子供はどうする?ー育児・保育

公立中学というトコロ:おカネ・PTA編

中学生になって約一カ月。今のところ楽しそうに忙しそうに通っています。
本日、授業参観&保護者会が終わり、ひとしきり落ち着いた感じでしょうか。
ということで、自分の記録のためにも、中学と言うところの私なりの印象を書きとめておくことにします。

○意外とおカネがかかるぅ(;・∀・)

私立と違って公立だから全然おカネかかんないわよ、なんてことはなく、、、
・制服 冬夏で約5万
・体育着・ジャージで約2万
・靴・カバン・靴下などなどで約1万
・シャツ、ブラウス、体育着洗い替えもろもろ
などなど揃えるものだけでざっと10万近く。

それに加えて給食費と教材費と林間&修学旅行の積立で毎月約15000円。
部費や部活の活動費は部活によるかな。運動部はウエアや道具やシューズを揃えたりしますよね。
そーしーてー、塾に通えばまたかかりますね。。。。

小学校入学の時のランドセルや机、みたいなものは無いけど、ある程度の入学準備金は公立進学でも用意しておく必要があります。
ちなみに卒業入学式の時の自分自身の服は、卒園&小学校入学式の時のものを使いまわしましたw
ママ達は卒園式の時に、6年間で流行りのなさそうなデザインの服を選び、その服が再度着られるように体 型 維 持に努めるのが得策かと思われますwww

○中学のPTAは3年分一気に決める

小学校時のPTAのときにPTA川柳シリーズ を書きました。その時にうわさに聞いていた、
「入学式時に体育館を締め切り、3年分決めるまで帰れない、そして怒号が飛ぶ」
ってやつ。
確かに締めきって決めるのはそうでしたが、怒号は飛ばず、淡々としたものでした。
その決め方はこうです。

まず役員の種類5×3年分のマスの書かれた紙をわたされます。この15のうち、やりたいもの(=やってもいいもの)1番目に◎、2番目に○をつけ、クラス単位で全員提出します。
たとえば、1年の学級委員に◎、2年の広報委員に○、など。

そのクラスで、ある委員に◎をつけた人が一人しかいない場合は、その人がその委員になります。
◎が複数いる委員はじゃんけん。負けた人か勝った人かはクラスによるけれど、うちのクラスは勝った人でした。一人勝ちぬけたらその人が委員。
それで埋まらない場合は、○で同様の事を行い、それでも埋まらない場合はくじ引きとなります。同じくじで役員さんが転出などされた場合の補欠も決めます。

委員決めをお休みした人は進行の人に全権委任。その代理の方がじゃんけん勝ってしまって委員になってる人、いました(;・∀・)

もうどうしたら逃れられる?なんて必勝法はありません。みんな公平。どれが比較的楽なのか、を慌てて情報収集した程度です。んで、絶対嫌な役員やらされるより、やってもいい役員になってしまったほうがいいのかも、って考えて希望を出す…くらいかな。

ずーっと下を向いてて、数十分の沈黙ののち、根負けで手をあげる、とかそんなのは時間の無駄と言うことでしょう。なりたい人なんていない、って前提でじゃんけん、くじ引き、ハイ、終了。
私は運よくじゃんけんにもまけ、くじ引きにははずれ、役員は逃れました^^これで3年間安泰だ~(^O^)/
だけど万が一くじ引きに当たって役員になってたら腹は括ってたと思います!
「やるときは 腹をくくろう PTA」ですよ(笑)

長くなりそうなので残りは次の機会に書きましょう。次回は部活、勉強、生活編です。

追記:
うちの子の中学の場合は、小学校のように子ども一人につき必ず1回役員をやるというルールはなく、役員をやる人とやらない人が出てきます。
またひとつの委員につき、小学校はクラスで複数人いたけど、中学は一人。だから委員が5つあれば×3年で15人の方がクラス内で役員をやることになります。

また、小学校と違うところは集まりも夕方が多いようです。お仕事されてる方が多いのを配慮して、また子どもも部活で帰りが遅いし、帰宅部だったとしても留守番の心配などがなくなるからでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中学生のおすすめ国語辞典とは

それは平成4年、保育園の頃からブログを始めて、この4月、めでたく中学生になりました(^◇^)

で、中学関係、ツイッターでは事足りずブログ記事にしたいことはいろいろあるんですけど、今回は国語の辞書選びを覚え書きしておこうと思います。

ついこの間小学生の国語辞典を買ったと思ってたのにっ!

【教えて】小学校低学年 オススメ国語辞書

国語の先生から小学生用の辞典では語彙が足りないので大人用を買うように言われたそうです。特におすすめは言われなかったようです。

なのでネットで調べてみました。
具体的には
例解 新国語辞典
明鏡国語辞典
などの名前が挙げられていました。

国語の辞書で一番有名なのは新明解、だと思うのですが、これはまだうちの子には早いかなーと世間の評判からも感じていますのでとりあえず参考程度に。

ポイントとしては
・版がなるべく新しめの物。
・実際に手に取ってみて子供本人が使いやすいと思ったもの。

とのこと。さっそく子供と大きい書店へいってみてきました。

ぱっと見のデザインでひとめで子供が気に入ったのが旺文社の国語辞典。


確かにシンプルでスタイリッシュなデザインですね。
収録語彙も82000語ととても多くてなかなかなのですが、残念なことに現在販売されているのは2005年の版なのです。
7年も経つといろいろ言葉も変わるでしょう。今後は何十年も使うかもしれないけど、買うならやはりもう少し新しい方がいいかなーと思い、却下。

そして版がより新しい前述の二つの辞典を中心にいろんな言葉を調べてみました。
・簡単すぎて説明できない「上」
・「全然」「やばい」の使い方について

どれにどうだったか明確にはおぼえてないのですが、「全然」を肯定的に使う、というのは全ての辞書に載っていました。「やばい」の最近の口語的な表現(おいしくてやばい、など)にふれられていたのは明鏡だけでした。

まあ、そんなのが今後の調べ勉強に影響してくるかどうかわかりませんがー。

そして近くにあった文庫で目についた難しそうな言葉を一つ調べてみました。
「傲慢 ごうまん」

例解新国語辞典では、「偉そうな云々…」に対し、
明鏡では「おごりたかぶる云々…」。

うむ。
「おごりたかぶる」がわからないうちの子には、例解新国語辞典のが合っているようです。
ということで、例解新国語辞典を買ってきました。

この辞書は2011年12月に改訂されたばかり。掲載語数は約58000語と明鏡の70000語からは大分数が少ないですが、新課程の中学国語教科書から言葉を採録しているとのことで、当面は事足りるのではないかと思っています。
また数々のネット上のレビューでも大人まで使えると書いてあったし、最近あまり本を読んでなくて語彙が乏しく、また国語も苦手なわが子には、平易な表現で説明がされている方があってるのでは、とこちらを選びました。

たくさん本を読んで語彙の豊富なお子様だったら、むしろ色々な用例も多い明鏡の方がいいかもしれません。このあたりはお子様によるでしょうね。

うちの子にとって明鏡はやや大きく重く、ページをぱらぱらと調べるときになんとなく調べづらいと感じたようです。
そしてもう一つ重要なポイント、
普通は脇の見出しのところについている、「あかさたなの印字」
これが明鏡にはなかったのです。
自分で書けばいいじゃん、とも思いますが、子どもにとっては大きなポイントのようです。


学校に1冊、そしてまた家にも1冊用意しなくてはならないような流れになりそうなので、その時は2冊目としてに明鏡か、小さいサイズの三省堂国語辞典 小型版 か、版が改訂されるのを待って旺文社の国語辞典を購入しようと思います。家に置くなら新明解でもいいかも!

軽くて小さいサイズって、持ち運びやすさと言う点で自分的には侮れないんですよねー。カメラでもビデオでもそうじゃないですか。もう私の年じゃ目がしょぼしょぼしちゃうけど(・・;)

そういった携帯性の意味でも、そのうち電子辞書も買うことになるんでしょうね。。

余談ですが、「ツイッター」がのっている辞書はあったけど「フェイスブック」はさすがにのってる辞書はみなかったなー。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学の学習は高校受験コースから始めてみる

年明けから中学受験シーズン真っただ中。
中受しないうちの子は、申し訳ないくらいに冬休みをのんびり過ごしました(・・;)

中受をするのはどれくらいの比率なんでしょうね。
地域差が大きいとは思いますが、うちの子のクラスでは今のところ3学期お休みしてるのは3、4人、つまり約1割程度のようです。
2月1日にならないと全貌はわからないけど、意外と少ないのかなあという印象。

さて昨年の同じ時期にも「悩むー。中学受験をしない高学年の勉強準備 」という記事を書いてますが、、

高校受験組の我が家の悩みは相変わらずのまま、いよいよ中学ですよ!

準備どころじゃありません。
昨年末にはZ会からの案内はもちろん、ベネッセの怒涛のDM攻撃(笑)もあって、中学からは塾にするか?通信講座でやってくか?いろいろ考えたり子供と話し合ったりしてました。

そこでうちの子供の事を小さい頃から知ってるお姉さんが、別の地域で塾の先生をしているのを思い出し、思い切って聞いてみました。

「やっぱり中学生になったらすぐに塾って入ったほうがいいんですか?みんな入ってます?」

答えは
「うーん。それぞれのお家の方針ですねー(笑)。でももし、1学期の期末テストですっごく悪い点数とったとしても、1年の1学期だったら高校受験まで十分取り返せますよ。」

とのこと。
だったら、しばらくは今のまま、Z会の通信講座を続けてみて、ヤバかったら塾も考えることにしよう、となりました。

で、Z会の中学生用講座。
塾より安いとはいえ、小学生コースとは違ってお値段もぴかんっと上がります(;・∀・)

高校受験コースと中高一貫コースがあり、うちは高校受験コース。
「中学生コース」ではありません!「高校受験コース」。
中高一貫と区別するためとも思われますが、入学当初から受験を意識した名前。

更に中1と中2は難関国私立コースと公立コースに分かれ、ここはひとまず公立コース。

更に更に、
・レベルはスタンダードとハイレベル
・分量がはギュラーとライト

と選ぶようになっています。これが英数国理社、1科目別にカスタマイズできるのかな。
(間違ってたらごめんなさい)
専科で作文。

なんかもうファミレスのセットみたいだな(笑

どのコースにしたらいいかさっぱりわからん!
ってことで、 Z会のサイトに「コース・レベル選択アドバイス」というのがあるのでそれで試してみました。

んで、我が家の場合は、
「えー公立コースで5教科、スタンダードでレギュラーでお願いしまーす、あと、オプションで作文ね。」

という感じでオーダーしました。
物足りない教科があれば途中でハイレベルに、またとてもこなせないとなればライトに変更しようかなと思っています。

通塾するとなれば、たぶん英数、プラスで国語の3教科って感じでしょうが、ここはひとつ頑張って5教科続けたいと思っております。

そしてスタートセットが早くも届きました。どどーん。

498208902

ものすごい量!!Σ(゚∀゚ノ)ノ
教科書ガイドというか、参考書みたいな冊子全教科、英語のCDROMつきテキスト数冊、小学校復習問題集、中学生活の心構え、テスト対策、ノートの取り方、作文のノウハウ云々。。。
いくつかは早期予約特典の冊子だと思いますが、勉強のみならず、かゆい所に手が届いてるなーという印象。

机の前の本棚に教科書と一緒に並べきるかなー。
これだけあれば、副教材を本屋で探す必要なしでは。
進研ゼミさんもこれ位かそれ以上届くのかしらん。

小学生コースとは一線を画したこの教材量。
本気で勉強に取り組んでいかないといけないんだな、と身の引き締まる思いです。

親が引き締まってもしょうがないな(汗
子供もこれをみてびっくりしてました。同時に勉強しなきゃーって心のどこかで思ってる…はず。…と思いたい。

この教材で学習と中学校生活の心構えの準備は「ひとまず」揃った感じ。
後は入る部活にもよるし、入学してみないとわからない!
英語もうちはあえて何も準備してないので、とても心配です。
一体どうなるでしょうか。。。。どこまで続けられるでしょうか。。。
1学期の定期テストの結果次第で次の手を考える!

Z会のサイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Z会の作文コースをとってみて【小学生】

お久しぶりです。
ずーっと書こうと思っていた記事です。

小6のわが子は、Z会の作文コースを4月から取っています。
9か月続けてきてどうか?ということを親目線で書いてみたいと思います。

■■始めた経緯

とにかく、作文が全く苦手なわが子。
私も教えられないし、教えたところで聞きやしない(#・∀・)
そんなわけで作文通信講座を別に探していたところ、Z会で作文講座が始まるとのこと!
4教科もとっているし、オプションではじめられる。
本人も少しでも書けるようになりたいということで、これは丁度いいと始めました。

■■大体のしくみ

毎月テーマが決まっています。
感想文、意見文、インタビュー、自己紹介など様々です。
それを書くにあたり、メモを作っていきます。
いくつかの「わたしならこうだわ」みたいなヒントがあり、それをもとに自分の考えのパーツを集めて行きます。

考えを掘り下げるポイントなども書いてあります。

「なぜなら」「自分だったら」などなど。

接続詞の使い方のトレーニングや、文の区切り方、新しいボキャブラリーの使い方、ねじれがないかなどの語彙・文法のトレーニングもあります。

そして「はじめ」「なか」「おわり」と構成を組み立てて行きます。

下書き→清書→提出→添削 と続きます。

漢字間違い、表記間違い、内容について等、丁寧に添削されて返却されます。
表記や表現、構成など5つの項目がABCで評価がつきます。

■■やっている子供の様子

とにかくとにかく毎回苦しんでいます(笑)
最後の最後まで残してぎりぎりに仕上げています。

文章を組み立てる以前の問題で、
月々のテーマに対して感じることがまったくないのでそこをひねり出すのに苦労しています。

「何にも思わない」
「どうでもいい」

からそもそも「構成するメモ自体」思いつかないのです。

それでもなんとかかんとか毎月ちょっとずつ遅れつつ書きあげています。

■■親のかかわり

私はやれやれとは言いますが、内容についてはほとんど口を出していません。
最後の下書きだけ見せてもらって、あまりにおかしい時だけ少し助言しています。
まったくテーマが意図することと外れたことを書いてた時もありましたので。。

■■親から見て…作文力はつくか?

これはつくと思います。
私も見ていて作文にはある程度の「書き方の決まり」があるなーって感じました。
主張をまず書き、理由を書き、体験を書き、まとめる、、みたいな。
そこって一番教えて欲しかった所ですよね。自分も^^;;

本人はまだあんまりその辺りを理解していないと思います。
でも毎月書くことによって無意識にその法則が身についてきているように思います。

すっごい苦しんで書いているときの文章をみて、どんなにひどいのかと思うと、意外とまとまってるじゃん!って時もありました。
ひととおりのメモを作っていくとそこそこの文章は作れるようになっているようです。

■■その他

そんなわけで、構成するノウハウはこれやってると自然とついてくると思います。
問題は「何も思うことがない」って言うところです(;´∀`)
これはいろんな体験をしたり、本を読んだり、映画を見たり、といったことが大事になってくるのかなあって思います。
ゲームやったり、TVぼーっとみたり、受身の生活で主体性がないのがまずいのだと思います。

余談ですがうちの子、文章は苦手なんだけど、絵なら表現豊かなんですよね。。。やっぱり得意不得意ありますよねー。。。。

この作文添削、中学生になっても続けるかどうかはまた子供と相談しながら決めたいと思います。

ここから資料請求をするとお試し教材がもらえます。
来年度から小学生のZ会、英語もありますね!
Z会のホームページ

※追記 2011.12.21

昨日、市の作文コンクールの佳作の賞状をもらって帰ってきました(^O^)/
何書いたか覚えてないけど、夏休みの宿題で提出したものだそうです。
なんと、うちの子が作文で賞状もらえるなんて!!(嬉涙( ;∀;)
Z会作文添削のおかげですね。。

Z会のサイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お台場合衆国に行ってきた。攻略というか覚書

なんだか眠れないのでものすごく久しぶりにブログを更新しています(;´∀`)

タイトル通り、お台場合衆国に子供と二人で行ってきました。
数年前にもお台場には行ったけれど、パスポートを買って有料コーナーに入ったのは今年が初めてです。

今年は割と涼しい日が多かったけど、今回はとにかく暑かった。ハンパなく暑かった。

これから行く人の参考にもなるかとおもい、こうしたらいいかも/良かったとかいう覚書を書いてみます。

今回私達は、めざましライブがまず最初の目的でした。
事前抽選の観覧優先パスポートは外れてしまいました。
でもライブの音は聞こえるし観覧席の外から見られればいいかな、と。

私が行こうと思う位なんだから、みんな行くんでしょう、1万人位集まったそうです!めざましライブ最多なの?
うひゃあ。

9時きっかりにお台場につきましたが、既に人がいっぱい。
パスポートを買わなければいけないのですがもう行列。

●パスポート購入は本社側のが???

買うところがフジテレビ本社側と、めざましライブやワンピース・めちゃイケブースのあるサンサンアイランド側とあと一つくらいあるみたいです。
ライブ目的の人はサンサンアイランド側で買った方がちかくてそのまま入れるのですが、今回の感じではフジテレビ本社側の方が早く買えた…と思います。
窓口も10個位あり、TDRのチケブなんかと比べても、意外とすんなり買えた印象。

両方に並んで比べたわけではないのですが、直感的に本社側に並んでチケットを買って、ライブ会場側へ向かう途中の行列がものすごかったのであっちのが時間かかってたかと。

これはライブ出演者の人気具合にも左右されると思うし、なんとも言えないですけど…(・・;)当方は責任を負えません。。。。

●ワンピースは大人気

私達が9時過ぎにたどりついたときは、既にサニー号は120分待ちと出ていました。うちの子は別に入らなくていいと言ったので外から眺めるだけ(笑)
ショップも並んでましたねー。

●ライブはよく見えなかった。

背が低い私達。ほぼスクリーンでしかご本人は見えなかった。。。だけどライブ演奏は聴けたので良しとしなくちゃかな。

●ライブ終わりは要注意!

ライブ目的じゃない方はライブが終わる前にいろんなとこ回ったり食べ物買ったりした方がいいと思います!終わった直後のカオスはハンパなかったです(・・;)

●持参した保冷水筒が大活躍!

とにかく水分補給、大事です!!ほんっとうに暑くって体中の水分が全部抜ける思いでした。
保冷の水筒に目いっぱい氷を詰めてお茶類を少し入れて持って行きました。
現地でお茶、水は調達できるけれどぬるくなってしまうのですぐにこの水筒に入れ替えてこまめに飲んでいました。
キンキンに冷たくて生き返りましたよー。
くれぐれも炭酸は入れないでくださいね!!

ちなみにライブ後は自販機にも行列ができてました。
ライブ始まる前は、ライブ会場右手奥の自販機が空いてました。

●晴雨兼用折り畳み傘も活躍

このところのゲリラ豪雨のこともあるし、あまりの暑さもあるので持参。
やっぱり帰り際にすこし降られました。
炎天下を歩く時も使えたし、(ライブ会場では閉じるように言われます)
持って行って良かった。

●「足水」気持ちよかった^^

めちゃリゾートハワイアンズのところの足水、足元数センチに水が張ってあるところがあるんですが、そこに裸足でしばらく入りましたら、結構疲れや暑さが緩和されました。

●並ぶのは覚悟。でも意外と進む(体感には個人差があります)

あまりいろんなブースを回らなかったので実はそんなに並んでないですが。。
でも食事も思ったよりスムーズでしたし、(めちゃイケの変わり冷やしめんを食べました)
本社の上に上がるエレベーターもかなり並んでたけどずるずると列が進むので、まああまりストレスなく並ぶことができました。
私達が並んだところは、書いてある「何分待ち」より気持ち早かったかな?
あー、でも社員食堂は80分待ちと書いてありましたね。食事にそれくらい待たされるとちょっときついかも。

そうそう、上りのエレベーターに乗った時、子供が外をみながら
「これ、もし(ディズニーシーの)タワテラだったらどうする?」
なんていうもんだから、妄想力が爆発してめっちゃドキドキしました(笑)

本社内のアトラクションも子供が希望しなかったので参加せず見るだけでした。もう大分疲れていてね。でも本社内は節電とはいえ、いくらか外よりは涼しいのでちょっとほっとしました。

●日焼けも注意

日焼け止めも持って行ってまめにつけなおしてたんですけど、首元胸元をつけ忘れ、くっきり赤くなっておる。
あちゃー(-_-;)

以上、思い出すことそんな感じです。
日曜と重なってライブ最多動員数となれば、今日ほど混むことはそうないのかも知れませんね。

すっごく疲れてるはずなのにこんな夜中に寝られない。
まだ体の中に熱がこもっている感じです。
帰宅したらシャワーじゃなくてゆっくり湯船につかればよかったかな。

ではおやすみなさい^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悩むー。中学受験をしない高学年の勉強準備

小学5年生の子について、いろいろ考えています。

中学受験は今のところしない予定。
周りの中学受験する子たちは塾に通い、黙々と勉強しています。

小学生なんだから、そんなに勉強ばかりしてないで、むしろ色々な体験や底力や地頭をつける方がいいのでは、と思う反面、彼らはあれだけの量を勉強しているのですから、中受しない選択をしてるわが子もやはりこのままでいいのだろうか??と正直親としてはあせります。

現実をみると、習い事と宿題で手いっぱい。これ以上なにかをすることは難しい。
そんなわけで4月で6年になるこの時期に、リセットを考え中。

通信講座のZ会は、5年に入ってからは学校の宿題が増え、遅れがち。ぎりぎり提出が続いています。
が、今年度からコースが一新され、作文コースができたのでこれを追加!
もともと苦手な作文なので、このコースはわが子にはうってつけなんですが、かなり負担が増えることは間違いないな。。。

踊りは続ける。
無謀にもコンクールに4年間挑戦し続け、やっと昨年結果がついてきた。
今年は小学生の部に出られる最後だし、本人も楽しくて仕方がない。練習は通常のおけいこ+週2,3回。

と、なると、そろばん。
一応3月で辞めるかどうか検討している。
もう段まできたし、当初の目的の「スーパーでちょっとした合計とお釣りの暗算」はクリアしている。
本人は続けたい気持ちもあるんだけど、競技会とかは実力のある年下の子もたくさんいてかなわないし、国家予算並みの計算をしているし、もう十分な感がしているんだよねー。親としては。

週3回通っているので、これやめたら、ちょっとした(?)学習塾か、英語の塾が検討できる。
そして本人がやりたがっている書道、1年間だけでも習えるかも。

いっそのこと、Z会やめて塾一本っていう手もあるかな。でもカリキュラムの量と難易度が程良くて、結構気に入ってるんですが、Z会。(親が)

そう思う反面、小学生のうちは塾は必要ないかなーって気もするし。悩んでおります。んー。どうしようか?本人は塾とか行きたいタイプ。

私が心配しているのは、中学へ入ってからの英語(小学生から始まってますけど)。
どうせなら本当に使える英語を習得して欲しいので、アレルギーだけにはなって欲しくない。

そして、中受勉強するも公立中へ進学した子とのギャップ。なんかあまりに差がついていたらやる気をなくしてしまいそうなわが子の性格・・・

中学の間にもしも行きたい分野が定まって、行きたい高校が見つかった時に行ける実力
あるいは行きたい分野が定まってない場合は行ける高校がいくつか選択肢があるくらいの実力

があればいいんですが。。

高校受験、ってまだ4年後。とはいえ、もう4年後。
小学校の6年間よりも早く来ちゃうから!

なんならこの際、踊りを極めて、踊りの推薦とかで進学してもいいっすよ(そんなのあるのか?笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます。

謹賀新年!

昨年はツイッターアカウントを1月1日にとって、しばらく放置、その後最低1日1ツイートを目標に再開し、そのあとはずっとツイッターにもぐりこんでしまいました。
ブログの記事を楽しみにされている方がいましたら、申し訳ございませんm(__)m

ブログの更新もしようと思いつつ、つぶやくだけで気が済んでしまう自分がいました。
でも文字数の多いブログも今年は目標1カ月最低1記事を目指して書きたい!かなー。。

実は昨年仕事を辞め、考えることも色々あって、のんびり求職活動中。
子供とでかけたり、読書したり、編み物したり、車のシートカバー作ったり、WMではできなかったことをやってみたりしています。
掃除、片づけは仕事辞めてもできないことに気がついた(笑

今年は小さな目標、大きな目標を細かく掲げて少しずつ前に進みたいと思います。

ということで、最近はつぶやきの方が多いのでぜひ、そちらでもからんでください。
ツイッターはこちら

皆々様にとっても楽しく素晴らしい年になりますように。
本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小5の夏休みにやった事

2学期入って半月、いまさらな感もありますが、
今年の子供の夏休み、結構盛りだくさんだった気がするのよねー。

子供の宿題にも日記や一言日記はなく、予定表だけだったので、覚えも兼ねて忘れないうちに書き留めておこうと思います。順不同。

学校のプール。
これは毎年あるけれど、希望者に教えてくれるやつはあんまりたくさん来ていなかった様子。50メートル泳げるようになったって!やるなっ。

踊りのコンクール。
小2から挑戦し続け4回目、最後は週3~5の練習もきつかったけれど。
今年ついに念願の入選を果たし、先生も親も子供も大喜び。結果を出せたというのはこの夏すごく大きかった。

仲のいいお友達数人とTDS。
一人お友達の親御さんが引率してくださって大変感謝。何日も前から楽しみに計画を立ててました。行ってみると自分の思い通りにいかなかったこともあったりしたみたいだけど、それも社会勉強。

歯医者もいったなー。数回。私も行ってた。あと眼医者も行って視力チェック。ちょっと悪くなってた(汗

家族旅行。
これ、結構、親的には頑張ったのに、子どもにとっては印象薄かった見たいで残念。これこそ、書き留めておこう(笑)
陶芸体験、和紙の紙すき体験、ガラス吹き体験、そしてラフティング。それからものすごい奥地の不思議な露天風呂。宿泊先ではフルコースが夕飯にでたり。
陶芸は2カ月かかるとのことでまだ家に作品は届いてません。楽しみ。

科学館で工作。
これ、先着順で昨年のんびり行ったら定員になって作れなかったので絶対リベンジする、と。
今年はものすごく朝早く並んで無事作ることができました。

サマーキャンプ。
これは別記事の通り。一大イベント、本人の一番楽しかった夏休みの思い出でしょう。
実験したり、川遊びしたり、寝袋で寝たり、肝試ししたり。帰ってきて知り合ったお友達に手紙書いたり。

家族でプール。
1回行くのが精いっぱい。帰りにカラオケも行きました♪

夏祭り。
週末ごとに地域であったのだけど、旅行やキャンプと重なり、こちらもあまりいけなかったなー。浴衣も一度着ただけ。来年はあの浴衣着れないだろうから新調しよう。

じーじ&ばーばの家にお泊り。
翌日はスカイツリー見て花屋敷も連れて行ってもらったらしい。だけど途中熱中症のような症状になったそうな。暑かったからねー。今も暑いけど。。。

映画。
アリエッティ見たいと言っていたのだけど、評判調べてトイストーリーに変更。結果オーライ、親も子も泣けたー。本当はヒックとドラゴンも見たかったのだけど、上映少なすぎて行けず。

ジョンレノン美術館。
9月末閉館と言うことで、一度も行ってないよー、親の私が行きたい!ってことで私の友人とスケジュールを合わせて、連れて行きました(^^;
8月は子供は入場無料でした。

宿題。
前半は本人出したいと言っていた習字、それから親がやってほしい作文2つ。今年は読書感想文書くのが嫌だと言われたので、短い作文2つに変更。ドリルぼちぼち。
ドリル以外はいろんな中から2つやればいいので既にクリアしているのだけど、本人がやりたいと言っていた自由研究と貯金箱と絵を後半に。これが時間がかかって親はイライラ。

結構な忙しさで、学校のお友達とはTDS以外全然遊んでない。。私が子供のころはあっちこっち遊び歩いてたけど。。
夏休み前には約束したりしてたみたいなんだけど、本人も誘ったり誘われたりしてないし、それで別に何とも思ってないのでいいか。めちゃ暑かったし。

以上。かな。ずらずらずらっと。
高学年ともなると年齢制限が外れていろいろ出来ることが増えるから、体験的なものは自然と増える。
でも中学生になると一緒に出かけたりもしなくなってしまうだろうから、今、ちょっと無理をしてでもいろいろやっておいた方がいいのかな。とか思ったりもしたけど…
それにしてもお金かかったなー(大汗;;;

以上、私が忘れないように夏のイベント記録でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年のサマーキャンプ

昨年の夏休みに始めて行かせたサマーキャンプが思いのほかよかったので、今年も同じ団体の違うプランに参加をすることとなりました。

昨年の記事:
サマーキャンプのススメ

上記の昨年の記事には1:学童がわり、2:自然と触れ合う、 みたいなことが目的と書いていましたが、2度目の今年の(親としての)狙いは、ずばりいろんな人とのコミュニケーションをとる事です。
そこのキャンプは知り合いと同じプランには参加できても同じグループにはなれないんです。
数日間でゼロから協力し合ってお互いを尊重し合って仲間になっていくという体験ってなかなかないし、そういう環境で自分の居場所を確保できる力って、将来凄く自信になると思ってます。

昨年は2つ程下の子たちに振り回されていたようなので(まあそれも経験なんですけど)今年は、少し学年の高い子たちで形成されるプランを選びました。

それが良かったのか、昨年とは違い、とても楽しかったーと帰宅してきました。同じ学年、同じ性別の気の合う子がグループにいたのも運が良かったのかも。
とにかく土産話がとまらない、とまらない…(^^)
向こうでお別れする時(関西組と関東組に分かれて帰るので)に号泣したそうです・・。

そして今回は関西からの参加の子がグループに多かったらしく、不思議なイントネーションでしゃべるようになって帰ってきました(笑
方言がうつってしまったというより、意識的にしゃべっているようです。今でもおかしな抑揚でしゃべってます。それほど楽しかったのでしょうね。

それから、住所の交換も何人かの子としてきたということで、帰宅後何通かお手紙が届きました。メールじゃないですよ、お手紙ですよ!なかなかいいもんですねー。
あんなに作文や感想文が苦手な子供が、ハガキ一面にびっしりお返事を書いていたので凄いもんです。
感想文もそうやって手紙風に書けば書けるんだよ、と言ったんですが、またそれとは違うらしい(爆

昨年の記事にも書いたのですが、料金は決して安いものではないです。が、塾の夏期講習の金額と比べてしまうと、そうは変わらないです。。
勉強を選ぶか、そういうプライスレス体験を選ぶか(目には見えないんですがね・・)は、それぞれのご家庭のご判断だと思いますが、我が家ではキャンプの方を選びました。
勉強少しくらい出来なくても、人とのつながりを持てる人間になってくれた方がいいのかなーってことかな?

今年は結局、昨年と同じ長さの別のプランに行きましたが、来年はいよいよ長期プランに行くようになるんではないかと。。
●日間プランで会えたら会おうねーってグループのみんなと約束してきたんですって。。それって一体いくらになるんだよー(大汗

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今年の旅行は川でラフティング体験♪

最近過去記事の蓮沼ウォーターガーデンへ行ってきましたにたくさんアクセスを頂いております。
ありがとうございますhappy01
蓮沼ウォーターガーデンに行ったのはもう、おととしの事。早いなあ。。。。

で、今年の我が家は海、プールではなく、あえて「山・高原」方面を選択してみました。なんだか、とーちゃんが今年は山へ行くとラッキーなんだそうで(笑)

海と違って山方面は予約が比較的取りやすいです。
どこがいいとかよくわからないまま選んだのは群馬県・水上方面。
何して遊んだらいいのかもわからず宿泊先を楽天トラベルで予約すると、宿泊先からラフティングというアクティビティを勧められました。

川をワイルドにボートで下っていくってやつです。
料金が一人当たりTDLのパスポート並みからそれ以上なので躊躇したのですが、もう一生に何回もすることもないかーっと思い、思い切って予約しました。

集合時間にツアー会社に集まり、説明を聞いてから持参の水着の上からウェットスーツに着替えます。そして長袖のジャンパー?みたいなのを来て、ライフジャケットとヘルメットをつけます。

私たちのボートは私たち家族と、1年生と3年生のお子様のファミリーと計7人プラスガイドさんのグループでした。

そもそもラフティングって、ボートに乗って、ひっくりかえらないようにみんなで力を合わせて川を下るんだと思っていたら、大間違い。

川を下る感じそのものはアクアトピア@TDSのめっちゃワイルドなリアルな奴って感じ(笑)なんですけど。

とにかくまずいきなり川に入りますし、水を互いのボートにばっしゃんばっしゃん掛け合いますし、途中で飛び込んでみたり、流されてみたりと色々させてくれる?させられる?のです。

私なんて50cmのところから川へ飛び込むのだけでビビっちゃいました(大汗
もともとワイルド要素が全くないし、自分。
でも一生するはずのない経験をしたって感じです。

その後の流されや飛び込みは、その後の体力を考え、我々親は丁重に辞退させていただきました(笑)強制は一切ないので、不安な方も大丈夫です。
が、他の若い人たちグループや、もうひと家族の方々はみな、積極的に参加してました。すごいなー。

うちの子供も大人に混じって結構な高さの数メートルの岩場から川へダイブ!
みてる方が怖いくらいですが子どもは楽しそう。小1、小3の子も少し低いところから喜んで飛び込んでました。

そして最後には全員ボートから川に容赦なく落とされるというお約束で終わりました。よかった、体力温存しておいて(^^;

夏のラフティングならではですかねえ。春・秋だとそうそう水に落とされたりはしないかも(^^)

とにかくツアーガイドさんが楽しくってテンションが高い!
子どもはともかく、我々夫婦には全くないこのハイテンション(笑)
それでもノリノリでイェーイとか言いながら楽しみながら参加しました。

何もかもが我々家族にとって全くの初体験。この年でこんな初体験するとは思わなかったわ…。

今回あんまりじっくり調べられなかったのですが、もともとスキーなどのウインタースポーツがメインの地域で、そんなに遊ぶ場所もないので、ラフティングを組み込んでちょうどよいスケジュールとなりました。

海なら、一日海にいてそこで遊べばいいんだけれど、山だとそうはいかないからねー。

あとはものつくり体験とか、温泉とか、山の散策とか?
散策は我が家はあまり興味ないのでー…。

温泉も、ものつくり体験するところも、夏休みなのに程よく空いていて、温泉ゆったり、ものつくりも待つことなく出来ました。
もちろんものつくり体験料はそれなりにかかります(涙

プールも海もなかったのに、子どもは今回の山の旅行がものすごく気に行った様子で、帰りたくない、また来たいと言っていました。

子どもと出来るファミリーラフティングは夏のみ(たぶん小学生以上かな?)
他にはカヌーとかもあるそうです。
海ではなかなかできないアクティビティ。
毎年海にばかり行っているご家族の方、思い切って発想を変えて、一度は山で楽しんでみてはいかがでしょうか。

旅行なら楽天トラベル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧