« おはようございます。 | トップページ | 子どもが舞台に出た回数。。 »

「ルーヴル美術館展~美の宮殿の子どもたち」と 「万華鏡の視覚」展

はっぴょうかいは無事終わりました。ひと安心。
そうして、ゴールデンウィーク後半、一回はお出かけしますかぁ、と、上記タイトルの美術展です。

>> ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち

春休みにひき続き、ルーブル展です。
理由は簡単、招待券がまたまた当選したからです   (^^)
今回は六本木まで行って来ました。
混み具合は上野ほどではありませんでしたが、それでも中は結構混んでいました。

こちらはタイトル通り「子ども」が登場するものばかりで、その意義や象徴するもの、時代背景などテーマに沿って展示をされていました。
エジプトで発掘されたものもあれば、絵画も彫刻も織物もあり。
共通するのは「子ども」。

エジプト好きの我が子としてはこちらの方が上野のルーブル展より興味を持ったかもしれません。

その後時間もあったので、せっかく六本木まで来たのだからと、一度拝んでみたかったヒルズまで移動(笑)
森美術館の「万華鏡の視覚」展へ。
こちらもチケット購入から随分並んでいました。

>> MORI ART MUSEUM [万華鏡の視覚].

テーマでおっ?って思ったのですが、万華鏡そのものの展示ではないんですよねー。
そこはちょっと残念でしたが、発想が「万華鏡的」な現代アートがいろいろあって、私は結構好きでした(*^^*)
子どもは「意味わかんなーい」って言ってました。それはそうかも。
意味分かろうとしなくていいって事だけ伝えておきました(笑)

で、どっちの美術展が面白かった?って子どもに聞いたら
「どっちもつまんなかった」
だってorz
まだ早いかなー、やっぱり。
そのうち血となり肉となってくれればいいんですけど(不安)

それにしても沢山歩きましたぁ。
大江戸線の六本木駅ってめちゃめちゃ歩かされますねえ。帰って来たら足がじんじんしていました。はあ。

|

« おはようございます。 | トップページ | 子どもが舞台に出た回数。。 »

「子供はどうする?ー育児・保育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39554/44924421

この記事へのトラックバック一覧です: 「ルーヴル美術館展~美の宮殿の子どもたち」と 「万華鏡の視覚」展:

« おはようございます。 | トップページ | 子どもが舞台に出た回数。。 »