本・映画・音楽・芝居

アバター 3Dを観て来ました。

どうしても3Dがみてみたくて、ウワサのIMAXの映画館まで見に行きました。

軽く酔いました(@@)

席が前の方になってしまった事もあっったのか、シーンによってはくらくらしました。めまいのような感じです。
早い激しい動きのところは目がついていけてないし。
年ですかね(汗

まあスゴイですねー3D。
子供も大興奮でした。

ストーリーは、

マトリックスと
エヴァンゲリオンと
もののけ姫と
ラピュタと
ナウシカ
を混ぜたよう…、というか、
それぞれのエッセンスが入っているというか、なんというか。

見た人なら何となく分かってくれると思う(笑)

大画面で映画が見られれば良かった昔とは違い、今はDVDを家で見ればいいからわざわざ高いお金を出して映画館まで行く必要性が感じられなかったけれど、3Dのあの迫力ならば映画館で見る価値はあるかも。

もう少し3DIMAX対応の映画館が増えてくれればいいのになあ。
そしてもう少し安かったらいいのになあ(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「This is it」を観て来ました

実を言うと別段、マイケルジャクソンの大ファンと言うわけではなかったのですが。

ものすごく良かった!!あっと言う間の2時間でした。

ひねくれた私は
お金をもうける為に、周囲にいる人達にのせられてちゃちゃっとやってたのかなーなんて思っていましたが、その偏見はすぐにぶっ飛びました。

マイケルジャクソン、全力でした。

踊り、歌、演出、全てに真摯にリハを繰り返すその姿とその才能に感動しました。このステージにどれほど情熱を注いでいたのかも痛いほど伝わって来ました。そしてそのクオリティの高さも。

それにダンサーやスタッフ、バンドやコーラスのメンバーが、マイケルと同じステージにたてる喜びを全身で感じている様子がステキ!!

テレビとかでもライブそのものより「舞台の裏側」とか「バックステージドキュメント」とか見る方が好きなんですよね、私。
躍りでも歌でもバンドでも1度でもステージに立った事のある人なら絶対に見る価値アリです。

本当にライブやっていたらすごかっただろうなあ。本当に本当に残念でなりません。


これで今年は「いけちゃんとぼく」に引き続き2度めの劇場映画鑑賞です。
前回はネットでチケットを買ったのですが、今回、初めてシネコンっつーところでチケットを買い、ドキドキでした(汗

「まいけるじゃくそん、1まい」で通じました(笑)

2週間限定上映ということでしたが、さらに2週間延長になったようです。興味のある方は是非今のうちに劇場で!

マイケル・ジャクソン THIS IS IT - オフィシャルサイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メアリー・ブレア展に行って来ました

メアリー・ブレア展に行って来ました

昨日は体調がなんとなくすぐれず一日ぼーっと家で過ごしたのですが、今日は私がどうしても行きたかった「メアリー・ブレア展」に子供とばーちゃんと3人で行ってきました。

作品の数がとっても多いのでものすごく見応えがありました。
もう終わりかな…っと思っても、いやいやまだまだって感じで(笑)
美術展はゆっくり歩きまわるので本当に足が痛くなります(涙)

それぞれの作品の愛らしいことといったら!
色使い、モチーフ、そこに現れるストーリー、細かい描写にいたるまで、とても素敵でした。

世界恐慌などがあったあの時代にイラストレーターでもあり母でもあったワーキングマザーとしての生き方もとても惹かれます。

作風や画材もいろいろあって面白かったです。

最後にあるショップは大大混雑orz
足も痛いし疲れたので何も買わずに出てきましたが、外のショップにも少しだけですがメジャーどころのポストカードやグッズなら買えますので、記念にちょっとという人はそちらを利用するといいかもしれません。
私はアリスのポストカードを一枚だけ記念に買いました。

私たちが行ったのはお昼前位。
チケット購入もすぐ出来ましたが、帰るころの14-15時ごろには30分待ちの行列ができていました。
午前中に行った方がゆっくり見られると思います。

常設展も見てきましたがこちらはさすがに現代アート。
こどももばーちゃんも???マークが飛び交っていました(笑)

食べるところが近くにほとんどないので食事はとっていくか、終わってからどこかへ食べに出た方がいいかもしれません。
中にカフェレストランがあり、私たちはそこで食べましたが、ちょっと待ちました。メニューもどんどん品切れになっていたようです。(まあ休日だからだと思いますが)

楽しかったけれどさすがに足が痛くて疲れました。。
あす、あさっては まったりかな…。

メアリー・ブレア展公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いけちゃんとぼく 舞台挨拶

いけちゃんとぼく 舞台挨拶
幸せの青いけちゃん、いただきました(^-^)/

今回、子どもと「見たいねー」って言っていて、近くでの上映予定もなかったのでよっしゃーと初日初回に行ってきました。

新宿に行くのも久しぶり、映画館に映画を見に行くのも何年か振りなら、舞台挨拶なんて生まれて初めてです。
上映後、さいばらせんせえとスクリーンのなかの出演者サン達が舞台に出て来てワクワク♪
主役の男の子がスクリーンの中(去年の夏ですね)よりグッと成長していて、さっき見たストーリーとダブってまたキュンとしちゃいました。

映画は、
ぶっちゃけ、見る前は原作が好きすぎて映画化がっかり…っていうのを恐れていましたが、原作を膨らました部分もあり、原作にはあったけど映画にはなかった部分もあり、でもいけちゃんとぼくの世界がそこにあってすごくよかったー。いけちゃんもとっても可愛かったです。

子どもも私も泣きました。。
だけどなぜかとても清々しい気分になれます。

子どもが主役のおはなしなので、子どもは子どもの視点でみられるし、おとうさん、お母さん、それから今恋をしている若い人にもオススメの映画です。
原作は読んでも読まなくてもダイジョウブ!


Tシャツまだ売っていなかった…欲しいよぉ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワタシ的ランキング:ジブリ編と村上春樹編

先日のテレビのロードショーを見てて思ったんです。

あーやっぱり私は
「千と千尋の神隠し」がジブリの映画では一番好きだなー。
発色のキレイな絵。音楽。ハクの格好よさ(笑)
あの「油屋」にはぜひとも一度行ってみたい。いや、絶対前世で行ったことあるにちがいない(^^)

ちなみにうちの子どもは
断然1位が「風の谷のナウシカ」で次が大分離れて「ラピュタ」(渋っ)
余談ですが、ポニョでブレイクした同い年の大橋のぞみには異常なほどにライバル心を持っている(笑)

とーちゃんのジブリNo1は「もののけ姫」だそうです。

****

今、村上春樹氏の「1Q84」という本が物凄い事になっているようですね。
私も昔は彼の作品をいくつか読んだ事があります。
正直、私的にはちょっと謎めいていると言うか深すぎるというか難しいなーというのも多く。。。

そんな私がぐんぐんぐんぐん読みすすめてしまったのが

「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」

パッと見は上下巻だし、げげーって言うくらい分厚いし、まず気軽に手にとる事はないんですが、もう読み始めたら次が知りたくて知りたくてあっと言う間に読んでました。
しかも風邪をひいて寝ていたベッドの中で(^^)
とにかくストーリーの展開が巧みで当時の私には衝撃でした。
後半に行けば行くほどもう読みおわるまで止められない〜みたいな、あの感覚だけははっきりと覚えています。

もう一度読んでみたいなー

「1Q84」もこの異常なブームが終わった頃に密かに読んでみたいと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供の好きなRADWIMPS【Music】

Perfume最高!なのはもちろん変わらないのですが、
それとは別にうちの子がいまハマっているのがRADWIMPS。

RADWIMPSの動画いろいろ

はじめに聴いたときは以前ハマっていたRAICOに似てるじゃん、って思っていたんですけど、動画を検索してLIVEを見てびっくり。

バリバリのROCKじゃんっ(^^;

かっけーーー。


アマゾンでも試聴ができます。

で、なんでこんな渋めな曲を小学生が知ってるの?って思ったのですが、なんと発表会でこのバンドの曲を使うそうです(@_@

どんな踊りになるんだーーっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日かあさんアニメ化ですって!!

ご本人さいばらせんせえのブログに載っていました(o^-^o)

あにめ化決定|銭の花はどこに咲く。さいばらりえこの太腕繁盛記 生(なま).

ものすごおく楽しみですっ

【予約】 毎日かあさん 5 黒潮家族編

を、最新刊の予約が始まっているっ=333

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コバルトブルー

オンエアは見ていなかったのですが、

私の好きなIndigoBlueさんが

誰も知らない泣ける歌 に出演されたようです!

以前、記事にもしたのですが、中でも私も好きな「コバルトブルー」という曲。

亡くなったお父さんに向かって書いた歌ということでしたが…

そのお父さんが芦屋雁之助さん!だったなんて!

存じ上げませんで…。ちょっとびっくりしました。

本当に良い曲です。大好きです。

うわーん、オンエア見たかったよー(ノ_-。)

めっちゃかっこいい曲ばかりです。一度聴いてみて♪

追記:え、じゃあ、「娘よ」のモデルはRinaさんってこと!?(二度びっくりっ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うぉーっ キャロル・キングがスマスマに

SMAP×SMAPにキャロル・キングがでてるよ!!
びっくりだぁ
ライブのプレオーダーとか案内がメールで来ていたんですが、日程/金額もろもろであきらめたんですよねえ…。

久しぶりにCDを引っ張りだして聞いてみます。

これかなー。

ベスト盤かなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小学3年のこどもが初めて泣いた本

習い事がいそがしく、ゆっくり本を読む時間もあまりない子どもなのですが、毎週とりあえず図書館で数冊本を借りてきています。

そんな子どもに、「読んでみたら?」と何気なく勧めて借りて来たのがこれ。


小学生をお持ちの親御サンなら知っている方も多いでしょう。
昨年の夏の小学校中学年の課題図書でした。

課題図書ってなんか面白くないって先入観が私にはあって(笑)
それに昨年は低学年だった事もあり、ノーマークだったこの本。

家に帰って早速読んで号泣だったようです(TT)
というのも私が買い物に出かけている間に一気に読んでしまったようでー。
私が帰って来た時には、昨年学校で購入した優秀読書感想文集のこの本の感想文を、涙を拭きながらぐうううううっと読みこんでいる所でした。

あまりネタバレはしませんが、この本にはかわいいセキセイインコがでてきます。
子どももこの夏からセキセイインコを飼い始めたので、そこの描写がとてもリアルに自然に感情移入できたのでしょう。
それにしても、私は小学生3年の時に本を読んで泣いたという経験はないなあ。

今年の夏、ひいーひーバトルしながら感想文の宿題をしましたが、この本をえらんでいたらすんなり書けたのかもって今さらですが思いました。
年齢/環境に合わせた本選び、非常に大事だなあって思いました。来年は課題図書からチョイスしてみましょうか。

「エルマーの冒険」の時もそうでしたけど、ウチの子、ハマる本にはどっぷりハマるんですが、それを見つけるのが容易ではないです(汗

最近ちょっとおろそか気味だったインコの世話も、やさしく話し掛けたりして、ちょっぴりきちんとやるようになりました(笑)
ペット(特にインコとか小鳥)のお世話をしているお子さんは、ぜひ読んでみて欲しい本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧