で、いつも一気にやってしまいます。
親がみたところ、たいてい本文に答えが隠されているのでよく読めば分かる感じ。まずは国語の読解力のが必要かも(笑)
習っていない事が先に出て来たりするので、予習代わりになったりしています。

・国語
相変わらず難しいですよ!読解。学校ではここまではやらないでしょ。
理科社会とは反対で、いっつも後回しにしていますね(汗
でも、継続は力なり。とは良く言った!
ヒントを出して答えを導き出すまでの時間がここんとこでぐっと短くなって来ました!
「大きな声でもう一度音読してごらん」といって音読させるだけで「はっ」と分かる事もしばしば。
「何文字で書き抜け」「書き出せ」という設問にも慣れてきたようです。

・算数
こちらも手ごたえのあるのは以前と同じ。
そして学校の勉強が簡単に思える!というのも変わりません。
Z会のテキストで手こずっていた問題も、学校で同じような問題が後日でたときにすんなりと回答してくるのは、確実に習得して行っている証拠だと思います。
もちろん、すっかり忘れてる時もたまにありますよ(^^;
そこは親がフォロー。
我が家の場合、習っているそろばんも少しずつ上達している部分も大きいので、算数についてはZ会全てではないんですけれどね。

とりあえず試してみたい方はZ会のページから資料請求すると教材がもらえます。
→Z会のウェブサイト

もう最近は、やいやいと「Z会やりなさいっ!」と言う事はあまりありません。楽になって来た(嬉)
次回はその学習習慣の変化を書いてみたいと思います。あ。その前にアドバイスコールについて、かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日かあさんアニメ化ですって!!

ご本人さいばらせんせえのブログに載っていました(o^-^o)

あにめ化決定|銭の花はどこに咲く。さいばらりえこの太腕繁盛記 生(なま).

ものすごおく楽しみですっ

【予約】 毎日かあさん 5 黒潮家族編

を、最新刊の予約が始まっているっ=333

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »