« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

小学生のケータイ事情その2:とある事件で思ったこと

子どものケータイについての続きです。

そもそもこの記事を書こうと思ったのは先日ちょっとした事件があったから。

とある日、子どものケータイに一通のメールが来ました。

いわゆる「チェーンメール」というやつです。
昔でいえば「不幸の手紙」。

子どものケータイはアドレス帳に登録された人からしかメールは受け取らない設定になっていますので、知らない人からはメールは届きません。
それは1年以上も前に習い事をやめてしまった子からでした。

小学生の場合、そんなにメールアドレスを交換した人はまだまだ多くないでしょう。そのチェンメでは10人以上に送らないと、と書いてありましたから、疎遠になった人にも怖くって仕方なく送ってしまったようです。
送られた時間もなんと朝の4時。

うちの子は学校から帰ってきてからそのメールに気付いて相当怖かったようです。

●人以上に送らないと云々っていうのは昔と変わらないけれど、一ひねりもふたひねりもしてあって、

「これはただのチェーンメールではありません」
「最新の機械を発明してあり、送らないと電波を傍受して殺しに行きます」
「実際●月●日にこのメールを止めた人がいたので殺しました」

なんて物騒なことが書いてありました。
ずらーっと並んだ文字を読んでいくうちに私もちょっと怖くなりましたが、よく考えると矛盾だらけの稚拙な文章です。

そのまま習い事にいってその事を話すと、みんなのところ、なんと先生のところにまでその子からチェンメが来ていたそうです。
だけれども中学生や先生たちくらいになると、そんなチェンメはとっくに経験済みで、
「一時期、毎日のようにチェンメが来て、そのたびに拒否してた」
「私はチェンメの止め係♪でもぴんぴんしてるよ」
と余裕の対応。それを聞いてうちの子どももすっかり安心したようです。

が、小学生のケータイはこんな所に危険があるのは事実。

「知らない」ということで恐怖心をあおられるままに自分が加害者になりかねないということ。
そして大切な友達関係にもひびができてしまいかねないということ。
また思わずメール内の文章をクリックしてしまって危険なサイトにつながってしまうなんてことも考えられます。
そして怖くて親にも相談できなかったり…。

逆のいい方をすれば、それを知識として危険性を知っていれば、怖がることもあわてることもないとも言えます。
だから「自転車の乗り方」を小3の時に警察の人がきて指導してくれるように、「携帯の使い方と危険性」という講義の時間を早いうちからしておけば、少なくとも今回のようなことは起きないのかなあとも感じました。

そしてチェーンメールについてネットで調べましたら、こんなサイトがありました。

撃退!チェーンメール

実にいろいろなタイプのチェンメがあるんだなーっとびっくりしました。
うちの子がうけとったものは2006年ごろにはやったものらしいです・・なんと古いものがっ。

●人の人に送らなくてもいいんだよ、っていくら頭ではわかっていてもどうしても怖い、という場合に転送先の代わりになってくれるアドレスも用意されています。

今回のことで「知る」ことって大事だなあとつくづく思いました。
習い事の先輩たちに「まだそんなのはやってんだー」と一蹴されて安心できたうちの子はいいけれど、習い事もやめてしまって周りからそんなメールを送られてきて誰にも相談できなくって、ごめんねーと書きながら朝の4時にありったけのアドレスにチェンメを送ってしまった子はさぞかし怖かったのだと思います。。

便利さや料金ばかりに気が行きがちだけれど、改めて子どもがケータイを持つことについて考えさせられた事件でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

子どものケータイ事情その1:持たせた理由と我が家のルール

子どもに携帯電話を与えることについては賛否両論あるかと思いますが、我が家ではちょうど2年前から持たせています。小3になる春です。

理由は主に2つ。

1)習い事の関係。
その頃の習い事、終わる時間が決まっているようで決まっていないような不規則さ。
終わるはずの時間に迎えに行っても30分ぐらい待たされるなんて当たり前だったのです。
とはいえ、終わる時間に迎えに行かないわけにもいかない。
仕事から帰ってきての送迎、時間を惜しんで夕飯の支度もしなくちゃいけないのに、いらいらするばかり。
そしてその習い事の友達たちはみんな携帯を持っていて、稽古が終ると電話をして迎えに来てもらっていた。うちの子はそれを見て欲しくて欲しくてたまらない。
ここで親子の利害が一致したわけです。。

2)学童を辞めるための準備。
学童の先生に不満があったこのころ、もし辞めたとした場合、家にちゃんと帰れるのかがまず心配。それで家に帰ったら私にメールを必ず送ることを決めて、時々学童を休んで練習していました。
私は職場で子ども専用の指定着メロがなれば、内容を見なくても家に帰ってきたんだと安心することができます。

そしてルールも決めました。

・制限された機能の中で使う。
我が家はAUなのですが、ジュニアモード・ティーンズモードというのがありアドレス帳に載っている人しかメールの送受信ができない、WEBの閲覧はできないとか、さまざまな制限を設定できます。
アドレスの交換も親がパスワードで解除しないとできない設定になっています。

・メール・電話すべては親の管理下に使用する。
メールは送受信ともすべて親が時々チェックします。
ま、習い事の友達や先生、そして家族程度なので、大したやりとりはしてないですけど(笑)
あまりたわいもないやり取りをしていたり、失礼な文章を書いていると教育的指導をいれます(^^;;

「私のメール、勝手に見たでしょー」
なんて事は最初っからないので、子どもは「親はメールを見るのあたりまえ」と思っています。
これがお年頃になっても続くのかどうか…。無理かな。

・ネットはNG
必要ないのでつなげられないようになっています。

・アプリゲームもNG
やはり必要ないので。

比較的自由なのはデータの赤外線通信くらいかな。
デコメ素材などを習い事のお姉さんたちによくもらったりしています。デコメ使えない機種だけどっ

2年たった今は、習い事もほぼ時間通り終わるようになり、アドレス交換した友達もほとんど辞めてしまいました(汗)
今は下校帰宅の連絡と目覚まし代わりになっていますが、放課後子ども同士で遊びに行ったり、今度は自分で習い事へ通うことを練習中なのでその時には持たせています。

購入時がこの春の時期でしたので、新規ゼロ円でキャッシュバック●●円、プラス●●ポイント付与みたいなキャンペーンを最大活用して購入し、さらに家族割で家族間通話料無料、他も無料通話分を分け合えるので基本料金のみです。

今度はガンガン学割とやらに入ろうと思っていますが、対象機種じゃないんですよねー・・激安の機種変を探すか新規ゼロ円で入りなおすかも知れません。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »